F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
23 10月
次のセッションまで……
23 days
31 10月
次のセッションまで……
31 days

セオリーに反し、予選で早めのコースインをしたメルセデスは「正しかった」とハミルトン

シェア
コメント
セオリーに反し、予選で早めのコースインをしたメルセデスは「正しかった」とハミルトン
執筆:

F1イタリアGPの予選でポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンは、トラフィックを避けるためにチームが正しい戦略を採ったと語った。

 2020年のF1第8戦イタリアGP予選でポールポジションを獲得したのは、メルセデスのルイス・ハミルトンだった。メルセデスは通常より早いタイミングでQ3最後のアタックを行なったが、それには昨年の教訓があった。

Read Also:

 高速のモンツァ・サーキットで行なわれるイタリアGPの予選では、前を走るマシンのスリップストリームを使うために各車が密集した状態となる上に、各車がマシン同士の適切な間隔を空けてアタックに向かおうとするため、渋滞が発生しやすい。昨年のQ3では、トップ10のマシンがお互いに牽制してスロー走行となり、結局ほとんどのマシンがタイム計測に間に合わないという事態が発生していた。

 しかしながら今回のメルセデスは、Q3の残り時間5分という余裕のある時間帯からコースイン。したがって彼らが集団の先頭につける形とはなったが、余裕をもって最後のアタックを完了することができた。

 1年前の出来事が、メルセデスのアプローチを変えたのか? 予選後にそう尋ねられたハミルトンは、次のように答えた。

「基本的に、チームは路面コンディションを最大限生かすために、できるだけ遅いタイミングで予選を走りたいと思っている。でも今回はそうではなかった」

「昨年の予選から学んだことは、最後の最後に走ることは僕たちにとってベストではなかったということだ。戦略チームはタイミングの面で素晴らしい仕事をしてくれたと思う」

「これは昨日も今日も話し合ったことだ。最終的には、これが正しかったと思う」

 ハミルトン曰く、メルセデスはスリップストリームによって得られるアドバンテージ、いわゆる“トウ”を得ることについても議論をしていたという。ただハミルトンは、トウを得て走ることと、クリーンエアの中で走ることの違いはそれほど大きくないと感じている。

「トウを使って走っている時と、クリーンエアで走っている時の(ラップタイムの)差は、非常に小さいと思う」とハミルトンは言う。

「どちらが良いとは言えない。トウを使うのがベストだと言う人もいるけど、そうすると中間のセクターと最後のセクターでロスがある」

「最終的には、今日の結果にとても満足しているし、感謝しているよ」

 今回のレースから、パワーユニットのいわゆる“予選モード”が禁止されたことによって、メルセデスとライバルとの差がどのように変化するのか注目されていたが、結果的にメルセデス勢はフロントロウを独占。ハミルトンは予選3番手のカルロス・サインツJr.(マクラーレン)に対して0.808秒の差をつけた。

 このような差がつくことは予想していなかったというハミルトンだが、彼はライバルとどのくらい差があるのかを考えながら週末を迎えるわけではなく、常に全力を尽くしていると語った。

「もちろん、こうなることは分かっていなかった」

「僕たちは先週、このルールは僕たちのペースを落とすために作られたけど、大きな差は生まないと言った。なぜなら僕たちは素晴らしいマシンを手に入れたからだ」

「今週末は信じられないようなパフォーマンスを見せることができた。ここでの最高のパフォーマンスだったと思う。マシンはスイートスポットに入っていたんだ」

「ファクトリーでシミュレーションをしてくれたみんな、パーツを用意してくれたみんな、そして前進を続けてくれたみんなに感謝しているよ」

「これはとても難しいことだけど、僕たちが週末ごとにそれをやっているから、みんな当たり前だと思っている。でも僕はそうは思っていない。バルテリは今週末とても速かったし、非常に僅差だったんだ。今回のラップにはとても満足している」

 

Read Also:

リスクを負った、サインツJr.の予選驚速ラップ「身震いがしたよ」

前の記事

リスクを負った、サインツJr.の予選驚速ラップ「身震いがしたよ」

次の記事

ミック・シューマッハー、今季初優勝でタイトルへ大きく前進「勢いは僕たちにある」

ミック・シューマッハー、今季初優勝でタイトルへ大きく前進「勢いは僕たちにある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
執筆者 Alex Kalinauckas