フォーミュラE第4戦ローマePrix決勝:バンドーン今季初優勝。PPキャシディ、スタート直後の単独スピンに泣く

メルセデスのストフェル・バンドーンが、フォーミュラE第4戦ローマePrixで今季初優勝。ポールポジションからスタートしたニック・キャシディは、スタート直後に単独スピンを喫し、予選の好結果を決勝に繋げることはできなかった。

フォーミュラE第4戦ローマePrix決勝:バンドーン今季初優勝。PPキャシディ、スタート直後の単独スピンに泣く

 フォーミュラEの第4戦ローマePrixの決勝レースが行なわれ、メルセデスのストフェル・バンドーンが優勝を手にした。

 前日の第3戦に続き、同じローマの市街地で行なわれた第4戦。この日は予選から雨に見舞われ、決勝スタート時には降雨こそ止まっていたものの、所々ウエットパッチの残るダンプコンディションだったため、セーフティカー先導でのスタートとなった。

 バンドーンは4番手からスタート。首位を争っていたパスカル・ウェーレイン(ポルシェ)よりも先にアタックモードを起動する戦略が成功し、首位に浮上。そのまま後続とのリードを広げ、首位のポジションを明け渡すことなくアタックモードを消化していく危なげない走りを見せる。

 しかしレース終盤、アウディのレネ・ラストがターン1から2にかけてのウォールに激しくクラッシュ。これによってセーフティカーが出動したことで、5秒ほどあったバンドーンのリードがなくなってしまう。

 そのセーフティカーランが終了したのは、レースの制限時間45分を超えた段階。つまり、残り1周のスプリントバトルが展開されることになった。

 マヒンドラのアレクサンダー・シムスがバンドーンにプレッシャーをかけるが、バンドーンはファンブーストも使って必死の逃げ。そのまま逃げ切り、シムスに0.6秒差をつけてトップチェッカーを受けた。

 2位にはシムス。シムスはレース序盤3番手に位置していたが、10周目にフルコース・イエローコーション明けのタイミングでウェーレインを抜き、その後もそのポジションを守り切って2位表彰台を手にした。

 3番手でフィニッシュしたのはノーマン・ナトー(ヴェンチュリ)で、チーム代表のスージー・ウルフも大喜びした。しかし規定以上のエネルギーを使ったとして失格の裁定が下り、4番手でフィニッシュしていたウェーレインが3位に繰り上がることになった。

 このレースをポールポジションからスタートしたのはニック・キャシディ(ヴァージン)だったが、スタート時のセーフティカーが解除された直後、2周目のターン3で痛恨の単独スピンを喫してしまう。キャシディはなんとかコースに戻ったが、11番手まで落ちてしまった。

 その後5周目には、アタックモードを起動させたオリバー・ローランド(日産・e.ダムス)に追突され、ウォールにクラッシュ。マシンにダメージを負い、ピットインを余儀なくされた。この事故でローランドには、10秒のタイム加算ペナルティが科されている。

 キャシディはその後コースに復帰したものの、前を行くマシンとの差は大きく、21位完走扱いということになった。

 なおこのレース中には多くのクラッシュが発生。前述のラストのチームメイトであるルーカス・ディ・グラッシも、セバスチャン・ブエミ(日産・e.ダムス)に追突され、激しくウォールにクラッシュした。また最終ラップにもサム・バード(ジャガー)、ニック・デ・フリーズ(メルセデス)、ローランドが絡む多重クラッシュが発生。バードとデ・フリーズはチェッカーを受けることができなかった。

 

Read Also:

シェア
コメント
【フォーミュラE】ニック・キャシディ、初ポールポジションを喜ぶ「肩から重荷を下ろせた!」

前の記事

【フォーミュラE】ニック・キャシディ、初ポールポジションを喜ぶ「肩から重荷を下ろせた!」

次の記事

バンドーンFE今季初優勝。前日のクラッシュで損傷したマシンを修復したチームに「感謝」

バンドーンFE今季初優勝。前日のクラッシュで損傷したマシンを修復したチームに「感謝」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント ローマePrix2
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム メルセデス
執筆者 田中 健一