MotoGPオランダFP3:好調ビニャーレス、トップ譲らず予選へ。天候回復で中上貴晶もQ2進出決める

MotoGP第9戦オランダGPのフリー走行3回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはヤマハのマーベリック・ビニャーレスだ。

MotoGPオランダFP3:好調ビニャーレス、トップ譲らず予選へ。天候回復で中上貴晶もQ2進出決める

 TTサーキット・アッセンでMotoGP第9戦オランダGPのフリー走行3回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのは、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスだ。

 前日のFP2が雨となり、2日目にかけても雨が残る可能性が心配されていたが、天候は回復。FP3はドライコンディションで行なわれた。気温は22℃、路面温度25℃だ。

 セッションは初日から好調な走りを見せているビニャーレスがリード。断続的にタイムを縮め、中盤には初日の自己ベストタイムを超える1分32秒686をマークした。

 残り15分を切った頃から予選組分けを睨んだアタックが徐々に始まり、タイムは次々と更新。ここでもビニャーレスは速さを見せ、1分32秒336までタイムを縮めた。

 その後もアタックが続いたが、トップタイムを更新してくるライダーは現れないままチェッカーが振られ、FP3は終了。アタックが始まってすぐに好タイムを記録したビニャーレスがセッショントップとなった。

 2番手(+0.197秒)はチームメイトのファビオ・クアルタラロ、3番手(+0.305秒)にはレプソル・ホンダのポル・エスパルガロが続いた。なお4番手には彼の兄であるアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が並んでいる。

 予選Q2への直接進出となるFP1からFP3の総合トップ10は、ビニャーレス、クアルタラロ、ポル・エスパルガロ、アレイシ・エスパルガロ、スズキのジョアン・ミルとアレックス・リンス、中上貴晶(LCRホンダ)、ミゲル・オリベイラ(KTM)、バレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)、ジャック・ミラー(ドゥカティ)となった。

 初日に総合トップ10入りを逃していた中上は走りに自信はあると語っていたが、実際にFP3で度々トップ10に入るタイムをマーク。トラックリミット違反によるタイム取り消しでポジションを下げるシーンもあったが、最終的にきっちりとトップ10入りのタイムをマークした。

 前戦ドイツGPで優勝を果たしたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は最終的に15番手タイムで予選はQ1からのスタートとなった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マーベリック ビニャーレス 23 1'32.336     177.083
2 France ファビオ クアルタラロ 21 1'32.533 0.197 0.197 176.706
3 Spain ポル エスパルガロ 21 1'32.641 0.305 0.108 176.500
4 Spain アレイシ エスパルガロ 19 1'32.747 0.411 0.106 176.298
5 Spain ジョアン ミル 21 1'32.748 0.412 0.001 176.297
6 Spain アレックス リンス 23 1'32.845 0.509 0.097 176.112
7 Japan 中上 貴晶 20 1'32.853 0.517 0.008 176.097
8 Portugal ミゲル オリベイラ 20 1'32.871 0.535 0.018 176.063
9 Italy バレンティーノ ロッシ 19 1'32.894 0.558 0.023 176.019
10 Australia ジャック ミラー 20 1'32.907 0.571 0.013 175.995

シェア
コメント
クアルタラロ「ビニャーレスは最速ライダーの一人」メンタル面の弱点も指摘
前の記事

クアルタラロ「ビニャーレスは最速ライダーの一人」メンタル面の弱点も指摘

次の記事

ポル・エスパルガロ「ホンダ移籍後初めて楽しんで乗れた」”マルケスセット”は使用せず

ポル・エスパルガロ「ホンダ移籍後初めて楽しんで乗れた」”マルケスセット”は使用せず
コメントを読み込む