メルセデス代表「ハミルトンは、4基目のPUが必ずしも必要ではない」ペナルティ受けずに戦い切れるか?

メルセデスのトト・ウルフ代表は、ルイス・ハミルトンが4基目のパワーユニットを使用し、グリッド降格ペナルティを受ける可能性について、”必ずしも4基目が必要というわけではない”と語った。

メルセデス代表「ハミルトンは、4基目のPUが必ずしも必要ではない」ペナルティ受けずに戦い切れるか?

 F1の2021年シーズンも14レースが終了。カレンダーは流動的ではあるものの、現状では残り8レースとなっている。

 ドライバーひとりあたり、ペナルティなしで使えるパワーユニット(PU)は3基までであり、シーズン約3分の2を消化した現段階で、すでに全ドライバーが3基目のICE(エンジン)やターボチャージャー、MGU-Hを投入している。クラッシュや信頼性の問題でPUを失ったドライバーは、シーズン終了までにいつペナルティを受けつつ4基目のPUを導入するかという問題に直面している。

 レッドブルは、すでに第13戦オランダGPでセルジオ・ペレスがペナルティを受け4基目のPUを投入したが、第10戦イギリスGPでPUに損傷を受けたマックス・フェルスタッペンも、4基目のPU導入は避けられない状況となっている。フェルスタッペンは、後方グリッドからポジションをリカバリーできるレースで、ペナルティを受けることになるだろう。

 対するメルセデスも、第14戦イタリアGPでバルテリ・ボッタスがペナルティを受けた。その結果彼はスプリント予選レースでトップチェッカーを受けたが、決勝レースではPU交換によるグリッド降格で最後尾からスタート。オーバーテイクを連発し、3位を獲得している。

 しかしながらメルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、3基目のPUの寿命がまだ多く残っていることから、ルイス・ハミルトンがペナルティを受けて4基目のPUを使うことは確定していないと説明した。

「この(3基目の)PUがまだ快適に走っているので、絶対に必要というわけではない」

「いつでも決断できることだが、現時点ではその必要性を感じていない」

「4基目を使うつもりがないということなのか? いいや。そうではない。今後のレースでどうなるか見てみよう」

 ウルフはイタリアGP金曜日の段階で、ハミルトンとフェルスタッペン、そしてメルセデスとレッドブルが繰り広げているタイトル争いは僅差であり、リタイアが大きな痛手になってしまうことを警戒していると、Sky Sportsに語った。

「もし一回リタイアしてしまったら、ファステストラップのボーナスポイントがあって1位でも、(相手が)2位なら追いつくのに4レースも必要になる」

「それは残酷なことだ。だからこそ、パフォーマンスを落とさないようにしながら、安全策をとる必要があるんだ」

 ハミルトンも、次のように付け加えた。

「今のところ、僕はPUが2基ある。そして今のところ、幸いにも追加のPUを搭載する予定はない。でもどうなるか見てみよう」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
【F1分析】リカルドはF1イタリアGPに勝つべくして勝った? データから見える”絶妙な戦略”の兆しと速さ

前の記事

【F1分析】リカルドはF1イタリアGPに勝つべくして勝った? データから見える”絶妙な戦略”の兆しと速さ

次の記事

F1レースディレクター、モンツァの”ソーセージ縁石”に問題はないと判断「よく機能していると思う」

F1レースディレクター、モンツァの”ソーセージ縁石”に問題はないと判断「よく機能していると思う」
コメントを読み込む