フェラーリも新型コロナ対策を支援。人工呼吸器のバルブを製造

フェラーリは新型コロナウイルス感染拡大に対峙する医療従事者をサポートするため、人工呼吸器のバルブ製造などに着手。この他、フェラーリの顧客と共同での募金活動もスタートさせている。

Ferrari valves for lung respirators

Ferrari valves for lung respirators
1/3

写真:: Ferrari

Ferrari valves for lung respirators

Ferrari valves for lung respirators
2/3

写真:: Ferrari

Ferrari valves for lung respirators

Ferrari valves for lung respirators
3/3

写真:: Ferrari

 フェラーリは、新型コロナウイルスの感染患者の治療にあたる医療従事者をサポートする取り組みのひとつとして、人工呼吸器のバルブと、防護マスク用の付属部品の製造を開始したことを明らかにした。

 フェラーリはこれらのパーツを、マラネロの工場にある車両のプロトタイプ製造部門で製造。同部門の造形技術を活かし、これらのプラスチック製コンポーネントを生み出すという。

 バルブは、ダイビング用品メーカーであるMaresが開発したモノで、呼吸器疾患に苦しむ患者を支援するための緊急マスクに装着できるようカスタマイズされている。

 防護マスクの付属部品はSolid Energyに提供され、医療従事者を感染リスクから守るために使われるという。

 フェラーリは今後数日の間に、さらなる機器を製造予定だという。そしてイタリア国内の感染の中心地ともいえるベルガモやジェノア、モデナなどの病院、ボローニャ近郊の医療従事者にも提供されるという。

 なおフェラーリはこの活動に先立ち、モデナ州の医療組織をサポートするための募金活動も実施。同社の顧客の募金に同額を上乗せし、寄付しているという。この募金は開始から数日で100万ユーロ(約1億1000万円)を突破した。この他、救急車の寄付も完了している。

Read Also:

シェア
コメント
美しきF1マシン:「速いが脆い……鈴木亜久里、予選トップ10常連に」フットワークFA14

前の記事

美しきF1マシン:「速いが脆い……鈴木亜久里、予選トップ10常連に」フットワークFA14

次の記事

将来の日本人F1ドライバーに必要なモノは? DAZNのF1新番組配信開始

将来の日本人F1ドライバーに必要なモノは? DAZNのF1新番組配信開始
コメントを読み込む