F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
Race まで
02 時間
:
13
:
54
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
3 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
10 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
25 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
31 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
38 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
52 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
59 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
80 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
108 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
115 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
129 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
143 days
United Kingdom
イベント

イギリスGP (2018)

イギリス シルバーストン
05 7月 - 08 7月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
61 articles
フィルターをクリアにする
イギリスGP
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

イギリスGPの最新ニュース

グリッド
リスト

新DRSゾーンでのクラッシュ、FIA「ドライバーの”選択”」と問題視せず

FIAのチャーリー・ホワイティングは、新しいDRSゾーンでのクラッシュはドライバーの責任によるものであり、他の事故と変わらないと語った。

ハース、今回は同士討ち。チーム代表「どこかで忍耐の”転換点”が来る」

ハースのシュタイナー代表は、イギリスGPで2ポイントの獲得に終わったことに対し、ポイントをみすみす逃さないようにする必要があると語った。

ビルヌーブ「ライコネンとボッタスの接触だったらペナルティは軽かったはず」

元F1王者のビルヌーブは、イギリスGP決勝でライコネンが接触したのがボッタスだったらペナルティは軽かっただろうと話した。

トロロッソ、ハートレーの”奇妙な”クラッシュの原因調査を継続

トロロッソは、イギリスGPのFP3でハートレーの大クラッシュを引き起こした、フロントサスペンションの故障原因の調査を続けている。

ガスリー、一貫性ゼロの罰則判定に憤慨「レースをつまらなくするだけ」

イギリスGPを10番手でフィニッシュしたガスリーは、ペレスとの接触の責を問われ5秒加算のペナルティを受け、13位となった。この裁定についてガスリーは”一貫性がない!”と憤慨している。

ルノー、”ブリスターショック”を引きずるも、対策の戦略が大成功

オーストリアGPでブリスター問題に悩まされたルノーは、その対策としてハードタイヤを使う唯一無二の戦略を立案。結果的にその判断が6位入賞に繋がった。

エリクソン、クラッシュの原因は「DRSボタンから指が滑ってしまった」

イギリスGPで大クラッシュを起こし、セーフティカー出動の原因となったエリクソンは、指が滑ってしまい、DRSを閉じられなかったのが原因だったという。

レッドブルのチーム代表も最高速不足を嘆く「我々の弱点が露呈した」

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、イギリスGPでの最高速不足という問題を嘆いた。

ロズベルグ、ライコネンのハミルトンへの激突は「100%意図的じゃない」

元F1王者のニコ・ロズベルグは、イギリスGP1周目に起きたルイス・ハミルトンとキミ・ライコネンの接触について、”100%意図的ではない”と分析した。

ハミルトン、ライコネンの謝罪を受け入れ「前に進まなきゃいけない」

イギリスGPの決勝レース1周目にライコネンと接触したハミルトンは、ライコネンからの謝罪を受け入れ、事故から前進することを望んでいると語る。

サインツJr.、グロージャンとの事故を語る「スペースを残したのに」

ルノーのサインツJr.は、グロージャンと接触してリタイアに終わったイギリスGPを振り返った。しかし、接触以上に不満なことがあったという。

ハミルトン、猛追の果てに疲労困憊「1000%プッシュして立つのも難しかった」

ハミルトンは、イギリスGPオープニングラップのスピンから2位まで追い上げるレースとなったが、レース後は疲れ切ってしまい、立つのも苦労したと明かした。

ベッテル「オーバーテイクのためにボッタスを”驚かす”必要があった」

ベッテルは、レース終盤にボッタスを追い抜くために、彼を”驚かさなければならなかった”と話した。

ニキ・ラウダ、フェラーリのメルセデス”撃墜”に不満「不公平で面白くない」

メルセデス非常勤会長のニキ・ラウダは、今季2度起きているフェラーリとの接触について、不公平で面白くないと語った。

フェルスタッペン、レッドブルの直線スピードの遅さを”悲劇”と嘆く

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、イギリスGPでのストレートスピードの欠如を”悲劇的”だと語った。

ベッテル、メルセデスが勘ぐる”計画的接触”疑惑を一蹴「かなり愚かな考えだ」

フェラーリのベッテルは、イギリスGPの1周目にハミルトンとライコネンが接触したことを、メルセデスが故意なのではないかと疑っていることに対し、愚かだと話した。

ハートレーに続く試練。英国GPはPU側コネクタの緩みが原因でリタイア

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、イギリスGP決勝をパワーユニットのコネクタの緩みが原因でリタイアした。

メルセデス、フェラーリの接触は「”故意”か”ただ無能”」と非難

メルセデスはオープニングラップでの接触について、フェラーリが”故意に”やったのか、”ただの無能”のどちらかだと非難した。

ライコネン、1周目の接触を謝罪「僕のミスだ。ペナルティは妥当」

イギリスGPのオープニングラップでハミルトンと接触したライコネンは、自分のミスだと認め、ハミルトンに申し訳ないと語った。

【動画】F1第10戦イギリスGP 決勝レースハイライト

2018年のF1第10戦イギリスGP決勝レースの模様を、ハイライト動画でお届け。

ガスリー、5秒タイム加算ペナルティで13位に降格。ポイント獲得が幻に

トロロッソのガスリーは、ペレスとの接触で5秒のタイム加算ペナルティを受け、イギリスGPでのポイント獲得が幻となった。

イギリス決勝:ベッテルが大接戦を制して4勝目。ハミルトン悔しい2位

イギリスGPの決勝が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが今シーズン4勝目を飾った。

イギリスGP決勝速報:大激戦制したベッテル優勝。トロロッソのガスリー10位

F1第10戦イギリスGPの決勝は、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが今季4勝目を挙げた。

ハートレー、”PUに重大なダメージ見つからず”もICEとMGU-Kを交換

ハートレーは、決勝レースに向けてICEとMGU-Kを交換することを決断。交換されたパーツは日本でさらなる分析が行われるという。