フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
156 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

general News and Analysis

グリッド
リスト

元F1ドライバー、片山右京の仕事……東京オリンピック・パラリンピック自転車競技を率いる”今”

ヴェンチュリやティレル、そしてミナルディのドライバーとしてF1を戦った片山右京。今は東京オリンピック・パラリンピックの自転車競技のスポーツマネージャーを務めている。曰く、自転車競技とモータースポーツは、似ているところがあるという。

【訃報】レースアナウンサーの草分け、ケン田島さんが死去

日本のレースアナウンサーの草分け的存在であるケン田島さんが、4月27日に亡くなった。90歳だった。

InsideEVs、9月20~21日にオンラインで『Electric Days Digital 2021』を開催

Motorsport Networkは、インターネット上で最も信頼性の高い電気自動車メディアであるInsideEVsが、2021年9月20日~21日に、アメリカで『Electric Days Digital』を初開催することを発表した。

日本自動車工業会、『東京モーターショー2021』開催中止を発表。豊田会長「未来のモビリティ展をリアルで見てもらいたい」

日本自動車工業会は4月22日、オンライン記者会見を実施。新型コロナウイルスの影響で、「東京モーターショー2021」の開催を中止すると発表した。

”画期的”な電動GTシリーズ誕生へ! 市販EVと直結した新カテゴリーの技術詳細をFIAが発表

FIAは、将来に向け新シリーズ立ち上げが予定されている革新的な電動GTマシンの技術詳細を発表した。

バンパー投げつけ、そして乱闘……昨年のカート選手権で危険行為のコルベリに15年の競技禁止処分

FIAは、2020年のカート世界選手権で危険行為を行なったルカ・コルベリに対し、15年間の競技禁止処分を下した。

【訃報】放送作家の高桐唯詩さん、亡くなる。F1総集編のナレーション原稿などを執筆

かつてF1やル・マン24時間レースなど、様々なモータースポーツ中継に携わった放送作家の高桐唯詩氏が72歳で亡くなった。

元F1ドライバーのアルグエルスアリ、カートでレース復帰目指す。6年前に25歳の若さで一度引退

元F1ドライバーのハイメ・アルグエルスアリは今年、世界カート選手権への参戦を計画しており、6年ぶりとなるモータースポーツ復帰を目指しているようだ。

F1&フォーミュラEは、ゼロエミッション化に大きく貢献。トッドFIA会長、水素の可能性についても言及

FIAのジャン・トッド会長は、モータースポーツも”ゼロエミッション”を達成する必要があり、近く「水素に関する発表」を行なう予定であることを明かした。

【訃報】“プライベーターの雄”つちやエンジニアリング創設者、土屋春雄氏が逝去。享年76歳

スーパーGTのGT300クラスにHOPPY team TSUCHIYAとして参戦するつちやエンジニアリングは、土屋春雄氏が4月11日に逝去したことを発表した。享年76歳だった。

【インタビュー】ファン・パブロ・モントーヤが語る、F1とインディカーの将来、そして後進の育成

元F1ドライバー、ファン・パブロ・モントーヤのロングインタビュー。現在は息子をレースの世界に送り込み、後進の育成にも関心を持つ彼は、モータースポーツの行く末をどう見ているのか?

夢のフォーミュラカー体験を、あなたにも。『トムス・フォーミュラ・カレッジ』が開設

TOM'Sは、フォーミュラカー未経験者からレース参戦を目指すエキスパートまで対応したサポートプログラム『トムス・フォーミュラ・カレッジ』を開設することを発表した。

TOYOTA GAZOO Racing&スバル、共同開発の『新型GR 86』『新型SUBARU BRZ』を初公開

4月5日、TOYOTA GAZOO RacingとSUBARUによって共同開発された新型のGR 86とBRZが世界初公開された。

鈴鹿サーキット、国際レーシングコースの最終シケイン名称変更を発表。『日立Astemoシケイン』に

鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは、鈴鹿サーキット国際レーシングコースの最終シケインの名称を、『日立Astemoシケイン』に変更することを発表した。

