レースレポート
FIA F3 Hungaroring

F3ブダペスト・レース1:波乱のレースをプルシェールが12秒差の独走優勝

FIA F3選手権第3戦ブダペストのレース1が行なわれ、テオ・プルシェール(ARTグランプリ)が優勝した。

Theo Pourchaire, ART Grand Prix

 FIA F3選手権の第3戦ブダペストのレース1がハンガロリンクで開催。セーフティカー2回出動、赤旗中断もあった波乱のレースを、テオ・プルシェール(ARTグランプリ)が制した。

 雨は落ちていないものの、路面はところどころドライパッチが見られる程度のダンプコンディション。全車がドライタイヤを装着してダミー・グリッドについた。

 ポール・ポジションのアレクサンダー・スモリャル(ARTグランプリ)が好スタートを見せ、トップをキープするかに見えたが、2番グリッドのローガン・サージェント(プレマ)がターン1への進入でリヤを滑らせてしまい、縁石に乗り上げる形となった。

 コントロールを失ったサージェントのマシンはスモリャルに接触。後続も大混乱に陥り、カラン・ウイリアムズ(イェンツァー)がスピンし、フレデリック・ベスティ(プレマ)がウイリアムズのマシンにサイドから接触するなど、多くのクラッシュが発生した。スモリャルやウイリアムズ、ベスティはリタイアとなった。

 これによりセーフティカーが出動し、3周目からレースが再開した。トップはプルシェールで、これをオスカー・ピアストリ(プレマ)が追う形。3番手にはスタート直後の混乱を生み出したサージェントがつけたが、スモリャルとの接触でダメージを負っているようで度々コースオフし、トップ2からみるみる引き離されていった。

 5周目、そのサージェントを追っていたリアム・ローソン(ハイテック)のマシン後部からオイルが吹き出してしまった。ローソンのマシンには一時火もついたが、燃え広がることはなく、ローソンはターン2のランオフエリアにマシンを停めリタイアとなった。

 ターン1のブレーキングゾーンにオイルが広がってしまったこともあり、レースは赤旗中断となった。

 レースは7周目からセーフティカー先導で再開、9周目にグリーンフラッグが振られた。プルシェールはファステストラップを叩き出し、DRSが再使用可能となるまでにピアストリとの差を1.7秒まで開いた。

 プルシェールはそのまま独走。ラスト5周の時点でピアストリに対して8秒近くのリードを築いてひとり旅となった。一方、2番手のピアストリは後続を振り切れず、チームメイトのサージェント、リチャード・フェルシュホー(MPモータースポーツ)が僅差で続いた。

 結局、12秒の大差を築いたプルシェールが優勝。2位にピアストリ、3位にサージェントという結果となった。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 France テオ プルシェール France ARTグランプリ 22 -        
2 Australia オスカー ピアストリ Italy プレマ 22 11.900 11.900 11.900    
3 United States ローガン サージェント Italy プレマ 22 14.700 14.700 2.800    

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 DAZNのF1ハンガリーGP配信スケジュールが決定! F2、F3も全セッション配信
次の記事 F3ブダペスト・レース2:ベックマン優勝。トップフィニッシュのビスカール、ペナルティに泣く

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本