ル・マン3連覇に向けて準備は万端。中嶋一貴「小さな積み重ねが大きな差になる」

シェア
コメント
ル・マン3連覇に向けて準備は万端。中嶋一貴「小さな積み重ねが大きな差になる」

ル・マン24時間レース3連覇を目指す中嶋一貴は、例年とは一味違ったル・マンに臨む上で、しっかりと準備をしてきたと語った。

 いよいよ開催が今週末に迫った、2020年のル・マン24時間レース。通常なら6月に行なわれる同レースだが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今年は9月に代替日程が組まれた。

【ギャラリー】2020年ル・マン24時間レース(随時更新)

 その走行初日を前に、TOYOTA GAZOO Racingの面々がオンラインでの記者会見に応じ、レースに向けての意気込みを語った。

 今季のル・マンは決勝までの走行時間こそ例年とそれほど変わらないものの、開催日程が短縮されている分スケジュールが詰まっている。2018年、2019年とル・マン24時間レースを連覇しているトヨタ8号車の中嶋一貴は、その対応も含めて準備はしっかりしてきたと強調した。

「明日(木曜日)の走行開始からレースまでスケジュールがタイトです。セッションが詰まっているので、事前にしっかり準備をしておかないと何かがあった時に取り返せなくなってしまいます」

「その準備はしてきたつもりです。あとは明日しっかり走って、レースへの準備を整えたいと思います」

「ドライバーとしては、走れる時間が大事なのは例年とあまり変わらないですが、無駄な時間を減らすということが今年はより大事になってきます」

「クルマのセットアップやシステムの最適化など、時間が限られているとできることも限られてくるので、事前の準備に今までよりも時間をかけました」

 トヨタは、前戦のスパ6時間レースからル・マンに向けて低ダウンフォース仕様の空力パッケージを導入した。中嶋は、まずはこの空力パッケージの確認作業に時間を費やすことになると話しつつ、それ以外の細かい部分も煮詰めていきたいと話した。

「エアロパッケージが変わっているので、その確認にけっこう時間が割かれると思います。その他にもメカニカルなセットアップだけでなく、ブーストや燃料カットなど細かいことがタイムに結びついてくると思います」

「その小さな積み重ねが結構大きな差になるサーキットなので、そういったことを効率的に進めていく用意はしてきました」

 WEC(世界耐久選手権)は来季からLMP1クラスに代わり、LMH(ル・マン・ハイパーカー)規定のマシンが最高峰クラスを走ることになる。このマシンはスペック上、LMP1マシンよりも遅くなる見込みだ。

 LMP1車両にとってのラスト・ル・マンは、2012年からWECに参戦し、マシンの開発に携わってきた中嶋にとってもひとつの節目になるが、まだその実感はないと中嶋は話した。

「今はそこまで実感はないですけど、クルマが変わって来年ル・マンに来た時に、ラップタイムだとかスピードで違いを感じる部分は多々出てくると思うので、その時にこのクルマがどれだけ素晴らしいものだったかっていうのをより感じるんじゃないかなと思います。今はまだ、レースのことだけを考えています」

 無観客で行なわれる今年のル・マン。中嶋は、チャンピオンを目指す上でも、ル・マン3連覇を目指していきたいと意気込んだ。

「普段はテストデーからたくさんの人がいるので、雰囲気はだいぶ違いますね。寂しい部分もあるんですけど、僕個人的には静かにできていいなと思う部分も無きにしもあらずで、レースが始まるまでは気にはならないかなと思います。レース前のスタート進行とか表彰式など、全体的な雰囲気は全く違ったものになると思いますね」

「何回もル・マンを戦ってきて、自分にコントロールできない要因でレースが決まることも多々あるので、自分がやるべきことに集中するというのが、自分の一番の気持ちですね。これまで2回勝つことができましたけど、新しいレースにはそれに勝つことを目標に臨むものですし、チャンピオンシップもかかっています。ここで勝たないと今シーズンの先(チャンピオン獲得)はなくなってしまうので、ぜひ勝ちたいと思っています」

Read Also:

2017年ル・マンのレコード更新は”不可能ではない”。小林可夢偉「長く残る記録を出したい」

前の記事

2017年ル・マンのレコード更新は”不可能ではない”。小林可夢偉「長く残る記録を出したい」

次の記事

ル・マン24時間:ハイパーポール進出賭けた予選が実施。LMP1はトヨタ7号車トップで通過

ル・マン24時間:ハイパーポール進出賭けた予選が実施。LMP1はトヨタ7号車トップで通過
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans , WEC
イベント 24 Hours of Le Mans