TOYOTA GAZOO RacingとSUBARU、共同開発の新型車両を公開へ。4月5日にオンライントークセッションを合同開催

TOYOTA GAZOO Racingと株式会社SUBARUは、「いっしょにいいクルマつくろう!トークセッション」を4月5日(月)にオンラインで合同開催し、共同開発の新型車両を公開する。

富士スピードウェイ隣接の新ホテル、その名称が決定「モータースポーツとホスピタリティを融合」

富士スピードウェイに隣接する土地に建設が進められている新しいホテルの名称が『FUJI Speedway HOTEL』に、またそれに併設されるミュージアムの名称が『FUJI MOTORSPORTS MUSEUM』にそれぞれ決定したことが発表された。

Jスポーツ、2021年の放送/配信ラインアップを発表。新たにEWC・エクストリームEも追加

スポーツテレビ局のジェイ・スポーツは、2021年シーズンのモータースポーツ放送・配信ラインアップを決定。新たにEWCやエクストリームEの放送・配信も行なう。

元F1ドライバーのタルソ・マルケス、新型コロナ感染で重篤な症状に苦しむ「一時は死を覚悟」

元F1ドライバーのタルソ・マルケスが新型コロナウイルスに感染。一時は重篤な状況に陥り、死も覚悟したと言うが、現在が回復傾向にあるという。

エビスサーキット、災害支援募金の受付開始。地震による土砂崩れの影響で営業停止中

2月13日に発生した福島県沖を震源とする地震の影響を大きく受けたエビスサーキットは、復旧のための災害支援募金の受付を開始した。

スバル、モータースポーツの電動化に備え準備中。”STIらしさ”を持って……

スバルテクニカインターナショナルの平岡泰雄社長が、モータースポーツの電動化に向けた対応を準備していることを明かした。

ホンダが社長人事を発表。八郷隆弘氏から三部敏宏氏へバトンタッチ

ホンダは、2月19日の取締役会において、4月から三部敏宏氏が代表取締役社長に就任することを決定した。

ロータス、完全電動ハイパーカーの”構想”発表。2030年には実現可能?

ロータスは、2030年に登場することが想定される電動レーシングマシンの”設計研究”を発表した。ジェット戦闘機の形状に着想を得た空力デザインを取り入れているという。

スポーツランドSUGO、2月13日の地震による被害はなし。改修工事も順調に進行中

スポーツランドSUGOは、2月13日に発生した大地震の被害はないことを明らかにした。

エビスサーキット、福島襲った地震の影響で土砂崩れが発生。当面営業休止へ

エビスサーキットは、2月13日夜に起こった地震の影響で土砂崩れが発生したため、当面の間営業を見合わせることとなった。

ツインリンクもてぎ、ワンランク上の観戦エリア「グランデッキ」をオープン

ツインリンクもてぎは2021年のレースシーズン開幕に向け、新たな観戦エリア「グランデッキ」を新設。3月末のスーパー耐久開幕戦でのチケット販売を2月27日より行なうと発表した。

モースポフェス2021が開催見送りに。緊急事態宣言下の社会情勢が影響

2021年3月の実施を目指していていた『モースポフェス2021 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜』は、開催が見送られることとなった。

日本レース写真家協会が50周年写真展を開催。2月9日〜3月17日まで

2021年に創立50周年を迎える日本レース写真家協会は、2月9日から東京・品川のキヤノンギャラリーSにて写真展を開催する。

日本モータースポーツ記者会が選ぶ2020年『JMSアワード』は角田裕毅に

日本モータースポーツ記者会は、2020年の『JMSアワード』に角田裕毅を選出した。

フェラーリ育成に初の女性ドライバーが加入! 16歳のマヤ・ウィーグが1年契約

16歳の女性ドライバーであるマヤ・ウィーグは、『FIA Girls on Track Rising Stars』を勝ち抜き、フェラーリ・ドライバー・アカデミー初の女性ドライバーとして歴史に名を刻んだ。

ホンダ、オンラインイベント『Honda Motorcycle Fes 2021』を2月20日公開

ホンダは2021年のバイクシーズン到来に向け、豊かなバイクライフに関する提案をWebコンテンツとして発信するオンラインイベント『Honda Motorcycle Fes 2021』を2月20日に公開すると発表した。

