Luke Smith
執筆者

Luke Smith

Latest articles by Luke Smith

グリッド
リスト

F1シート喪失囁かれるラティフィ、チームメイトのアルボンとの差は「ドライビングスタイル以上の問題」と原因探る

ウイリアムズのニコラス・ラティフィは、チームメイトのアレクサンダー・アルボンと同じレベルのパフォーマンスをマシンから引き出せていないことを「不可解」に思っている。

アストンマーチン、ベッテルとの長期契約を望む「我々は良い関係を築いている」

アストンマーチンF1のチーム代表であるマイク・クラックは、セバスチャン・ベッテルが長期的にチームに留まることを期待している。

契約済みのガスリー、アルファタウリ残留発表が持つ意味。夢を掴むための”勝負の18ヵ月間”

すでに2023年までの契約を結んでいたピエール・ガスリーが、2023年もアルファタウリに残ることが発表された。この発表が持つ意味とは?

アストンマーチン、イギリスGPに今季2度目のアップグレード投入「我々は中団トップに立たなければいけない」

アストンマーチンF1は、スペインGPに続きイギリスGPでもマシンAMR22にアップグレードを施す予定であることを明らかにした。

”信じられない”ほど好調のレッドブル「支配的だが、信頼性の問題解決が重要」

ヘルムート・マルコは、レッドブルは信じられないほどの好調ぶりでF1を支配しているものの、時折発生する信頼性の問題に対処する必要があると語った。

ピエール・ガスリー、2023年もアルファタウリ残留が正式決定。去就注目も移籍はせず

アルファタウリは、ピエール・ガスリーが2023年もチームに留まることを正式に発表した。

スペイン首都のマドリード、F1開催に名乗り。書簡で開催意思を示す

マドリード市は、将来的にF1を開催することに興味を示しており、”素晴らしいスポーツとエンターテインメントの光景を提供できる”と考えているようだ。

F1代表のミーティングで白熱した「対ポーパシング」議論。Netflixのカメラもその”劇場”を撮影

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ポーパシング問題について話し合うF1チーム代表のミーティングにNetflixの撮影が入っていたことを明かし、そこで「劇的な瞬間」があったと語る。

ノリス、”踏んだり蹴ったり”のF1カナダGPに意気消沈「アイスでも食べて、もう家に帰るよ……」

マクラーレンのランド・ノリスは、F1カナダGPでの15位という結果、そしてマシンの”真のペース”に肩を落としている。

失言で活動停止! レッドブル育成のユーリ・ヴィップス、ゲーム配信中に人種差別発言

レッドブルは、育成ドライバーのユーリ・ヴィップスがストリーミング配信中に人種差別的な発言をしたとして、F2への出場停止処分を下した。

フェルスタッペンのF1カナダGP勝利の鍵は”最高速”ではなかった?

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、マックス・フェルスタッペンのF1カナダGPの勝因は、最高速ではなく、コーナー立ち上がりのトラクションにあったと考えている。

F2王者ピアストリ、ウイリアムズ入りは決定路線か。育成のアルピーヌ代表は来季のF1デビューを確実視

アルピーヌのオットマー・サフナウアー代表は、育成ドライバーのオスカー・ピアストリのウイリアムズのシート獲得の噂が現実味を帯びる中、彼が来季F1デビューを果たすということに自信を持っている。

フェルスタッペン、無線トラブルも乗り越え接戦制す「最後は全力でプッシュしていた」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、最後のリスタート後に無線が故障し、チームと話すことができないまま、カナダGP優勝を目指さなければならなかった。

サインツJr.、リスク承知のアタック実らず「うまくいけば、フロントロウは狙えた」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1カナダGP予選のQ3終盤に行なった”全力アタック”が裏目に出なければ、フロントロウを獲得できたはずだと語った。

ラッセル、スリックタイヤ履くギャンブル戦略に一片の悔いなし「3〜4番手を目指すためここにいる訳じゃない」

メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1カナダGPの予選Q3でポールポジションを狙いスリックタイヤで賭けに出たことを後悔してはいないようだ。

フェルスタッペン、シーズン途中のルール変更に反対「ポーパシングを大げさに考える必要はない」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ポーパシングはチームが解決すべき”非常にシンプル”なことであり、FIAがシーズン途中でルールを変更するのは間違っていると語った。

