F3ブダペスト予選:ルクレールが最速タイムをマーク。岩佐歩夢は10番手

FIA F3ラウンド4の予選がハンガロリンクで行なわれ、アーサー・ルクレール(プレマ)が最速タイムをマークした。

F3ブダペスト予選:ルクレールが最速タイムをマーク。岩佐歩夢は10番手

 2021年FIA F3ラウンド4の予選セッションが、ハンガロリンクで行なわれた。レース3のポールポジションを獲得したのはアーサー・ルクレール(プレマ)だった。

 第4戦の舞台はハンガリーのブダペストにあるハンガロリンク。気温は31度、路面温度は65度に達しようかという灼熱のコンディションで、予選が行なわれた。

 僅差のアタック合戦が展開され、各車が1セット目のタイヤでのアタックを終えた段階で、上位7台がコンマ3秒以内。中でもルクレールが1分33秒164をマークし、トップに立った。

 岩佐歩夢(ハイテック)も最初のアタックで9番手につけると、ピットに戻ってタイヤを交換。ラストアタックに備えた。

 セッション終盤、コース上はラストアタックに臨むマシンで混雑し、なかなかタイムアップしてくるマシンはいなかった。ルクレールのチームメイトであるデニス・ハウガーが最後まで粘り、自己ベストタイムを更新したものの、わずかにルクレールのタイムには届かなかった。

 これにより、予選最速はルクレール。2番手にハウガー、3番手にはジャック・ドゥーハン(トライデント)が続いた。岩佐は10番手となっている。

 ルクレールは前戦レッドブルリンクのレース3でのインシデントが原因で3グリッド降格ペナルティを受けている。そのため、予選上位12台がリバースグリッドでスタートするレース1では後方に沈んでしまうことになるが、日曜日のレース3は最高の位置からレースに臨むことができる。

 レース1のポールポジションは、予選12番手タイムのジョニー・エドガー(カーリン)がつくことになる。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Arthur Leclerc Italy プレマ 11 1'33.164     169.288
2 Norway デニス ハウガー Italy プレマ 11 1'33.253 0.089 0.089 169.126
3 Australia ジャック ドゥーハン Italy トライデント 12 1'33.260 0.096 0.007 169.114
4 Germany デビッド シューマッハー Italy トライデント 12 1'33.284 0.120 0.024 169.070
5 United Kingdom クレメント ノバラク Italy トライデント 12 1'33.331 0.167 0.047 168.985
6 Russian Federation アレクサンダー スモリャル France ARTグランプリ 12 1'33.429 0.265 0.098 168.808
7 Denmark フレデリック ベスティ France ARTグランプリ 12 1'33.449 0.285 0.020 168.772
8 United States ローガン サージェント Czech Republic チャロウズ 12 1'33.632 0.468 0.183 168.442
9 United Kingdom オリー コールドウェル Italy プレマ 11 1'33.704 0.540 0.072 168.312
10 Ayumu Iwasa United Kingdom ハイテック 11 1'33.777 0.613 0.073 168.181
シェア
コメント
F2およびF3、新フォーマットは”成功”と評価。2022年に向けて改良点を検討

前の記事

F2およびF3、新フォーマットは”成功”と評価。2022年に向けて改良点を検討

次の記事

F3ブダペスト・レース1:岩佐初表彰台の2位! トップチェッカーのコロンボは審議対象に

F3ブダペスト・レース1:岩佐初表彰台の2位! トップチェッカーのコロンボは審議対象に
コメントを読み込む