トップイベント

ダカールラリー、ホンダが2輪部門を連覇。ベナバイスとブラベックがワンツー

2021年のダカールラリー2輪部門は、ホンダのケビン・ベナバイスが総合優勝を飾り、ホンダが連覇を果たした。

シェア
コメント
ダカールラリー、ホンダが2輪部門を連覇。ベナバイスとブラベックがワンツー

 中東サウジアラビアで行なわれた2021年のダカールラリーは、1月15日に最終第12ステージが行なわれた。その結果、2輪部門ではMONSTER ENERGY HONDA TEAM 2021のケビン・ベナバイスが総合優勝。昨年王者のリッキー・ブラベックが2位に入り、ホンダがワンツーフィニッシュを飾った。

 終始僅差の首位争いが繰り広げられた2輪部門。第10ステージを終えた時点でトップに立ったベナバイスは、第11ステージを終えて総合2番手のサム・サンダーランド(KTM)を4分12秒リードしていた。

 しかし主催者のGPS機器が故障していたことが発覚し、両者のギャップが5分7秒に修正され、最終ステージを迎えた。

 3番手スタートで走行を始めたベナバイスは、ステージ序盤の99kmでサンダーランドを10分リードすると、チームメイトのブラベックとステージ優勝を争った。結果的にステージをトップで駆け抜けたのはブラベック。ベナバイスは2分17秒差のステージ2位となった。

 これにより、ベナバイスは自身初のダカールラリー制覇を達成。ダカールラリーの2輪部門を制した初のアルゼンチン人ライダーとなった。

 サンダーランドは最終ステージで13分遅れのステージ12位と遅れたことで総合3位に。ブラベックが逆転し総合2位を獲得し、ホンダ勢がワンツーフィニッシュを飾った形となった。

 2001年以降KTMが18連覇を飾っていた2輪部門だが、昨年のダカールラリーでブラベックが優勝。ホンダに1989年以来、31年ぶりの総合優勝をもたらした。そして2021年は、ホンダが1987年以来のワンツーで連覇を飾ることになった。

Read Also:

Provisional final standings (Top 10):

Pos.

Rider

Bike

Time/Gap

1

Argentina Kevin Benavides

Honda

47h18m14s

2

United States Ricky Brabec

Honda

4m56s

3

United Kingdom Sam Sunderland

KTM

15m57s

4

Australia Daniel Sanders

KTM

38m52s

5

United States Skyler Howes

KTM

52m33s

6

Spain Lorenzo Santolino

Sherco

58m30s

7

Chile Pablo Quintanilla

Husqvarna

1h16m39s

8

Slovakia Stefan Svitko

KTM

1h43m07s

9

Czech Republic Martin Michek

KTM

2h22m37s

10

Austria Matthias Walkner

KTM

2h32m12s

ダカールラリー11日目:アル-アティヤがステージ優勝も、ペテランセルが15分リードで最終日へ

前の記事

ダカールラリー11日目:アル-アティヤがステージ優勝も、ペテランセルが15分リードで最終日へ

次の記事

ダカールラリー、4輪部門はペテランセルが優勝。2輪合わせ前人未到14度目の制覇

ダカールラリー、4輪部門はペテランセルが優勝。2輪合わせ前人未到14度目の制覇
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Dakar
イベント Dakar
ドライバー Kevin Benavides
チーム Monster Energy Honda Team
執筆者 Jamie Klein