スーパーフォーミュラ第3戦オートポリス|赤旗4回と荒れた雨の予選で、アレジが初のポールポジションを獲得

スーパーフォーミュラ第3戦の予選が雨のオートポリスで行なわれ、ジュリアーノ・アレジがスーパーフォーミュラ初のポールポジションを獲得した。

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリス|赤旗4回と荒れた雨の予選で、アレジが初のポールポジションを獲得

 この日は朝から雨となり、当初の予定を変更してノックアウト方式は採用せず、14時50分から40分間の予選が行なわれることとなった。しかし昼前に行なわれたスーパーフォーミュラ・ライツ第7戦が天候不良によりスタートが遅れたこともあり、15時15分からに変更となった。さらにコースコンディション確認のために15時35分にようやく予選がスタートした。

Read Also:

 気温19℃、弱い雨が降っているウェットコンディションで、19台の車両が次々にコースイン。しかし開始5分で大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)が100R先の川に乗りクラッシュ。これで赤旗が掲出されセッションは中断した。

 15時55分、残り35分でセッション再開。16時1分、関口雄飛(carenex ENEX TEAM IMPUL)が1分38秒651でトップを奪った。その直後、中山雄一(KONDO RACING)がさよりんブリッジの手前でスピンを喫し動けなくなったことで2度目の赤旗となった。

 16時9分、残り27分でセッション再開。16時14分に宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)が1分38秒337でトップを奪った直後に、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がさよりんブリッジ先でクラッシュし、16時15分、3度目の赤旗となった。

 16時26分、残り21分でセッション再開。雨量はやや増えていたが、16時31分に今回もスーパーフォーミュラ・ライツとのダブルエントリー(昼前に行なわれた第7戦で2位表彰台)となるジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)が、16時31分に1分38秒252のトップタイムをマークした。その直後、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が100Rでクラッシュを喫しこのセッション4回目の赤旗中断となった。開幕2連勝中の野尻智紀(TEAM MUGEN)は不運にもアタック中だった。

 16時40分、残り15分でセッション再開。しかし再び雨量が増え各車両は走行をやめピットイン。16時55分、そのままタイムアップでセッションは終了。アレジがスーパーフォーミュラ2戦目にして初めてのポールポジションを獲得した。

 2番手は宮田、3番手は阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、4番手は関口。野尻は6番手で、昨年のチャンピオンである山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)は12番グリッドと苦しい位置に沈んだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
【スーパーフォーミュラ】大湯、好調過ぎたが故の予選クラッシュ……「ポールしか見えていなかった」
前の記事

【スーパーフォーミュラ】大湯、好調過ぎたが故の予選クラッシュ……「ポールしか見えていなかった」

次の記事

【スーパーフォーミュラ】山本尚貴、タイミング悪く予選12番手「もう少しレベルアップしなきゃいけない」

【スーパーフォーミュラ】山本尚貴、タイミング悪く予選12番手「もう少しレベルアップしなきゃいけない」
コメントを読み込む