F1
05 9月
-
08 9月
イベント 進行中 . . .
R
第15戦シンガポールGP
19 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
R
第14戦アラゴンGP
20 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
3 days
スーパーGT
07 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
R
第7戦:SUGO
21 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
4 days
スーパーフォーミュラ
17 8月
-
18 8月
イベントは終了しました
28 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
11 days

モリゾウ親子が懐かしのアルテッツァで共演! S耐クラシック初開催

シェア
コメント
モリゾウ親子が懐かしのアルテッツァで共演! S耐クラシック初開催
執筆:
2019/06/04 3:30

2019スーパー耐久第3戦「SUPER TEC富士24時間レース」の決勝レース前に「スーパー耐久 ピレリ クラシックチャレンジ」が開催された。

 富士スピードウェイで6月1日~6月2日に開催された「富士24時間レース」の決勝レーススタート前に、往年の名車たちによるエキシビジョンレース「スーパー耐久 ピレリ クラシックチャレンジ」が開催された。

 これは今年1月にスーパー耐久機構(STO)が構想を発表し、2020年からはスーパー耐久の併催イベントとして年間開催も計画されている。その第1回目のイベントとして、エキシビジョンレースの形式で富士24時間レースの決勝前にイベントが実施された。

 初の試みではあったが、合計で30台がエントリー。日産サニーやホンダ EG6型シビックに加え、トヨタ カローラレビンやBMW 2002など1970年代~1980年代に活躍したマシンも参加した。

 さらに今回はGAZOO Racingが2007年のニュルブルクリンク24時間レースに参戦したトヨタ アルテッツァでエントリーした。

 ドライバーには今回の富士24時間レースにST-4クラスから参戦し、当時このマシンのドライバーも務めた“MORIZO”ことトヨタの豊田章男社長自らが担当。そのパートナーとして息子である豊田大輔が選ばれ、懐かしいマシンでモリゾウ親子が共演することになり、大きな注目を集めた。

 このアルテッツァは、リヤバンパーのへこみなど、当時のレース後の状態を可能な限り維持している。

 レースは40分の耐久レース形式で行われ、豊田大輔が前半スティントを担当。MORIZOが後半スティントでアルテッツァに乗り込んだ。自身にとっても思い出の詰まったマシンで富士スピードウェイを駆け抜けたMORIZO。レース後も満面の笑みをみせた。

#104 ROOKIE RACING 86を駆るMORIZO

#104 ROOKIE RACING 86を駆るMORIZO

Photo by: Tomohiro Yoshita

 また富士24時間レース本番では、今回も#104 ROOKIE RACING 86から参戦したMORIZO。チームは途中クラス3位争いをするなど、順調にレースを進めていたが、残り3時間というところでトラブルが発生しガレージ内で長時間の作業を強いられた。しかしコースに復帰した後は確実にバトンを繋いでいき、ラスト30分のところでMORIZOに交代。チェッカードライバーを務め、クラス5位完走を果たした。

次の記事
王者GTNET GT-R、最後までペース崩さず801周を走破、2連覇を果たす

前の記事

王者GTNET GT-R、最後までペース崩さず801周を走破、2連覇を果たす

次の記事

新旧GT-Rの熾烈な優勝争い。制した1号車の星野一樹「焦りはなかった」

新旧GT-Rの熾烈な優勝争い。制した1号車の星野一樹「焦りはなかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
イベント 第3戦 富士
執筆者 Tomohiro Yoshita