Scott Mitchell
執筆者

Scott Mitchell

Latest articles by Scott Mitchell

グリッド
リスト

小規模チームと未来のF1のため。フェラーリは”犠牲”になると主張

フェラーリは2021年以降のF1に関する交渉において、小規模チームを助けるために金銭面で”犠牲になる”つもりがあると語った。

最年少F1王者へ。フェルスタッペン「レッドブルはタイトル挑戦への“土台”を築いた」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、自分とチームが2020年シーズンにタイトル獲得へ挑むための適切な準備を進めつつあると考えている。

ミック・シューマッハーはF1にたどり着けるか。フェラーリ代表は成長に期待

フェラーリはジュニアドライバーであるミック・シューマッハーが、将来的にF1のシートを獲得する「有力な候補」であると考えている。

今後も“カオスなレース”が中団争いの鍵に? アルファロメオは取りこぼし悔やむ

アルファロメオ代表のフレデリック・バスールは、中団チームが選手権を優位に進めるためには、“カオスな”レースを最大限に活用しなくてはいけないと語った。

フェルスタッペンのホンダへの”献身”は、若い頃のアイルトン・セナのよう?

ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターは、マックス・フェルスタッペンとの関係は、若き日のアイルトン・セナのホンダとの関係を見ているようだと語った。

「フェルスタッペンと組むのはポジティブ」F1で2年目アルボン、躍進なるか?

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンのような強く速いチームメイトと組むことは、学習するスピードを加速させるには絶好のチャンスだと考えている。

ジョビナッツィのF1キャリアを左右した2週間。スパでの”失態”を挽回

アルファロメオのフレデリック・バスール代表は、アントニオ・ジョビナッツィがベルギーGPでクラッシュしたことで、シートを失いかけていたと明かした。

開発目標予定通り……ホンダF1、レッドブルからの信頼を手にした2019年

ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターは、2019年シーズンにパワーユニットの開発目標を達成した”能力”が、新たなパートナーであるレッドブルとの信頼関係を築く上での鍵だったと考えている。

2021年は勢力図がガラッと変わる? 「これまでの成績は関係ない」とメルセデス

メルセデスのトト・ウルフ代表は、チームがこれまでに成し遂げてきた記録的な成績は、新規則となる2021年以降の成功を保証するものではないと語った。

初めて約束が守られた……レッドブル代表、ホンダとの契約延長は「自然なこと」

レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2019年シーズンからパワーユニットをホンダに載せ替えたことで、エンジンに関する全ての約束が実現されたと語った。

ルノーは現実を甘く見ていた?「こんなに後方を走るとは思わなかった」とリカルド

ダニエル・リカルドは、2019年シーズンの予想外の苦戦にルノーと自身が頭を悩ませていたことを認めた。

「僕たちは決して満足しない」フェルスタッペン、ホンダの“ハードワーク”を絶賛

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、初めて共に戦ったホンダの仕事ぶりを絶賛。来季タイトル争いに”しっかりと加わる”ことを期待していると明かした。

2020年はタイトル獲得が目標。レッドブル・ホンダ「もう言い訳はできない」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダの2020年用マシンの開発が、2週間早まっていると明かすと共に、タイトルへ挑むために言い訳はないと語る。

ホンダF1、当初は”スペック2”PUで開幕戦に臨む予定だった?

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、当初の開発スケジュールでは、スペック2のパワーユニットでシーズンを開始する予定だったと明かした。

山本尚貴に”F1での良いオファー”? ホンダ山本MD「レッドブルと議論した」

レッドブルとホンダは、山本尚貴が2020年にF1チームで仕事をする可能性について議論をしているようだ。ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターが認めた。

フェラーリ、2020年に向けエンジンを大幅変更へ。”長所と短所”の改善目指す

フェラーリは、2020年に向けてエンジンを大幅に変更し、マシンのダウンフォースも増やす予定だという。

フェラーリ、新車発表3日前に18インチタイヤをテスト。2月に2車種で走行!?

フェラーリは、ピレリの18インチタイヤ開発のプログラムの一環として、2020年のF1プレシーズンテストが始まる1週間前に、ミュールカー(テスト用に改造したマシン)をヘレス・サーキットで走らせることになった。

「僕に原因がある」ベッテル、厳しいシーズンを終えての心境語る

セバスチャン・ベッテルはフェラーリ5年目のシーズンを振り返り、自分自身を見つめ直す必要があると感じているようだ。

2020年のF1エントリーフィー、メルセデスが史上最高額の約6億円支払いへ

2019年のF1でコンストラクターズチャンピオンを獲得したメルセデスは、2020年に史上最高額となる約5億9705万円のエントリーフィーを支払うこととなった。

アロンソのF1復帰は“強いクルマ”必須。フェルスタッペン「でなければ時間の無駄」

マックス・フェルスタッペンは、フェルナンド・アロンソがF1に復帰する場合、競争力のある車を手にできない限り「時間の無駄だ」と語った。

ラグナタンのせい? FIA、下位カテゴリーへのライセンスポイント導入を議論

FIAのジャン・トッド会長は、FIA F2などジュニアフォーミュラのカテゴリーにも、F1のスーパーライセンスポイントのような、”参戦資格”を確認するためのシステムを導入することを議論していると明かした。