モータースポーツメディアで働きませんか? motorsport.com日本版新規スタッフを募集

motorsport.com日本版では、新規スタッフを募集します。自分の手で、日本のモータースポーツを盛り上げたいとお考えの方、ご応募お待ちしております。

motorsport.com日本版から新年のご挨拶

motorsport.comから、新年のご挨拶を申し上げます。

F1日本GPの開催地、鈴鹿市の魅力を伝えるオンラインツアー開催。松田次生がトークショー参加

三重県鈴鹿市の魅力を発信するためのオンラインツアーが2021年1月30日に開催され、三重県出身のレーシングドライバー松田次生がトークショーに参加する。

東京オートサロン2021、幕張メッセ会場での開催を中止。オンラインでのバーチャル開催は予定通り

2021年1月15~17日に幕張メッセで開催が予定されていた「東京オートサロン2021」は、新型コロナウィルスの感染急拡大を受け、同会場での開催中止を決めた。

佐藤琢磨、中上貴晶、室屋義秀によるオンラインミーティング開催。ファンから質問受付中

ブライトリングは12月19日にジャパン・レーサーズ・スクワッドオンラインミーティングのライブ配信を行なうと発表した。

日本レース・カメラマンのパイオニア、ジョー・ホンダ氏の写真展『TOTAL RECALL』が開催

日本人レース・カメラマンのパイオニア、ジョー・ホンダ氏の写真展『TOTAL RECALL』が、東京・丸の内の日本外国特派員協会で開催されている。

ホンダ、2輪世界選手権の2021年体制発表をオンラインで開催へ

ホンダは2021年の2輪モータースポーツ世界選手権の参戦体制発表を、12月10日にオンラインで行なうと発表した。

佐藤琢磨、グリコ・オンラインイベントで夢を語る「インディ500の3勝目と、次世代の育成が夢」

オンラインイベント『with Glicoファンミーティング』にゲストとしてインディカードライバーの佐藤琢磨が登場。パフォーマンスを発揮するための秘訣や夢を語った。

佐藤琢磨の『KIDS KART CHALLENGE』オンラインイベント実施「頑張ってきたことは必ず次に繋がる」

『TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2020』のオンラインイベントが行なわれ、佐藤琢磨が参加した子どもたちと交流を深めた。

安全対策のためスポーツランドSUGOがピットレーン拡張工事を開始

スーパーGTやスーパーフォーミュラの開催コースとして知られるスポーツランドSUGOが今月から安全対策の一環としてピットレーンの拡張工事を開始した。

イギリス政府、国内サーキットに対する合計82億円の財政支援を実施

イギリス政府は、英国を代表するサーキットに対し、合計約82億円の財政支援を行なうことを決定した。

インディ500で2勝の佐藤琢磨、グリコのファンミーティングへ出演。直接質問の機会も?

江崎グリコ株式会社は12月2日(水)に、今年のインディ500で2勝目を果たした佐藤琢磨の登壇するオンラインファンミーティングを開催すると発表。11月23日(月)まで参加応募を受け付けるとした。

Juju、フェラーリ育成懸けた女性ドライバーキャンプの最終選考に残れず。4名がマラネロへ

『FIA Girls on Track Rising Stars』の第2回トレーニングキャンプが行なわれたが、Juju(野田樹潤)は最終選考へと進む4名に残ることができなかった。

目指せフェラーリ育成! 女性ドライバー選考キャンプは残り8名に。Jujuも無事通過

若手女性ドライバーを支援するプログラム『FIA Girls on Track Rising Stars』の初回トレーニングキャンプが行なわれ、Juju(野田樹潤)は8名が参加できる第2回トレーニングキャンプへの参加権を手にした。

業界初! 東京オートサロン2021はリアル&オンラインの“ハイブリッドイベント”に

2021年1月に行なわれる『TOKYO AUTO SALON 2021』は、現地開催とオンラインプログラムが併用される“ハイブリッドイベント”として開催されることとなった。