フェラーリのルクレール、10グリッド降格ペナルティへ。3基目のコントロールエレクトロニクスをPUに投入

F1カナダGPでフェラーリのシャルル・ルクレールは、規定数を超える3基目のコントロール・エレクトロニクスを投入したことで、10グリッド降格ペナルティを受けることとなった。

ガスリー、ポーパシング対策導入の動きにポジティブ「競争力への影響は最小限で済むと思う」

アルファタウリのピエール・ガスリーは、今季マシンの激しいポーパシングを抑制するためにFIAが介入したとしても、競争力に与える影響は最小限に留まるだろうと考えている。

表彰台獲得へ、”トップ2チームの不幸”を期待し続けるわけにはいかない……ラッセルの危機感

メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1の表彰台を獲得するために、いつまでもライバルの不幸に頼り続けるわけにはいかないと語る。

相次ぐリタイアと戦略ミス……ルクレール、”3戦連続の失望”を「受け入れることは簡単じゃない」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、レッドブル勢とのF1タイトル争いを困難にしている”3戦連続の失態”を受け入れることは「簡単じゃない」と語った。

レッドブル代表、ポーパシング対策でのルール変更に反対「まともな仕事をしてきたのに」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、多くのチームが苦しんでいるポーパシング現象への対処としてレギュレーションが変更されることで、”まともな仕事”をしてきたチームにも影響が及ぶのは不公平だと考えている。

身体痛めつけるF1マシンにNO! ガスリー「30歳で杖を使うような状況は防がないと」

アルファタウリのピエール・ガスリーは、2022年型F1マシンのポーパシングの身体への影響を懸念しており、FIAに対して「30歳で杖をつく」結果を防ぐ方法を見つけるよう呼びかけた。

F1南アフリカGP、早ければ2023年に復活か? F1首脳陣がキャラミ関係者と会合へ

F1南アフリカGPの復活に向け、F1首脳陣とキャラミ・サーキットの主催者が話し合いを行なっている。早ければ2023年の開催カレンダーに加わる可能性もある。

ハミルトン、アゼルバイジャンGPから一夜明け、インスタ更新「カナダGPを欠場することは、世界のためにも絶対にない」

F1アゼルバイジャンGPで激しいバウンシングに見舞われ、背中の痛みを訴えたメルセデスのルイス・ハミルトン。チーム代表はカナダGPを欠場する可能性も示唆したが、当のハミルトンは「世界のためにも」欠場することはないと語った。

F1旋風の効果バツグン。リバティ・メディア買収以降、F1に関わるアメリカ企業のスポンサー数が2倍以上に

ウイリアムズによると、リバティ・メディアがF1を買収して以降、スポンサー契約やパートナーシップ契約でF1に関与するアメリカ企業は2倍以上に増加したという。

F1新レギュレーション導入でも、上位チームとの差は変わってない……ガスリーの嘆き「最高でも7位争いしかできない」

アルファタウリのピエール・ガスリーは、新レギュレーションが導入された今季のF1でも、トップチームのアドバンテージが減っていないことを「少し悲しい」と感じているという。

フェラーリ代表、F1ドライバーらの給与制限ルール導入は「一筋縄にはいかない」……その草案はどんなモノ?

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、F1が検討しているドライバーらの給与額に一定の上限を設けるレギュレーションの導入は「一筋縄にはいかない」とその課題を挙げた。

アロンソ、F1ドライバーの給与制限にNO!「F1の宣伝に尽力しているのに……」

フェルナンド・アロンソは、F1を盛り上げるためにドライバーが酷使されている中で、ドライバーの給与制限を導入するというアイデアに疑問を呈している。

アルファロメオ移籍は大成功? ボッタス「僕は幸せな立場にいる」

バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1加入後素晴らしい序盤戦を過ごし、同チームと「幸せな立場」にいると感じていると語った。

ルクレールは「F1での“跳ね馬神話”を紡ぐ継承者」とフェラーリ代表。ジル・ビルヌーブとの共通点も?

フェラーリのチーム代表は、シャルル・ルクレールはF1における”フェラーリの神話”を強化するのに貢献していると考えている。

試される忍耐力。マクラーレンが”今のところ”低迷するリカルドを信じ続ける理由とは?

