中上貴晶、右手負傷厳しくタイGPを欠場へ。代役は日本GPにも出場の長島哲太

LCRホンダの中上貴晶は、MotoGP第17戦タイGPを欠場。代役として、HRCのテストライダーである長島哲太が参戦することが発表された。

中上貴晶、右手負傷厳しくタイGPを欠場へ。代役は日本GPにも出場の長島哲太
Listen to this article

 MotoGPに参戦する中上貴晶(LCRホンダ)は、今週末行なわれる第17戦タイGPを欠場。代役には長島哲太が起用される。

 中上は第15戦アラゴンGPでマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)と接触しクラッシュ。右手小指と薬指を負傷し、手術を受けていた。

 連戦で行なわれた第16戦日本GPには、怪我をおして出場。厳しいフィジカルコンディションながらも、母国のファンの前で20位完走を果たした。

日本GPレース後の中上

日本GPレース後の中上

Photo by: Motorsport.com / Japan

 中上は日本GP終了後、指の状態が悪いと認めており、タイGPへ出場するかどうかを考えなくてはならないと語っていたが、27日にチームは中上のタイGP欠場を発表した。

 チームによると、中上は27日に検査を受け、小指の腱断裂と診断された。30日には再び手術を受ける予定であり、オーストラリアGPへの参加については今後の診断待ちとなるという。

 そして、タイGPを欠場する中上の代役ライダーには、HRCでテストライダーを務める長島哲太が起用された。

 長島は日本GPにワイルドカード参戦しMotoGPクラスにデビュー。レースは転倒により完走できなかったものの、重要な経験になったと語っていた。

 今回の代役参戦に際し、長島は次のようにコメントを寄せている。MotoGP2戦目の走りには、注目が集まりそうだ。

■長島哲太

「まずタカの無事と、一日も早く復帰できるように願っています。彼の代わりにLCR Honda IDEMITSU Teamのためにベストを尽くし、レースを楽しみたいと思います」

「今週末のイベントも楽しみです。日本GPは本当に楽しかったですし、多くのことを学びました」

「今週末も、MotoGPマシンでまだ多くのことを学ばなければならないので、同じことを続けたいと思います」

 
Read Also:

シェア
コメント
MotoGPコラム|話題たっぷりな3年ぶり日本GP。日本人ライダーの活躍から”ポスト・コロナ”まで現地で見えたコト
前の記事

MotoGPコラム|話題たっぷりな3年ぶり日本GP。日本人ライダーの活躍から”ポスト・コロナ”まで現地で見えたコト

次の記事

Honda Team Asiaが2023年Moto2及びMoto3参戦体制発表。小椋藍は来季もMoto2に継続参戦

Honda Team Asiaが2023年Moto2及びMoto3参戦体制発表。小椋藍は来季もMoto2に継続参戦