14号車ENEOSが完勝。表彰台にスープラ、NSX、Zが揃い踏み|スーパーGT開幕戦岡山:GT500決勝

2022スーパーGT開幕戦の決勝レースが岡山国際サーキットで行なわれ、GT500クラスは14号車ENEOS X PRIME GR Supraが勝利を飾った。

14号車ENEOSが完勝。表彰台にスープラ、NSX、Zが揃い踏み|スーパーGT開幕戦岡山:GT500決勝
Listen to this article

 2022年のスーパーGTが、岡山国際サーキットで開幕。4月17日(日)に82周の決勝レースが行なわれ、GT500クラスは14号車ENEOS X PRIME GR Supraが勝利を飾った。

 予選日から快晴に恵まれた岡山。予選ではトヨタ・GRスープラ勢が速さを見せ、昨年の開幕戦覇者、14号車がポールポジションを獲得し、2番グリッドには前年王者の関口雄飛の加入で注目の39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supraがつけた。なおホンダ勢の最上位は3番手の100号車STANLEY NSX-GT、日産Zの最上位は5番手の24号車リアライズコーポレーション ADVAN Zだ。

 決勝日も絶好のレース日和となった。スタート直前には気温23℃、路面温度33℃というコンディション。気温10℃台だった予選よりも暖かくなったが、各チーム、各タイヤメーカーが立てた戦略がどう機能していくかに注目が集まる中、14時に決勝レースがスタートした。

 オープニングラップではトップで1コーナーを抜けた14号車の大嶋和也を、39号車の関口雄飛が攻め立てた。しかし大嶋はポジションを守り切ると、そこからはじわじわと関口との差を広げていき、逆に関口が100号車の牧野任祐以下にプレッシャーをかけられる格好となった。

 16周を終えた時点で、快調に飛ばす14号車と39号車の差は10秒に。39号車の後ろには100号車、38号車ZENT CERUMO GR Supra、12号車カルソニック IMPUL Zがピッタリとつけていたが、17周目のバックストレートで38号車の立川祐路が100号車牧野をオーバーテイクし、スープラ勢の1-2-3が完成した。

 最初にピットが動いたのは、29周終了のタイミング。39号車も交わして2番手に上がっていた38号車と、4番手の100号車らがピットインした。その動きに反応するかのように、翌周にはトップの14号車、そして39号車も続々とピットイン。16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTだけがステイアウトを選び見た目上の首位となったものの、その他の14台はレース前半でルーティンのストップを終え、実質首位の14号車の後ろには39号車、12号車カルソニック IMPUL Z、38号車、100号車が続いた。

 52周終了時に16号車がピットインすると、ここまで快調な走りを見せていた14号車が名実共に首位に。11秒後方の2番手には12号車が上がっていたが、後ろから38号車、39号車のスープラ2台が迫っており、気が抜けない状況となっていた。

 そんな中、68周目にアクシデント発生。24号車Zと接触してダメージを負っていたGT300クラスの96号車K-tunes RC F GT3の高木真一が、ウォールにヒットして1コーナーアウト側のグラベルでストップ。FCY(フルコースイエロー)が出された。69周目にレースが再開したが、ここから2番手以下の争いが白熱していった。

 2番手を走る12号車の平峰一貴はペースが上がらず、後方には各車が数珠繋ぎとなり、100号車の山本尚貴や追い上げのレースを見せていたミシュランタイヤを履くの2台Z(23号車MOTUL AUTECH Z、3号車CRAFTSPORTS MOTUL Z)らに続々と攻略されてしまった。GT300クラスの7号車Studie BMW M4のストップで2度目のFCYが出された残り6周の時点で、トップ5のオーダーは14号車、100号車、23号車、38号車、3号車。その顔ぶれはレース前半とは大きく変化した。

 FCY明けには100号車の接近を許した14号車だが、山下がトップチェッカー。昨年に引き続き開幕戦を制した。2位は100号車、3位には予選9番手から大きくジャンプアップした23号車が入り、スープラ、NSX、Zがそれぞれ1台ずつ表彰台を分け合う結果となった。

 
Read Also:

シェア
コメント
開幕戦ウイナーは14号車ENEOSスープラ!|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報
前の記事

開幕戦ウイナーは14号車ENEOSスープラ!|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報

次の記事

56号車リアライズが2年連続で岡山制す。PPスバルはピットでロス|スーパーGT開幕戦岡山:GT300決勝

56号車リアライズが2年連続で岡山制す。PPスバルはピットでロス|スーパーGT開幕戦岡山:GT300決勝