F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
51 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
58 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
72 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
86 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
107 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
121 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
142 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
156 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
163 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
177 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
191 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
219 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
226 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
247 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
261 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
275 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
282 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
296 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
310 days

ハミルトン、ライコネンの謝罪を受け入れ「前に進まなきゃいけない」

シェア
コメント
ハミルトン、ライコネンの謝罪を受け入れ「前に進まなきゃいけない」
執筆:
翻訳:: 田中 健一
2018/07/10 0:18

イギリスGPの決勝レース1周目にライコネンと接触したハミルトンは、ライコネンからの謝罪を受け入れ、事故から前進することを望んでいると語る。

Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
Sebastian Vettel, Ferrari and Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 on the podium
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 in parc ferme
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、イギリスGP決勝レースのスタート直後、ターン3でキミ・ライコネン(フェラーリ)の接触を受けてスピン……18位に転落することとなった。その後、ハミルトンは追い上げたが、2位が精一杯だった。

 2戦前のフランスGPでも、メルセデスはフェラーリからの接触を受け、大きく後退することとなった。バルテリ・ボッタスがセバスチャン・ベッテルとクラッシュしたのだ。これも、スタート直後の出来事だった。

 これら一連の事故に関して、メルセデスは”故意ではないか”との疑いを示唆するほどだった。ハミルトンもレース後、フェラーリは”面白い戦術を採った”と事故が故意だったのではないかと暗示した。

 しかしそのハミルトンは、月曜日にインスタグラムに投稿。次のように語った。

「キミは謝罪し、僕はそれを受け入れた。僕らは前に進まなきゃいけない。それはレーシングインシデントだった。それ以上のモノでもない」

「時々、僕らは愚かなことを言う。でも、そういうことから学んでいくんだ」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、レース中にテクニカル・ディレクターのジェームス・アリソンの言葉を引用する形で、フェラーリ動きを「故意か無能」と非難。フェラーリ側はこの発言について”冗談か、もしそうでないとしたら極度に不愉快だ”と語っていた。

 しかしこのアリソンの発言は”冗談”であると見なされており、両チーム間の深刻な問題にはなっていない。

 この一連の発言について尋ねられたウルフは、次のように説明している。

「その時の感情による、私の愚かなコメントだ」

 そうウルフは語った。

「しかし、直近3レースのうち2レースで起きた、愚かな出来事だ。それが、私はそういう感情を持っていた理由だ」

 なおハミルトンは、表彰式前のインタビューに応じなかった理由についても、インスタグラムで弁解した。

 ハミルトンは、後方から怒涛の追い上げを見せたレースで激しく体力を消耗したと主張。体重も”3kg近く”落ちたという。そのため、”立っているのも辛く、話すことは難しかった”と語った。

「もし皆さんが理解や評価できないのだとしたら、僕はそれについて十分に理解できる」

「でも怒っていたからそうしたわけじゃない。文字通り、肉体的にも、精神的にも疲れてしまったんだ」

次の記事
サインツJr.、グロージャンとの事故を語る「スペースを残したのに」

前の記事

サインツJr.、グロージャンとの事故を語る「スペースを残したのに」

次の記事

ロズベルグ、ライコネンのハミルトンへの激突は「100%意図的じゃない」

ロズベルグ、ライコネンのハミルトンへの激突は「100%意図的じゃない」
コメントを読み込む