昨シーズンマクラーレンに加入して以降、ダニエル・リカルドは一貫した速さを発揮できていない。契約満了を待たずに放出という噂も出る中でも、チームはリカルドの再起を信じてサポートを続けている。

逆境へ立ち向かう力に。リカルド、ヘルメットに入れた”蹴散らせ”のイニシャルについて説明

F1モナコGPを”FEA”と入れられた特別ヘルメットで走ったマクラーレンのダニエル・リカルド。そのメッセージが「自分を奮い立たせる」力になっていると説明した。

FIA、F1エグゼクティブディレクターのバイエル退任を発表。後任はメルセデスF1のウルフ代表の元特別顧問

FIAはF1のエグゼクティブディレクターを務めていたピーター・バイエルが退任したことを明らかにした。

F1ドライバーはアーティストさ……ガスリー、モナコで追い抜き連発の鍵は「クリエイティブになること」

アルファタウリのピエール・ガスリーはF1モナコGPでダニエル・リカルドを追い抜くために”普通ではない”場所で仕掛けることが必要だったと話している。

新しいパンツが必要だ……周冠宇、角田裕毅の後ろでクラッシュ寸前「とっても怖かった」

F1モナコGPでアルファタウリの角田裕毅をオーバーテイクしようとした際、マシンのコントロールを失いスピンしかけた周冠宇(アルファロメオ)は、当時は「非常に怖かった」と語った。

僕のレースが台無しだ! オコン、ハミルトンとの接触ペナルティを恨む「去年ならレーシングインシデントだってさ」

F1モナコGPの決勝レースでエステバン・オコン(アルピーヌ)は、ルイス・ハミルトン(メルセデス)と接触によりペナルティが科されたが、この裁定に不満を持っているようだ。

モナコGPの大クラッシュにドライバー達ショック。まさかのマシン“真っ二つ”に検証の必要性訴える

F1モナコGPでミック・シューマッハーのマシンが真っ二つになるクラッシュが発生したが、ドライバーはこれを見てショックを受けていたようだ。

F1モナコGP、赤旗中断中に停電発生。スタートシステムの不具合で、スタンディングスタート不可に

F1モナコGPの赤旗中断中、停電が起きたことでスタートシステムに不具合が生じ、赤旗が長引く要因になってしまったようだ。

アロンソ、ハミルトンを苛立たせた”スロー走行”作戦を説明「僕の問題じゃないよ」

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1モナコGPの決勝レース中盤で、ペースが上がらなかった時のことを振り返った。曰く、ミディアムタイヤをマネジメントするために、故意にペースを落としていたという。

シューマッハー、雨上がりのモナコで”マシン真っ二つ”のクラッシュ「とっても奇妙な感じだった」

ハースのミック・シューマッハーは、F1モナコGPの決勝レースのプールサイドシケインで喫したクラッシュについて「すごく奇妙だった」と語った。

フェラーリの抗議は却下! ペレス&フェルスタッペンは「ピット出口のライン”越えていない”」と判断

FIAスチュワードは、F1モナコGPでレッドブルのセルジオ・ペレスとマックス・フェルスタッペンがピット出口のラインを越えたのではないかという、フェラーリの抗議を却下した。

フェラーリ、モナコGPの結果に抗議。レッドブルのふたりが「ピット出口でラインを越えた」

フェラーリは、レッドブルのセルジオ・ペレスとマックス・フェルスタッペンがモナコGP決勝でピットレーン出口のラインを越えたように見えたとして抗議を提出した。

フェラーリ、F1モナコGP予選でのクラッシュを受けてサインツJr.のギヤボックスを交換

フェラーリはF1モナコGP決勝レースを前に、予選でクラッシュを喫したカルロス・サインツJr.のマシンのギヤボックスを交換したと明らかにした。

苦戦のメルセデス、決勝は”空頼み”? ハミルトン「一度くらいラッキーがあってもいいよね……」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、決勝レースで予選ポジション以上の好結果を目指すには、天候の助けが必要だと語った。

