【速報】キミ・ライコネン、新型コロナ陽性でF1オランダGPを欠場。クビサが代役

キミ・ライコネンは新型コロナウイルスの検査で陽性判定が出たため、オランダGPを欠場。ロバート・クビサが代役を務めることになった。

【速報】キミ・ライコネン、新型コロナ陽性でF1オランダGPを欠場。クビサが代役

 アルファロメオのキミ・ライコネンが、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたことが分かった。これによりライコネンは、オランダGPを欠場。リザーブドライバーのロバート・クビサが代役を務める。

 今週末、今季限りでのF1引退を発表したばかりのライコネン。しかし新型コロナに感染したことが発覚。引退発表直後のレースには参戦できないことになった。

 ライコネンの代役を務めるのは、リザーブドライバーであるクビサ。クビサは、2019年の最終戦アブダビGP(ウイリアムズ)以来の決勝レース出走を果たすことになる。

 

Read Also:

シェア
コメント
ハミルトン、トラブルでF1オランダGP初日20周しかできず……「ライバルたちから一歩遅れている」

前の記事

ハミルトン、トラブルでF1オランダGP初日20周しかできず……「ライバルたちから一歩遅れている」

次の記事

角田裕毅のFP1のトラブルは配線のダメージ。アルファタウリ代表が明かす

角田裕毅のFP1のトラブルは配線のダメージ。アルファタウリ代表が明かす
コメントを読み込む