motorsport.com日本版から、2022年新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

motorsport.com日本版から、2022年新年のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。いつもmotorsport.comをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 昨年、一昨年は、新型コロナウイルスの影響により、モータースポーツ界も大きな影響を受けました。日本では感染拡大が抑えられたものの、再び感染者数が増加している傾向にあるようです。海外では、爆発的な感染拡大を再び迎えている国もあります。まずは皆様のご安全を祈りつつ、各カテゴリーのレースが予定通り行なわれることを願いたいと思います。

 それぞれのカテゴリーは、見どころが満載です。F1はレギュレーションが大きく変更されるため、勢力図にどんな変化が及ぶのか、注目したいところです。また2021年にチャンピオンとなったマックス・フェルスタッペン、そしてF1での2シーズン目を迎える角田裕毅の走りからも、目が離せません。

 またスーパーGTでは、日産がGT500クラスのマシンを新型”Z”に変更するなど、やはり注目に値するシーズンとなるでしょう。

 その他のカテゴリーも目が離せない……忙しいシーズンが早々にスタートします。

 そしてなによりも、昨年は新型コロナウイルスの影響により開催できなかったF1、MotoGP、WEC、WRCの日本戦が、今年こそ開催できることを心から願うばかり。大迫力の走行を、目の前で目撃したいところです。

 motorsport.comでは、皆様のご期待にお応えできるよう、様々なモータースポーツ情報を逐一配信していく予定です。どうぞご期待ください。

 2022年も、motorsport.com日本版をよろしくお願い申し上げます。

 
Read Also:

シェア
コメント
2021年motorsport.com日本版 『読み忘れ厳禁』珠玉の特集記事15選!
前の記事

2021年motorsport.com日本版 『読み忘れ厳禁』珠玉の特集記事15選!

次の記事

鈴鹿サーキット、開設60周年記念プロジェクトを3月に始動。合計60企画を準備

鈴鹿サーキット、開設60周年記念プロジェクトを3月に始動。合計60企画を準備
コメントを読み込む