ガスリー、まさかの予選Q1敗退に落胆「戦略ミスが大きな損失につながった」

アルファタウリのピエール・ガスリーは、F1モナコGP予選で戦略的なミスもあってQ1敗退。これはチームにとって大きな損失になったと語った。

マクラーレンのノリス、扁桃炎から順調に回復も「まだ100%の状態ではない」と代表明かす

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、扁桃炎に悩まされるランド・ノリスの体調は万全ではないものの、モナコでのレース週末には問題ないと語った。

角田裕毅、4度目の戒告処分で10グリッド降格ペナルティにリーチ! マグヌッセンを妨害と裁定

アルファタウリの角田裕毅は、F1モナコGPのFP2でケビン・マグヌッセンの走行を妨害したとみなされ、戒告処分を受けた。

F1アクセサリー規制、6月末まで免除期間延長へ……ドライバーとのさらなる対話に向けFIAが歩み寄り

FIAは、マシン乗車時のアクセサリー規制について、F1ドライバーとのさらなる対話のため6月末まで免除期間を6月末まで延長すると発表した。

ルクレール、母国初優勝に向けて自信見せるも「モナコGPには”サプライズ”がある」と警戒

フェラーリのシャルル・ルクレールはモナコGPに先立ち、低速コーナーでライバルよりも優れていると言われているマシンに自信を見せた一方で、”サプライズ”には備えておくべきだと考えている。

ボッタス、お尻の写真で680万円以上の寄付金を集める「よく分からないけど、良いことをした訳だ!」

アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、チャリティとして自身のお尻を写したポスターを販売。結果として5万ユーロ(約680万円)の寄付金を集め、その奇妙な成功には驚いている。

ハミルトン、スペインGPの「エンジンをセーブしよう」無線は”諦めた”わけじゃない?

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1スペインGPの決勝レース1周目にハースのケビン・マグヌッセンと接触して後退した際、「エンジンを守った方がいいのでは」と無線で語ったが、それはレースを諦めたわけではなかったと語る。

【伝説のモナコGP】とんでもないレースだ……解説陣も絶句した残り3周の大ドタバタ劇:1982年

伝統のF1モナコGPでは、これまでに数々のドラマ・波乱が生まれてきた。しかし、最も“クレイジー”な幕切れをしたという点で、1982年のモナコGPを超えるものはないのではないだろうか。

ハースF1のマグヌッセン、ハミルトン”非難”の無線コメントは「その場の勢いで言ったこと」

ハースF1のケビン・マグヌッセンは、F1スペインGPの決勝レース1周目にメルセデスのルイス・ハミルトンと接触した際に無線でハミルトンを非難するような発言をしたことについて、「その場の勢いで言ったこと」だと語る。

ベッテル、ひったくり強盗に遭うもスクーターで追跡。 iPhoneの”探す”機能で盗まれたバッグの行方を探索

F1スペインGP終了後の5月23日(月)、アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、バルセロナでひったくり強盗に遭ったようだ。

クラシックF1のデモランは”リスク”になる……サインツJr.の複雑な心境

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、チームメイトのシャルル・ルクレールがモナコで1974年のマシン『312B3』をクラッシュさせてしまった件について、複雑な心境を明かした。

「今日は“僕の日”かも!」ボッタス、一時3番手浮上で夢見るもハミルトンに敗れる

バルテリ・ボッタスはF1スペインGPでアルファロメオの戦略が裏目に出るまでは、好リザルトを残して”自分の日”になるかもしれないと思っていたという。

ハミルトン「接触なければレッドブルと優勝争いできた」小児患者との交流も鼓舞する力に

メルセデスのルイス・ハミルトンはF1第6戦スペインGPを6位で終えたが、1周目の接触がなければレッドブルと争うことができたと考えている。

アロンソ、F1スペインGP決勝を前にPU交換。降格ペナルティにより母国レースを最後尾からスタート

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1スペインGPの決勝レースを前にパワーユニット一式を交換。ペナルティにより最後尾からのレーススタートを余儀なくされた。

スペインGPは『メルセデスVSフェラーリ』が勃発!? ラッセル「まともなチャンスがある」

メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1スペインGPではマシンが改善されたことで、フェラーリ勢と戦うことができるチャンスがあると考えている。

闘病中のF1ファンを元気に! パドックを走り周るロボットをスペインGPで試験導入

F1は、闘病中でサーキットに来る事ができないファンを勇気づけるべく、パドック内を動き回り、ドライバーと話せるロボットを試験的に導入した。