F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
54 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
68 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
82 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
96 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
117 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
131 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
152 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
159 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
173 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
187 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
215 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
222 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
236 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
257 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
271 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
278 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
292 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
306 days

ハースF1”ボス”のシュタイナー、暴言がFIAの調査対象に?

シェア
コメント
ハースF1”ボス”のシュタイナー、暴言がFIAの調査対象に?
執筆:
2019/10/02 2:58

ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表は、F1ロシアGPの無線でスチュワードを批判したため、FIAの調査の対象になる可能性がある。

 ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1ロシアGPの決勝レースでターン2をオーバーランした際、事前に指定されていた手順(コースに復帰する際には、ランオフエリアに設置されたふたつのボラードの外を通らなければならなかった)を守らずにコース復帰を果たしたとして、5秒のタイムペナルティを科された。この結果、マグヌッセンは8番手でフィニッシュしたものの、9位に降格させられることとなった。

Read Also:

 レース後、マグヌッセンはこの裁定について「でたらめ」だと、スチュワードを猛批判。ターン2をオーバーランした際、ひとつ目のボラードの外を通るように進路を変更するのは、現実的な動きではなかったと主張した。

 この件についてハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表も同調。マグヌッセンに対して「スチュワードは愚かで馬鹿げている」と伝えた。

 この交信内容について、FIAは問題視しているという。シュタイナーがFIAやスチュワードに対して暴言を吐くのはこれが初めてではなく、今後調査の対象となるかもしれない。

 シュタイナー代表自身は、レース後にFIAのレースディレクターであるマイケル・マシや、スチュワードの面々と話をしていないようだ。しかしその一方で、ハースF1のチームマネージャーであるピーター・クローラは、両者と個別に話し合ったようだ。

 FIAがシュタイナーのロシアでの発言を”一線を越えてしまった”と感じている場合、最も簡単な解決策は、次の日本GPの際に、非公式に議論することだ。ただこの件はより深刻なモノだとされれば、正式に問題提起されるだろう。

 マシ曰く、FIAには自由に活用できる様々な”司法的プロセス”があるという。2017年のメキシコGPでペナルティを受けたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が、当時レースディレクターだったチャーリー・ホワイティングに対して暴言を吐いた際にも、この手順が採用された。

 国際モータースポーツ競技規則には、次のことは規則違反であり、罰則を科すことができると明記されている。

「FIA、FIAの組織、FIAのメンバー、またはFIAの執行役員に対する誹謗中傷や損失を引き起こす、いかなる言葉、行為または記述」(JAF発行の国際モータースポーツ競技規則日本語訳第12条1項より抜粋)

 イベントのスチュワードにも、この国際モータースポーツ競技規則を執行する権限があり、その権限は次のグランプリでスチュワードを務める面々に委任することができる。

 これが意味するところは、ロシアGPは既に終了しているものの、ロシアGPのスチュワードたちは、日本GPのスチュワードに対して、シュタイナーと会うことを要求できるということだ。

 シュタイナーの発言について尋ねられたマシは「私が決断することではない」とmotorsport.comに対して語った。

「FIAには様々な司法プロセスがある」

「無線で発せられたコメントは聞いたよ。彼らとは直接会っていないので、それが何だったのかということについては、コメントするつもりはない」

「結局のところ、我々は皆、仕事をするためにここにいる。オフィシャルであれ、チームであれ、全員がだ。お互い尊重することが必要なのだ」

「特定のコメントについては、彼らに会っていないので、それまでコメントしたくない」

「今回のことが不適切だと思われた場合には、イベントから離れてそれを見ることができる、司法を担当する部門があるんだ」

Read Also:

次の記事
フェルスタッペン親子に焦り?「来年も”失われた1年”になってしまう」

前の記事

フェルスタッペン親子に焦り?「来年も”失われた1年”になってしまう」

次の記事

フェラーリPUの進歩は”異常”……メルセデスF1、今季後半は”追う立場”に?

フェラーリPUの進歩は”異常”……メルセデスF1、今季後半は”追う立場”に?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Scott Mitchell