ラッセル、予選でクビサに全勝「皆が思っているより難しいこと。誇りに思う」

ジョージ・ラッセルは、F1ルーキーシーズンの予選でチームメイトのロバート・クビサに全勝したことを誇りに思っており、人々が思うよりも難しいことだと語った。

F1タイヤテスト初日:ボッタス首位、クビアト3番手。フェルスタッペンは153周走り込み

アブダビで行なわれたF1タイヤテスト初日は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。

フェルスタッペンのトラブルはホンダPUの制御系が原因。田辺TD「申し訳ない」と謝罪

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、アブダビGPでマックス・フェルスタッペンが抱えたトラブルについて、パワーユニットに原因があったとして「非常に申し訳なかった」と語った。

ベッテル、今季限りで引退の噂を一蹴? 「僕は来年おやすみらしいね!」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、2019年限りで引退するのではとの噂を、皮肉たっぷりに一蹴した。

ハミルトンから謝罪のメッセージ……初表彰台を失ったアルボン「本当に良かった」

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1ブラジルGPでメルセデスのルイス・ハミルトンと接触し、自身初の表彰台獲得を逃したが、ハミルトンから謝罪のメッセージを受け取ったことに感謝していると語る。

今年の3勝が、ホンダのF1への”疑問”を取り去った? フェルスタッペン安堵

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ホンダは今季F1復帰以来初の勝利を手にしたことで、将来に対する疑問がなくなり、2021年も参戦を継続することを決めたのだろうと考えている。

ホンダF1、2021年のF1参戦継続を発表。レッドブル&トロロッソと契約延長

ホンダは、レッドブルとトロロッソとの契約を延長し、少なくとも2021年までF1に留まることを発表した。

開発コストが最大の要因……ホンダは2021年以降もF1を続けるのか?

ホンダのF1マネージングディレクターである山本雅史は、同社がF1を継続するためには、コストを削減する必要があると語る。

アルボンのレッドブル残留は”賢明”な選択。フェルスタッペン「彼はチームの一員」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルがアレクサンダー・アルボンを来季も継続起用することを決めたのは、最も賢明な選択だったと話した。

ベッテルとルクレールの同士討ち……「今起きたのは幸運」とフェラーリ代表宣言

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、2020年シーズンに向けて必要なことを明確にする良いチャンスとなったため、F1ブラジルGPでのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの”同士討ち”は、チームにとって幸運だったと語る。

「信じられないほど素晴らしい結果」フェルスタッペン、ガスリーの2位を喜ぶ

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ブラジルGPで2位表彰台を獲得したトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーの仕事ぶりを「信じられないほど」と語り、メルセデスのルイス・ハミルトンも「本当に素晴らしい」と賞賛した。

フェラーリ代表、ドライバーの関係悪化を否定「“修羅場”にはならないはず……」

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、ブラジルGPでの同士討ちが「関係を悪くするかもしれない」と示唆しながらも、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは基本的に良い関係を築いていると主張した。

歓喜のF1初表彰台。ガスリー「僕の人生で最高の日だ!」

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、ブラジルGPでF1初表彰台を獲得したことを大いに喜び、「人生最高の日」だと語った。

メルセデス、ポール逃したフェラーリの”変化”に注目「予選はそれほど速くなかった」

メルセデスのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、フェラーリが過去2戦でポールポジションを逃したのは”興味深い”結果だと話した。

レッドブル・ホンダの直線スピードに、ベッテル&ハミルトン驚く

F1ブラジルGPでポールポジションを獲得したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。そのライバルであるフェラーリのセバスチャン・ベッテルとメルセデスのルイス・ハミルトンは、レッドブルの直線スピードに驚いている。

エンジンオイル不正燃焼への取り締まり強化続く。FIAが新たな技術指令を発行

FIAは、パフォーマンス向上のためのエンジンオイル燃焼についてさらに監視を強化しており、各チームにデータの提供を求めている。

チームオーダー無視は正義か悪か……ベッテル「自分のために戦うべき時もある」

セバスチャン・ベッテルはこれまでのF1キャリアでチームオーダーを巡る問題に度々直面しているが、状況次第では自分のために戦う必要があると語った。

ヘルメットデザインの変更は”自由”にすべき? ベッテル「だってこれは僕のだよ」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ドライバーがヘルメットのデザインを自由に変更できない今のF1レギュレーションは、愚かなモノだと一蹴する。

”心の悪魔”と戦い続けたハミルトン、6度目の王者獲得は「最もタフなシーズン」

2019年のF1王者に輝いたルイス・ハミルトンは、ニキ・ラウダやアントワーヌ・ユベールの死に影響を受けて感情的に消耗したシーズンだったものの、それに打ち勝ってタイトルを獲得できたと語る。

