レッドブル重鎮、F1デビューの角田に高い評価「学習のスピードが速い」

レッドブルのドライバー選定を取り仕切るヘルムート・マルコは、2021年にF1デビューを果たす角田裕毅について、「学習スピードが速い」と高い評価を下した。

レッドブル重鎮、F1デビューの角田に高い評価「学習のスピードが速い」

 2021年にアルファタウリ・ホンダのドライバーとしてF1デビューすることが決まった角田裕毅。7年ぶりとなる日本人F1ドライバーの誕生に、日本中から多くの期待が集まっている。

Read Also:

 この角田については、海外でも評価が高い。レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコも、角田を高く評価しているひとり。角田がF2にデビューする際にも「1年目からスーパーライセンスを獲得できる成績を残すように」と要求していた。角田はこれにしっかり応え、F1への道を歩んだ。

 角田のF1昇格決定に際し、マルコはFIA F2のルーキーシーズンでの角田の走りを賞賛。F1デビューに向けても期待していると語った。

「技術的な問題や、いくつかのクラッシュによってチャンピオンは逃してしまった。ただ、これは彼のルーキーイヤーだったんだ」

 2020年のFIA F2でランキング3位だった角田について、そうマルコは語る。

「彼は信じられないほどのスピードや、素晴らしく速い把握速度や、学習速度を特長として持っている」

「過去数レースを見ると、彼はレース序盤、諸々落ち着くまでは我慢してタイヤを温存し、それからアタックするんだ。アグレッシブさと頭を使ったドライビングが、素晴らしい形でミックスされていたんだ」

Read Also:

シェア
コメント
マグヌッセン、”優勝”狙えるIMSA転向にワクワク「もうポイント争いなんてウンザリ!」

前の記事

マグヌッセン、”優勝”狙えるIMSA転向にワクワク「もうポイント争いなんてウンザリ!」

次の記事

“苦戦続きの日々”が改善の糧に……ルノーF1「後半の好調に繋がった」

“苦戦続きの日々”が改善の糧に……ルノーF1「後半の好調に繋がった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー 角田 裕毅
チーム レッドブル・ホンダ , アルファタウリ・ホンダ
執筆者 Jonathan Noble