ウイリアムズF1アカデミー、FIA F3参戦のフランコ・コラピントが加入。目指すは同郷ロイテマンの道

FIA F3に参戦しているフランコ・コラピントが、2023年シーズンに先立ち、ウイリアムズF1アカデミーに加入することとなった。

Franco Colapinto, Williams Driver Academy

 FIA F3の2023年シーズンに先立ち、アルゼンチン出身の19歳、フランコ・コラピントがウイリアムズF1アカデミーに加入することが発表された。

 コラピントは2022年にファン・アメルスフォールト・レーシングからF3への参戦を開始。デビュー戦となったバーレーンでいきなりポールポジションを獲得し、イモラ戦とモンツァ戦ではスプリントレースで勝利を挙げた。その他に3度表彰台を獲得し、2022年のドライバーズランキングでは9位となった。

 F3参戦初年度からそうした結果を残したことで、コラピントはウイリアムズの目に止まり、1月9日(月)にチームのジュニアプログラムへ加入することが発表された。

 なお、コラピントは2023年もF3に参戦。所属チームはMPモータースポーツとなることも同時に明かされた。

 ウイリアムズによると、コラピントは「サーキットとグローブのファクトリー両方でチームと一緒に過ごす」だけでなく、彼自身とチームのF1マシン開発に貢献すべくシミュレータ作業を行なう予定だという。

 アカデミー加入に際し、コラピントは次のように喜びを語った。

「ウイリアムズ・レーシングチームにアカデミードライバーとして加入することは、本当に光栄なことだ」

「彼らはF1史上最も成功を収めたチームのひとつで、同郷のカルロス・ロイテマンの足跡を辿ることを楽しみにしている」

「信じられないようなチャンスだし、一生感謝する。僕に信頼を寄せてくれたウイリアムズのみんなに感謝したい」

「また、2023年のFIA F3シーズンに向けてMPモータースポーツに戻ることも発表できてワクワクしている。ユーロカップとFRECA時代に過ごしたこのチームとの時間は本当に楽しかったし、一緒に素晴らしい結果を出すことができた」

Franco Colapinto, Van Amersfoort Racing

Franco Colapinto, Van Amersfoort Racing

Photo by: Carl Bingham / Motorsport Images

「今年は、さらに高いところに到達することが目標だ。FIA F3での初年度は学ぶことだらけで、集めた知識を最大限活用して2023年はタイトルを目指したい」

 コラピントは、3度Wシリーズを制したジェイミー・チャドウィックや、FIA F2ドライバーのロイ・ニッサニー、英Autosport BRDC受賞のザック・オサリバンなどが加入するジュニアプログラムに仲間入り。このアカデミーからは2023年、ローガン・サージェントがウイリアムズからF1デビューを果たすこととなっている。

 ウイリアムズでスポーティングディレクターを務めるスヴェン・スミーツは、コラピントの加入について次のように語っている。

「フランコをウイリアムズ・レーシング・ドライバー・アカデミーに迎えることができて、とても嬉しく思っている」

「カートから始まった彼のキャリアにおける成功は、フランコが生まれながらに持つ才能と、今後数年に渡って発揮されるであろう能力を示している。彼はF3でのルーキーシーズンに、表彰台や優勝につながる強力なパフォーマンスを何度か見せた」

「我々はフランコと密接に協力し、彼のドライバーとしての成長をサポートしつつ、育てていくことを楽しみにしている」

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 就任一年目から言い訳は許されない? フェラーリF1新代表バスールに課せられた”至上命題”とは
次の記事 2023年の鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デー、チケット詳細が発表。販売開始は2月5日

Top Comments

最新ニュース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本