WRCサルディニア:トヨタのオジェ、今季3勝目。選手権リードを拡大。勝田またも4位入賞

TOYOTA GAZOO Racingのセバスチャン・オジェは、ラリー・サルディニアでチームメイトのエルフィン・エバンスを抑えて優勝。選手権のリードをさらに広げることになった。

WRCサルディニア:トヨタのオジェ、今季3勝目。選手権リードを拡大。勝田またも4位入賞

 TOYOTA GAZOO Racingのセバスチャン・オジェは、ラリー・サルディニアの最終日4ステージで、2番手でありチームメイトでもあるエルフィン・エバンスとの差を確実にマネージメント。今季3勝目を挙げた。

 オジェはこれで自身通算52勝目。トヨタはラリー・サルディニア初優勝である。これによってオジェは、選手権でのリードを拡大することになった。

 2位のエバンスは、オジェから46秒遅れでのフィニッシュ。最終ステージでエバンスのヤリスWRCは一時エンジンがストールするシーンがあったが、幸いなことに再度エンジンを点火することができ、18.2秒を失うだけで済んだ。

 ティエリー・ヌービルは3位に入り、ヒュンダイに表彰台をもたらした。ヒュンダイ勢は、土曜日の午後まではラリーを支配していたが、オット・タナクとダニ・ソルドは揃ってリタイア。トヨタのチャンピオンシップにおけるリードを拡大させてしまうことになった。

 TOYOTA GAZOO Racingの勝田貴元は、自己最高位タイの4位でフィニッシュしている。

 なお最終パワーステージでは、ヌービルが最速タイムを記録してボーナスポイント5を獲得。タナクが2番手タイムで4ポイントを手にした。

 この結果、オジェはエバンスに11ポイント差をつけてランキング首位をキープ。ヌービルは29ポイント差の3番手となった。

 次戦は6月24〜27日にかけてアフリカのケニアで開催される、サファリ・ラリーである。

 

Read Also:

シェア
コメント
オジェ、来季以降もトヨタ“残留”を希望。WRCスポット参戦やル・マン24時間挑戦も?

前の記事

オジェ、来季以降もトヨタ“残留”を希望。WRCスポット参戦やル・マン24時間挑戦も?

次の記事

アメリカ再進出を目指すWRC。”第一歩”として2022年に非選手権イベント開催を計画中

アメリカ再進出を目指すWRC。”第一歩”として2022年に非選手権イベント開催を計画中
コメントを読み込む