「不正をやめたからだ」フェルスタッペン、フェラーリ勢の失速にチクり口撃

マックス・フェルスタッペンのフェラーリの失速について不正をやめたからだと話したが、シャルル・ルクレールはそれを“冗談”だと一笑に付した。

2021年からFP1で年2回のルーキードライバー起用が義務に

F1チームは2021年から、金曜日のフリー走行でルーキードライバーを2度走らせることが義務付けられる。

2021年F1レギュレーションが承認。”財政レギュレーション”が追加

2021年に変更される予定のF1のテクニカル、スポーティング、財政の各レギュレーションがついに承認された。

レッドブル代表、来季のレギュラー起用は否定も山本尚貴を高評価

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、F1日本GPのFP1で走行した山本尚貴について、来季のドライバーに起用する可能性は低いと語った。

ハミルトン、欠場中の”いつもの”レースエンジニアにセッティングのアドバイス求める

メルセデスのルイス・ハミルトンは、メキシコGPの予選前にいつものレースエンジニアであるピーター・ボニントンに連絡を取り、セッティングに関するアドバイスを受けたという。しかしその一方で、ボニントンの代役を務めるマーカス・ダドリーの仕事ぶりを賞賛する。

ハミルトンのレースエンジニア、メキシコGPとアメリカGPに帯同せず

普段はルイス・ハミルトン(メルセデス)のレースエンジニアとしてグランプリに帯同するピーター・ボニントンは治療を受けるため、今週末のメキシコGPと来週のアメリカGPを欠場することになった。

ルノー失格でクビアトが日本GP入賞、トロロッソがランク5位に接近。ルノーは控訴検討

F1日本GPの結果から除外されることとなったルノーは、裁定に対して控訴を検討しているようだ。

来季のメルセデスF1が目指すのはフェラーリ? ハミルトン「もっとパワーを!」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、2020年のマシンは空気抵抗を減らし、よりパワーを増やした方がいいと考えている。

フェラーリPUの合法性を巡る水面下の攻防。FIAは正式な抗議提出を望む?

パワーの面で大きなアドバンテージを持っている今季のフェラーリ。ライバルチームの多くは、その合法性についてFIAに問い合わせているようだ。

本当はコーナーで抜きたいけど……ハミルトン、DRSは“今後もF1に残る”と語る

ルイス・ハミルトンは、2021年に大規模なルール変更が行われた後でもDRSは残ると考えているが、コーナーでもオーバーテイクできるようなマシンが完成することがベストだと語った。

マクラーレンへのPU供給にはリスクも? メルセデス代表「でも準備はできている」

メルセデスF1チームの代表であるトト・ウルフは、2021年からマクラーレンにパワーユニットを供給することは、”リスクある決断”だったことを認める。

復活目指すマクラーレン、メルセデスとの再提携で「隠れるところをなくす」

強豪チーム復活を目指すマクラーレンは、メルセデスのPU供給を受けることで、言い訳ができない状況に自分たちを追い込みたいと考えているようだ。

F1にスペインの新チームが参入か? カンポス関係者が2021年の参戦に本腰

F2などに参戦するカンポス・レーシングの関係者は、2021年からF1に参戦することを目標に動き出しているようだ。

ハースF1”ボス”のシュタイナー、暴言がFIAの調査対象に?

ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表は、F1ロシアGPの無線でスチュワードを批判したため、FIAの調査の対象になる可能性がある。

トップ復帰を目指して……”切れ者”ザイドルがマクラーレン・メルセデス復活進言

マクラーレンCEOのザク・ブラウンは、チーム代表のアンドレアス・ザイドルがメルセデスとのPU供給契約締結を決定したと明かした。

”チームオーダー問題”は尾を引く? ルクレール「ベッテルへの信頼はまだある」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルをまだ完全に信頼しており、ロシアGP決勝レース中の論争の後も「お互いに信頼する必要がある」と語った。

トロロッソ、名称変更を申請……2020年シーズンから”アルファタウリ”に?

トロロッソは、ライバルチームに承認された場合、来季からチーム名を”アルファタウリ”に変更することになりそうだ。

F1のフロントウイング、2021年は”エレガントでドラマティック”に変化?

F1は2021年のマシンコンセプトにおいて、より”エレガントでドラマティック”なフロントウイングが重要な役割を占めると考えている。

F1用18インチタイヤがお披露目。ジャン・アレジがF2車両でデモ走行

2021年にF1で導入される18インチタイヤが、モンツァ・サーキットでお披露目された。

ロズベルグを皮肉ったフェルスタッペンのコメントにハミルトン「お腹痛い!」と“爆笑”

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンがニコ・ロズベルグを“新ジャック・ビルヌーブ”と揶揄したことに対し、爆笑したとSNSに投稿した。