ベルトラン・バゲット、今シーズン限りで”ホンダ陣営”から離れることを発表「今後の計画はごく近いうちに発表する」

ベルトラン・バゲットは、今季のスーパーGT最終戦富士が、ホンダのドライバーとして最後のレースだったことを、自身のツイッターで報告した。

ベルトラン・バゲット、今シーズン限りで”ホンダ陣営”から離れることを発表「今後の計画はごく近いうちに発表する」
Listen to this article

 ベルトラン・バゲットが、今シーズン限りで”ホンダ陣営”から離れることを、自身のSNSで明らかにした。

 バゲッドはフォーミュラ・ルノーやインディカー・シリーズ、そしてWEC(世界耐久選手権)などでキャリアを積んだ後、2014年に来日。NAKAJIMA RACINGの一員としてNSX CONCEPT-GTを走らせ、2015年から2年間はスーパーフォーミュラにも参戦した。

 2019年からはREAL RACINGに移籍し、2020年にはランキング3位。2021年も最終戦までタイトル争いにとどまっていたが、レース序盤の接触によりリタイアしてしまったため、最終的にはランキング6位で終わった。

 そのバゲットは12月1日に自身のツイッターを更新し、ホンダのドライバーとしてのレースは、先日行なわれたスーパーGT最終戦富士が最後だったことを明かした。

「8年間共に戦ってきた後、富士でのレースはホンダのドライバーとして、僕の最後のレースだった」

 バゲットはツイッターでそう報告した。

「僕はたくさんのことを学び、良い友人をを作った。そしてたくさんの思い出が残っている」

「ページがめくられ、ごく近いうちに僕の今後の計画についてお知らせするつもりだ」

「ホンダ、NAKAJIMA RACING、JASモータースポーツ、そしてREAL RACINGの皆さんには、本当にお世話になった。皆さんの今後の成功をお祈りしている」

 
Read Also:

シェア
コメント
スーパーフォーミュラ、鈴鹿合同/ルーキーテストの暫定エントリーリスト公表。テスト当日に正式発表を予定
前の記事

スーパーフォーミュラ、鈴鹿合同/ルーキーテストの暫定エントリーリスト公表。テスト当日に正式発表を予定

次の記事

平中克幸、13年シーズン過ごしたGAINERからの卒業を発表「失っていた自信を取り戻させてくれたチーム」

平中克幸、13年シーズン過ごしたGAINERからの卒業を発表「失っていた自信を取り戻させてくれたチーム」
コメントを読み込む