Motorsport Network、経営陣にWRCの元CEOオリバー・シースラを迎え入れ体制強化

Motorsport Networkは、WRC(世界ラリー選手権)のCEOを務めた経験を持つオリバー・シースラが、経営陣に加わることを発表した。

2021年の東京モーターサイクルショー、新型コロナの影響鑑み開催中止が決定

東京モーターサイクルショー協会は、2021年春に予定されていた「第48回東京モーターサイクルショー」を新型コロナウイルスの感染リスクを鑑みて中止すると発表した。

ホンダ、10代応援プロジェクト「The Power of Teen」を開始。佐藤琢磨も授業実施

ホンダは夢を追う10代を応援するプロジェクト「The Power of Teen」をスタートすることを発表。この一環として行なわれる「シェア夢授業」のうち1回を、インディカーで活躍中に佐藤琢磨が担当することも明らかになった。

公道レース本格開催への”本当に第一段階”……JAFが考える、A1市街地GPの意義

島根県江津市で開催されたA1市街地グランプリGOTSU 2020。この開催コースは臨時ながらもJAFのカートコースライセンスを取得した正式なモノとなった。

日本初公道レース実現の立役者……企画を江津に持ち帰った男が語る”魅力”

島根県江津市で行なわれた日本初の公道レース。そのレース開催の立役者ともいえる実行委員会副委員長の森下幸生に話を訊いた。

関口雄飛、日本初の公道レースに参戦「1年ごとに成長していってくれたら嬉しい」

島根県江津市で行なわれた日本初の公道レース”A1市街地グランプリGOTSU2020”に参戦した関口雄飛は、初のイベントにもかかわらずスムーズにいった運営を称賛。今後への期待感を語った。

日本初の公道レースが島根県江津市で開催。大井偉史が初代ウイナーに輝く

日本初の公道レースが島根県の江津駅前で行なわれ、大井偉史が優勝。我が国では初の試みとなった同レースだが、成功裏のうちに幕を閉じた。

A1市街地GP、日本初の公道レースの走行がスタート。関口雄飛「歴史的な瞬間」

島根県江津市で行なわれるA1市街地グランプリGOTSU2020の走行がスタート。関口雄飛らが公道コースに出て行った。

日本初の公道レースついに開催へ……昼からのレースに向け、江津駅前で準備進む

島根県江津市の中心街で開催される日本初の公道レース”A1市街地グランプリ GOTSU2020”が、いよいよレース当日となった。江津駅前ではこの開催に向け、コースの設営など準備が進んでいる。

治療続くザナルディ。調査により事故時のハンドバイクと路面には問題なかったと判明

徹底的な調査の結果、アレッサンドロ・ザナルディがハンドバイクのイベント中に交通事故に遭った原因について、路面やバイクに問題はなかったと判断された。

未来へ、また一歩。水素燃料電池車のカテゴリー『HYRAZEリーグ』が2023年に発足

環境に優しい、全く新しい水素燃料電池車によるレースシリーズ『HYRAZE リーグ』が発表された。最初のシーズンは2023年に予定されている。

治療が続くザナルディ、追加の手術を受けるも状態は安定

ハンドバイクのイベント中に事故に遭い、入院が続いているアレッサンドロ・ザナルディは、ミラノの病院で神経学的手術を受けた。術後の状態は安定していると言われる。

高橋国光、国内レース界発展の象徴は“サーキット増加”と語る「ファンが大勢いる証拠」

『スポーツ功労者』として文部科学省から顕彰を受けた高橋国光は、60年以上モータースポーツに携わってきた中で、日本国内のサーキット数の増加が最も印象的だったと語った。

日本初の公道レース、規模を縮小して9月20日に島根・江津で開催へ

日本初の公道レースとなる「A1市街地グランプリGOTSU2020」は、新型コロナウイルスの影響でコースは大幅に短縮されるものの、当初予定されていた日程通り、9月20日に開催されることになった。

高橋国光が文科省による“スポーツ功労者”として顕彰「皆様方のおかげ。身に余る光栄」

高橋国光が、日本のスポーツ振興に優れた貢献をした『スポーツ功労者』として、文部科学省によって顕彰された。