F1
23 10月
イベントは終了しました
MotoGP
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
スーパーGT
22 10月
イベントは終了しました
07 11月
次のセッションまで……
9 days
スーパーフォーミュラ
17 10月
イベントは終了しました
14 11月
次のセッションまで……
16 days

Moto3アラゴン決勝:マシア追い上げ今季初優勝。小椋藍14位でなんとか入賞

シェア
コメント
Moto3アラゴン決勝:マシア追い上げ今季初優勝。小椋藍14位でなんとか入賞
執筆:

MotoGP第11戦アラゴンGPの決勝レースが行なわれ、ジャウマ・マシアが今季初優勝を果たした。

 モーターランド・アラゴンでMotoGP第11戦アラゴンGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、ジャウマ・マシア(Leopard Racing)が今季初優勝を果たした。

 アラゴンGP予選で日本勢は鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が5番手で最上位。タイトルを争う小椋藍(Honda Team Asia)は8番手から決勝レースに挑んだ。

 サーキット周辺の天候は晴れ。気温17℃、路面温度22℃のコンディションで19周のレース開始時刻を迎えた。

 スタートで良い加速を見せた2番グリッドのアルベルト・アレナス(Solunion Aspar Team Moto3)が、ホールショットを奪う。しかしポールポジションのラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)も劣らぬ蹴り出しを見せ、アレナスの先行を許さずに抜き返した。後続では鈴木も良いスタートを決め、1周目の時点で2番手まで浮上してみせた。

 オープニングラップを終えての並びは、フェルナンデス、鈴木、アレナスのトップ3。そこにロマーノ・フェナティ(Sterilgarda Max Racing Team)、セレスティーノ・ビエッティ(SKY Racing Team VR46)が続いた。

 レースはペースの良い先頭2台になんとかアレナスとフェナティがついていく展開で、3周目に入る頃には4番手までが先頭集団として抜け出しつつあった。

 その集団になんとか追いつこうとしていたのがダリン・ビンダー(CIP Green Power)で、5周目に集団へ合流。6周目にはアレナスとフェナティをかわして3番手にまで浮上した。

 ビンダーは勢いが良く、7周目には鈴木を追い抜いて2番手に。先頭のフェルナンデスを狙う姿勢を見せた。

 そのビンダーはバックストレートで先頭に浮上。ただ先頭を維持することができず次の周には再びフェルナンデスに追い抜かれてしまう。

 レース約半分を消化したが、先頭集団のペースが徐々に落ちていった一方で、6番手以下の集団がペースアップ。11周目にはジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)、ジャウマ・マシア(Leopard Racing)、ジェレミー・アルコバ(Kömmerling Gresini Moto3)の3名が先頭集団へ加わった。

 トップのフェルナンデスはビンダーやアレナスからプレッシャーをかけられ続け、残り6周のバックストレートでビンダーの追い抜きを許してしまう。さらにアレナスもフェルナンデスを続けざまにパスしていった。

 先頭争いは激しさを増し、アレナスがトップに浮上したかと思えば、直後にフェルナンデスがオーバーテイクとなかなか順位が安定しない。

 そんな中で再び先頭にでたフェルナンデスは後続を引き離そうとしていくが、マシアとアレナスを引き離すまでは至らないまま、レースはラスト3周となった。

 最終ラップまでフェルナンデスは先頭を譲らない。2番手マシア、3番手はアルコバという並びだ。

 ただその最終ラップ、マシアはフェルナンデスの前を積極的に狙っていくと、バックストレート立ち上がりで後ろにピタリと張り付いた。そしてストレートで軽々とオーバーテイクを完了し、最終コーナーを立ち上がり、トップでチェッカー。今季初優勝を果たした。

 2位には、バックストレートでスリップストリームを利用してポジションを上げてきたビンダーが入った。3位はフェルナンデス。初の表彰台だ。

 なおチャンピオンシップ首位のアレナスは7位となり、2番手の小椋との差を13ポイントに拡大した。

 レース序盤は優勝争いを繰り広げていた鈴木は、中盤以降にポジションを落としてしまい最終的に8位でフィニッシュ。小椋は14位に入り、チャンピオンシップ争いにおける貴重な2ポイントを持ち帰った。

 鳥羽海渡(Red Bull KTM Ajo)は11位、佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)は13位、國井勇輝(Honda Team Asia)が20位、山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)が24位となった。

 

Read Also:

 

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain ジャウマ マシア 19 -       25
2 South Africa ダレン ビンダー 19 0.091 0.091 0.091   20
3 Spain ラウル フェルナンデス 19 0.196 0.196 0.105   16
4 Italy ロマーノ フェナティ 19 0.327 0.327 0.131   13
5 United Kingdom ジョン マクフィー 19 0.368 0.368 0.041   11
6 Spain Jeremy Alcoba 19 0.385 0.385 0.017   10
7 Spain Albert Arenas 19 0.396 0.396 0.011   9
8 Japan 鈴木 竜生 19 1.933 1.933 1.537   8
9 Italy Celestino Vietti Ramus 19 2.389 2.389 0.456   7
10 Italy デニス フォッジア 19 2.461 2.461 0.072   6

Moto3アラゴン予選:フェルナンデスが僅差のPP獲得。鈴木竜生が復活の5番手

前の記事

Moto3アラゴン予選:フェルナンデスが僅差のPP獲得。鈴木竜生が復活の5番手

次の記事

Moto3テルエル予選:タイトル狙う小椋藍10番手に。ポールは好調フェルナンデス

Moto3テルエル予選:タイトル狙う小椋藍10番手に。ポールは好調フェルナンデス
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント Aragon
執筆者 永安陽介