スーパーGT第1戦岡山決勝:スープラの山下と坪井の手に汗握る一騎打ち。ルーキーレーシングが初優勝を飾る

スーパーGT第1戦岡山の決勝レースでは、スープラ勢同士のバトルを制した14号車ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)がGT500クラスの勝者となった。

スーパーGT第1戦岡山決勝:スープラの山下と坪井の手に汗握る一騎打ち。ルーキーレーシングが初優勝を飾る

 スーパーGTシリーズ開幕戦の決勝レースが4月11日に岡山国際サーキットで行なわれ、中盤からスープラ同士のバトルが白熱したが、終盤75周目のヘアピンで勝負が決し、14号車ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)が優勝。ルーキーレーシングとして初優勝を飾った。またトップ4をスープラが独占した。

Read Also:

 前日同様晴れで19℃と予想を上回る気温になった岡山。13時30分に2周のフォーメーションラップが始まり、13時35分に82周の決勝レースがスタートした。ポールシッターである37号車KeePer TOM’S GR Supra(平川亮/阪口晴南)の阪口を14号車スープラの大嶋が追いかける展開となったが、8周目にヘアピンで動けなくなった車両がありセーフティカー(SC)が導入された。12周でリスタートすると、トップの2台が3番手以下を引き離してトップ争いを展開した。

 32周目に1コーナーでスピン&クラッシュした車両があり、ここで多くの車両がピットインをしてピットロードは大混雑となる中、うまくピッドロードを先頭で出て行ったのは14号車スープラの山下で、これに36号車 au TOM’S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)の坪井、39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supra(ヘイキ・コバライネン/中山雄一)の中山が続き、ピットインするまでトップを守っていた37号車スープラは4番手へ順位を下げていた。

 39周でリスタートが切られると、48周目までに14号車スープラの山下に36号車スープラの坪井が追いつき、レース後半はこの2台によるトップ争いが展開された。3番手以下はトップ2台に10秒以上離されていたが、56周目のヘアピンで37号車スープラの平川が3番手に浮上した。

 終盤61周目のヘアピンで36号車スープラの坪井は14号車スープラの山下に並びかけ、その後も何度もヘアピンや1コーナー、アトウッドでも並びかけるが、山下もガッチリとブロックをしてこれを阻止。2台による激しいバトルは75周目のヘアピンで、アウトから仕掛けた坪井のブレーキがロックしてコースオフで決着。山下がうれしいトップチェッカーを受けた。2位は36号車スープラ、3位は37号車スープラ、4位は39号車スープラとトップ4をスープラが独占となった。

 ホンダNSXのトップは予選9番手から5位の17号車Astemo NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)。日産GT-Rの最上位は9位の3号車CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手晃平/千代勝正)だった。

「ピットがぐちゃぐちゃになっている中一番で送り出してくれたので、普通に逃げられると思っていましたが坪井選手が追い上げて来て、そこからはいっぱいいっぱいでした。強引なところもありましたが、勝てて良かった」と山下は胸をなで下ろし、「新しいメンテナンスになってピット作業も不安がありましたが、完璧にこなしてくれて感謝。こんな早くから結果を出せるとは。山下選手は良く抑えてくれました。こんなに生きた心地のしないレースは初めて。褒めてあげたいです」とチーム初優勝を喜んだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
【スーパーGT】デ・オリベイラ「期待以上の結果!」前年王者KONDO RACING、新シーズンを勝利|開幕戦GT300優勝コメント

前の記事

【スーパーGT】デ・オリベイラ「期待以上の結果!」前年王者KONDO RACING、新シーズンを勝利|開幕戦GT300優勝コメント

次の記事

【スーパーGT】悔しい……坪井翔&36号車トムス一歩及ばす2位「でも幸先良いスタートが切れた」

【スーパーGT】悔しい……坪井翔&36号車トムス一歩及ばす2位「でも幸先良いスタートが切れた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第1戦:岡山
サブイベント 決勝
執筆者 皆越 和也