F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
19 days
Scott Mitchell
執筆者

Scott Mitchell

Scott Mitchellの最新ニュース

グリッド
リスト

小規模チームと未来のF1のため。フェラーリは”犠牲”になると主張

フェラーリは2021年以降のF1に関する交渉において、小規模チームを助けるために金銭面で”犠牲になる”つもりがあると語った。

最年少F1王者へ。フェルスタッペン「レッドブルはタイトル挑戦への“土台”を築いた」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、自分とチームが2020年シーズンにタイトル獲得へ挑むための適切な準備を進めつつあると考えている。

次代のF1を率いるのは誰だ? フェラーリCEO「元チーム代表は適任じゃない」

フェラーリCEOのルイス・カミッレーリは、元チーム代表がF1を率いる立場に立つべきではないと主張している。

ミック・シューマッハーはF1にたどり着けるか。フェラーリ代表は成長に期待

フェラーリはジュニアドライバーであるミック・シューマッハーが、将来的にF1のシートを獲得する「有力な候補」であると考えている。

「目標は複数年契約」ボッタス、“文句なし”の契約延長を勝ち取れるか?

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、契約の切れる2021年以降に向けて、契約延長をチームにとって“何の憂いもない”選択肢にしたいと語った。

今後も“カオスなレース”が中団争いの鍵に? アルファロメオは取りこぼし悔やむ

アルファロメオ代表のフレデリック・バスールは、中団チームが選手権を優位に進めるためには、“カオスな”レースを最大限に活用しなくてはいけないと語った。

フェルスタッペンのホンダへの”献身”は、若い頃のアイルトン・セナのよう?

ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターは、マックス・フェルスタッペンとの関係は、若き日のアイルトン・セナのホンダとの関係を見ているようだと語った。

「フェルスタッペンと組むのはポジティブ」F1で2年目アルボン、躍進なるか?

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンのような強く速いチームメイトと組むことは、学習するスピードを加速させるには絶好のチャンスだと考えている。

ジョビナッツィのF1キャリアを左右した2週間。スパでの”失態”を挽回

アルファロメオのフレデリック・バスール代表は、アントニオ・ジョビナッツィがベルギーGPでクラッシュしたことで、シートを失いかけていたと明かした。

開発目標予定通り……ホンダF1、レッドブルからの信頼を手にした2019年

ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターは、2019年シーズンにパワーユニットの開発目標を達成した”能力”が、新たなパートナーであるレッドブルとの信頼関係を築く上での鍵だったと考えている。

F1とサッカーには同じ問題がある? フェルスタッペン、ペナルティの”難しさ”に理解

マックス・フェルスタッペンは、F1のスチュワードがサッカーの審判と同じく、難しい立場に立たされていると考えている。

信頼性は追いついた? ホンダF1、より多くの時間をパフォーマンス向上に費やす

ホンダF1は、問題の原因を追求する”クリーンアップ”作業ではなく、パフォーマンス向上に集中することができるようになったという。

シンガポールでの逆転勝利は、ベッテルの自信を回復させる”鍵”となったのか?

フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルがシンガポールGPで勝利し、自信とチームへの信頼を高めたのは、非常に正しいことだったと考えている。

腰を据えて開幕を待つアルボン「2020年はもっと“普通”に戦える」

アレクサンダー・アルボンは、シーズン途中でレッドブルに昇格したことは「ほぼ振り出しに戻るような感覚」だったと語った。

メルセデスF1代表「2019年は“ニキを失った”年」偉大な功績も、親友の死には敵わない

メルセデスF1チームの代表を務めるトト・ウルフは、2019年シーズンを振り返ると、ニキ・ラウダが死去した後のモナコGPが“決定的な”1日だったと語った。

”王者”のやり方を学べ。ボッタス躍進に”元ハミルトン担当”のエンジニアの助け

バルテリ・ボッタスは、2019年にかつてルイス・ハミルトンを担当していたエンジニアと仕事をしたことで、”王者のやり方”を学ぶことができたと話した。

いざタイトル争いへ……レッドブルとホンダ、”戦い”への基礎を整えた2019年?

パートナーシップ1年目のシーズンを終えたレッドブルとホンダ。彼らの2019年シーズンは、3勝+2ポールポジション、コンストラクターズランキング3位と上々の結果に終わった。2020年、さらなる高みを期待していいのか?

女性ドライバーがF1の育成プログラムに入る日も近い? フェラーリ代表が言及

フェラーリのF1チームを率いるマッティア・ビノットは、女性ドライバーがフェラーリ育成プログラムに加入する可能性があることを示唆した。

”ザウバー”からアルファロメオへ、チーム再建は続く「満足はできないが楽観的」

アルファロメオF1チームのフレデリック・バスール代表は、アルファロメオとの提携を進める上で、ペーター・ザウバーに相談したと明かした。

ホンダF1、さらなる飛躍を目指して……PUの2チーム供給体制の”洗練”を狙う

ホンダF1は、2チームにパワーユニットを供給するという”挑戦”で生じた問題や懸念を、2020年に向けて解決しようとしているようだ。

ボッタス&ハミルトンは”最高のふたり”? メルセデス代表、ドライバーに大満足

メルセデスF1のチーム代表は、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのラインアップが、チームの目標を妥協させることの無い素晴らしいものだと語った。

2021年は勢力図がガラッと変わる? 「これまでの成績は関係ない」とメルセデス

メルセデスのトト・ウルフ代表は、チームがこれまでに成し遂げてきた記録的な成績は、新規則となる2021年以降の成功を保証するものではないと語った。

ドライバーを”管理”するのは大変。フェラーリ代表「もっと強くなるための過程」

フェラーリF1のマッティア・ビノット代表は、2019年シーズンにセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールを”管理”するのに苦しんだと語るが、これは2020年にチームがもっと強くなるためのプロセスの一部だと主張した。

初めて約束が守られた……レッドブル代表、ホンダとの契約延長は「自然なこと」

レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2019年シーズンからパワーユニットをホンダに載せ替えたことで、エンジンに関する全ての約束が実現されたと語った。