F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
FP2 まで
00 時間
:
28
:
56
MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
スーパーGT
16 7月
イベントは終了しました
06 8月
次のセッションまで……
10 時間
:
28
:
56
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました
執筆者

Christian Nimmervoll

Christian Nimmervollの最新ニュース

グリッド
リスト

ハミルトン、マルコの反人種差別運動を軽視する発言に激怒も、後に偽情報と発覚し和解

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンが偽の情報によって自身を批判したことについて理解を示しており、この問題が解決したことを明かした。

F1オーストリアGP、開催にゴーサイン。政府が計画を承認、500人限定で観客も?

オーストリア政府は、7月5日と12日に予定されているオーストリアでのF1グランプリ開催計画を承認したようだ。

「儲かることが必須!」F1ドイツGP、復活に近づく。”コロナ代打”で存在感

ドイツのホッケンハイムリンクは、シルバーストンでのレース開催に黄信号が灯ったことで、今季のF1開催をめぐりリバティ・メディア側との話し合いが加速していると明かした。

DTM、”存続の危機”に直面。グロック「生き残るチャンスは日に日に減っている」

ティモ・グロックは、アストンマーチンとアウディが撤退した後、2020年以降にDTMが生き残る可能性は減りつつあると話した。

カルロス・サインツJr.、2021年からフェラーリへ? 早ければ今週中にも発表

セバスチャン・ベッテルがフェラーリを離れることになったことで、その後任としてカルロス・サインツJr.が加入することになったようだ。早ければ今週後半にも、正式に発表されるものとみられている。

セバスチャン・ベッテル、今季限りでフェラーリ離脱へ? ドイツで報道

セバスチャン・ベッテルとフェラーリが、今季限りで契約を延長しないことを決めたようだ。ドイツ国内の複数のメディアが報じている。

ホッケンハイム、無観客レース開催に名乗り? F1側との協議をスタート

ホッケンハイムは、2020年にグランプリを開催する可能性を巡り、F1側と交渉の初期段階にあることを認めた。

オーストリアでの7月開幕は現実的? F1関係者、行政共に前向きなコメント

レーシングポイントのオットマー・サフナウアー代表は、7月にF1の2020年シーズンを開幕させることは現実的なことだと考えている。

「1戦逃すと“2億円”の損失」アルファタウリ代表、F1再開遅れは危機的状況招くと警鐘

アルファタウリF1代表のフランツ・トストは、グランプリが1戦開催されないごとに、チームは200万ユーロ(約2億3000万円)の損失を負うことになると計算している。

F1オーストリアGPがシーズン開幕戦に? レッドブルが開催に向け準備進める

F1オーストリアGPの準備を進めるレッドブルのヘルムート・マルコは、十分な対策をした上でグランプリを実施できると考えている。

選手をコロナに感染させれば免疫がつく? レッドブル重鎮マルコが描いていた大胆構想

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコには、レッドブル系ドライバーによる“コロナキャンプ”を作り、彼らを意図的に新型コロナウイルスに感染させて免疫をつけさせる、という構想があったようだ。

アルファタウリには、新型コロナ感染者はひとりもいない……トスト代表、対策を語る

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表が、新型コロナウイルスの感染拡大に際し、F1のチーム代表が直面している”異常”な問題について語る。

“コロナ騒動”収まらぬF1、未曾有の事態にも“プラス要素”は存在する?

新型コロナウイルスのパンデミックによりF1は未知の領域へと突入し、これまでにない困難に直面している。しかしこの事態の中でも、歓迎される事もあると、アルファタウリ代表は考えている。

レッドブル重鎮、ドライバー育成に絶対の自信。唯一逃した才能はルクレール?

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、レッドブルと契約している者以外では、シャルル・ルクレールの才能を最も高く評価している。

レッドブル、ガスリーへの期待は変わらず「彼にとって新たなチャンスの始まり」

レッドブルのアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーはF1で成功するために必要なものを持っていると話した。

レッドブル、もう人材は十分?「これ以上、”元育成”をF1に呼び戻さない」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、かつての育成ドライバーをF1に呼び戻すことは今後考えないだろうと語った。

「もはや言い訳はできない」レッドブル重鎮、ホンダの改善に“プレッシャー”感じる

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ホンダのパワーユニットがパワーを大きく増したことで、チームは2020年開幕から良いシャシーを用意するプレッシャーがあると述べた。

レッドブル、サインツJr.の離脱に後悔なし「彼は”フェルスタッペン”じゃない」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、カルロス・サインツJr.がレッドブルを離れたことに後悔はないと語った。

F2での1年目からトップ4を希望……レッドブル、角田裕毅にかける期待

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、今季カーリンからFIA F2に参戦することになった角田裕毅について、1年目からトップ4フィニッシュし、F1参戦要件を満たすことを期待していると語った。

マクラーレン、空力部門再編。責任者はすでにチーム離脱も、後任は不明

マクラーレンF1チームは、空力部門の再編に着手しているようだ。motorsport.comの取材によれば、空力部門の責任者であるギョーム・カテラニはすでにチームを離れたようだ。

レッドブル重鎮ヘルムート・マルコ、2020年の角田裕毅に大きな期待

レッドブルのレーシングアドバイザーであるヘルムート・マルコは、今季FIA F3に参戦した角田裕毅について、F1ドライバーになれるポテンシャルがあると信じている。

メルセデス、2021年以降もF1参戦濃厚。“長期的な”参加を目指す?

メルセデスF1チームの代表であるトト・ウルフは、2021年以降のF1に参加する確約は無いが、様々な兆候が参戦継続を示していると話した。

レッドブル重鎮、ホンダへの信頼揺るがず「来季に向けての自信を与えてくれる」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年に向けて楽観的でいられる一因にホンダ製パワーユニットの進歩があると語った。

フェルスタッペンの相棒は誰? レッドブル首脳は“急がず”もアルボンに高評価

レッドブルのヘルムート・マルコ博士は、来季のフェルスタッペンのチームメイトにについてメキシコGP後に決定すると語っていたが、開催順を勘違いしていたと認めた。また今はその決定を急いでいないようだ。