つちやエンジニアリング創設者、土屋春雄氏が逝去
モントーヤが語るF1とインディカーの将来、そして後進の育成
富士スピードウェイ隣接の新ホテル、その名称が決定
元F1ドライバーのタルソ・マルケス、新型コロナ感染
ホンダ『Honda Motorcycle Fes 2021』を2月20日

スーパーGTのGT300クラスにHOPPY team TSUCHIYAとして参戦するつちやエンジニアリングは、土屋春雄氏が4月11日に逝去したことを発表した。享年76歳だった。

元F1ドライバー、ファン・パブロ・モントーヤのロングインタビュー。現在は息子をレースの世界に送り込み、後進の育成にも関心を持つ彼は、モータースポーツの行く末をどう見ているのか?

富士スピードウェイに隣接する土地に建設が進められている新しいホテルの名称が『FUJI Speedway HOTEL』に、またそれに併設されるミュージアムの名称が『FUJI MOTORSPORTS MUSEUM』にそれぞれ決定したことが発表された。

元F1ドライバーのタルソ・マルケスが新型コロナウイルスに感染。一時は重篤な状況に陥り、死も覚悟したと言うが、現在が回復傾向にあるという。

ホンダは2021年のバイクシーズン到来に向け、豊かなバイクライフに関する提案をWebコンテンツとして発信するオンラインイベント『Honda Motorcycle Fes 2021』を2月20日に公開すると発表した。

【訃報】レースアナウンサーの草分け、ケン田島さんが死去

日本のレースアナウンサーの草分け的存在であるケン田島さんが、4月27日に亡くなった。90歳だった。

InsideEVs、9月20~21日にオンラインで『Electric Days Digital 2021』を開催

Motorsport Networkは、インターネット上で最も信頼性の高い電気自動車メディアであるInsideEVsが、2021年9月20日~21日に、アメリカで『Electric Days Digital』を初開催することを発表した。

日本自動車工業会、『東京モーターショー2021』開催中止を発表。豊田会長「未来のモビリティ展をリアルで見てもらいたい」

日本自動車工業会は4月22日、オンライン記者会見を実施。新型コロナウイルスの影響で、「東京モーターショー2021」の開催を中止すると発表した。

”画期的”な電動GTシリーズ誕生へ! 市販EVと直結した新カテゴリーの技術詳細をFIAが発表

FIAは、将来に向け新シリーズ立ち上げが予定されている革新的な電動GTマシンの技術詳細を発表した。

バンパー投げつけ、そして乱闘……昨年のカート選手権で危険行為のコルベリに15年の競技禁止処分

FIAは、2020年のカート世界選手権で危険行為を行なったルカ・コルベリに対し、15年間の競技禁止処分を下した。

【訃報】放送作家の高桐唯詩さん、亡くなる。F1総集編のナレーション原稿などを執筆

かつてF1やル・マン24時間レースなど、様々なモータースポーツ中継に携わった放送作家の高桐唯詩氏が72歳で亡くなった。

元F1ドライバーのアルグエルスアリ、カートでレース復帰目指す。6年前に25歳の若さで一度引退

元F1ドライバーのハイメ・アルグエルスアリは今年、世界カート選手権への参戦を計画しており、6年ぶりとなるモータースポーツ復帰を目指しているようだ。

F1&フォーミュラEは、ゼロエミッション化に大きく貢献。トッドFIA会長、水素の可能性についても言及

FIAのジャン・トッド会長は、モータースポーツも”ゼロエミッション”を達成する必要があり、近く「水素に関する発表」を行なう予定であることを明かした。

【訃報】“プライベーターの雄”つちやエンジニアリング創設者、土屋春雄氏が逝去。享年76歳

スーパーGTのGT300クラスにHOPPY team TSUCHIYAとして参戦するつちやエンジニアリングは、土屋春雄氏が4月11日に逝去したことを発表した。享年76歳だった。

【インタビュー】ファン・パブロ・モントーヤが語る、F1とインディカーの将来、そして後進の育成

元F1ドライバー、ファン・パブロ・モントーヤのロングインタビュー。現在は息子をレースの世界に送り込み、後進の育成にも関心を持つ彼は、モータースポーツの行く末をどう見ているのか?

夢のフォーミュラカー体験を、あなたにも。『トムス・フォーミュラ・カレッジ』が開設

TOM'Sは、フォーミュラカー未経験者からレース参戦を目指すエキスパートまで対応したサポートプログラム『トムス・フォーミュラ・カレッジ』を開設することを発表した。

TOYOTA GAZOO Racing&スバル、共同開発の『新型GR 86』『新型SUBARU BRZ』を初公開

4月5日、TOYOTA GAZOO RacingとSUBARUによって共同開発された新型のGR 86とBRZが世界初公開された。

鈴鹿サーキット、国際レーシングコースの最終シケイン名称変更を発表。『日立Astemoシケイン』に

鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは、鈴鹿サーキット国際レーシングコースの最終シケインの名称を、『日立Astemoシケイン』に変更することを発表した。

TOYOTA GAZOO RacingとSUBARU、共同開発の新型車両を公開へ。4月5日にオンライントークセッションを合同開催

TOYOTA GAZOO Racingと株式会社SUBARUは、「いっしょにいいクルマつくろう!トークセッション」を4月5日(月)にオンラインで合同開催し、共同開発の新型車両を公開する。

富士スピードウェイ隣接の新ホテル、その名称が決定「モータースポーツとホスピタリティを融合」

富士スピードウェイに隣接する土地に建設が進められている新しいホテルの名称が『FUJI Speedway HOTEL』に、またそれに併設されるミュージアムの名称が『FUJI MOTORSPORTS MUSEUM』にそれぞれ決定したことが発表された。

Jスポーツ、2021年の放送/配信ラインアップを発表。新たにEWC・エクストリームEも追加

スポーツテレビ局のジェイ・スポーツは、2021年シーズンのモータースポーツ放送・配信ラインアップを決定。新たにEWCやエクストリームEの放送・配信も行なう。

元F1ドライバーのタルソ・マルケス、新型コロナ感染で重篤な症状に苦しむ「一時は死を覚悟」

元F1ドライバーのタルソ・マルケスが新型コロナウイルスに感染。一時は重篤な状況に陥り、死も覚悟したと言うが、現在が回復傾向にあるという。

エビスサーキット、災害支援募金の受付開始。地震による土砂崩れの影響で営業停止中

2月13日に発生した福島県沖を震源とする地震の影響を大きく受けたエビスサーキットは、復旧のための災害支援募金の受付を開始した。

スバル、モータースポーツの電動化に備え準備中。”STIらしさ”を持って……

スバルテクニカインターナショナルの平岡泰雄社長が、モータースポーツの電動化に向けた対応を準備していることを明かした。

ホンダが社長人事を発表。八郷隆弘氏から三部敏宏氏へバトンタッチ

ホンダは、2月19日の取締役会において、4月から三部敏宏氏が代表取締役社長に就任することを決定した。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。