執筆者

Christian Nimmervoll

Latest articles by Christian Nimmervoll

グリッド
リスト

レッドブル、2023年のサードドライバーとしてダニエル・リカルド起用へ。重鎮が公言

ヘルムート・マルコによると、ダニエル・リカルドが2023年のF1サードドライバーとしてレッドブルに加入することが決まったという。

ミック・シューマッハー、メルセデス入りの可能性? ウルフ代表はリザーブ起用のオプション否定せず

ミック・シューマッハーは2022年限りでF1のレースシートを失うと見られているが、メルセデスはその場合にリザーブドライバー役を彼と話し合う可能性があるという。

レッドブル、総帥マテシッツ亡き後の経営体制を決定「F1業務に変わりなし。志を同じくする誰か連携できるのを楽しみに」

レッドブルは、共同創設者のひとりであるディートリッヒ・マテシッツが亡くなった後のグループの経営体制を決定。3人の責任者が業務を分担する形になるという。

セバスチャン・ベッテル、フェラーリ離脱決定後、レッドブル復帰の可能性が”現実味”を帯びたことはなかった「自分の決断には満足している」

セバスチャン・ベッテルは、2020年限りでフェラーリを離れることが決まった後、古巣であるレッドブルと話し合いを持ったことは認めつつも、同チームに戻る可能性は非常に低かったと語った。

レッドブル、コルトン・ハータをアルファタウリに起用するための”努力”を断念「彼の存在の価値を人々が理解していないのは残念」

レッドブルは、コルトン・ハータを来季のアルファタウリのドライバーとして起用するための努力を断念したようだ。

レッドブル、ガスリーのアルピーヌ移籍は阻止せず。「ただ今は、”条件”が満たされていない」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル側の条件が満たされる限り、ピエール・ガスリーのアルピーヌ移籍を邪魔することはないと語った。

F1参戦のアウディ、早ければ2023年初めにもザウバー買収へ?

F1参戦を発表したアウディだが、情報筋によると早ければ2023年初めの段階で提携が噂されるザウバーの株式を購入する可能性があるようだ。

アウディのF1参戦計画の詳細が明らかに。正式発表は間近か

これまで2026年からのF1新規参戦が噂されてきたアウディ。その参戦計画が徐々に明らかとなってきた。

フェラーリはチームオーダーを発動するのか? 騒がしい外野をよそにチームは冷静か

フェラーリは、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.の間でチームオーダーを出すことは、フェラーリ内部よりも外野で議論されていると語った。

レッドブル重鎮ヘルムート・マルコ、ホンダのサポート継続を喜ぶ「状況が変わったことを、神に感謝する」

ホンダ(HRC)からのサポートが2025年まで延長されたことについて、レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、「神に感謝している」と語った。

未だ発表されないレッドブルとポルシェの提携。発表が遅れている背景には一体何があるのか?

レッドブルとポルシェが2026年からパートナーシップをスタートさせることは、もはや既定路線だと言われている。しかし未だ正式発表には至っていない。その理由は一体何なのだろうか?

ポルシェのF1参戦計画が見えてきた。レッドブルのF1事業を50%買収へ……公式発表日も明らかに

長い間ポルシェはレッドブルとタッグを組みF1へ参戦すると言われてきたが、その計画の詳細が初めて法的文書にて示された。

好調のシューマッハー、背景にチームの信頼あり「F1の仕組みを知るのには時間がかかる」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、ミック・シューマッハーの調子が上がってきたのは、外部からの”不安”をチームが排除したおかげだと考えているようだ。

サインツJr.のマシン炎上、消火作業は遅かった?早かった? マーシャル側「適切な対応だった」

F1オーストリアGPで発生したカルロス・サインツJr.のマシン炎上に対して、消火作業が遅いと彼は批判していたが、消火にあたったマーシャル側は全ての手順が正しく行なわれていたと反論している。

ポルシェのF1参入は今週末も発表されず……障壁となっているのは一体何なのか?

レッドブルと組んで、2026年からF1に参入すると見られているポルシェ。しかし、まだ発表がなされていない。なぜ発表が遅れているのだろうか?

ここ3年で5戦3勝……ホンダ製の”特別なターボチャージャー”が、オーストリアでのレッドブルF1の強さの鍵

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、ホンダ製の”特別なターボチャージャー”が、標高が高いレッドブルリンクで強さを発揮することができる理由のひとつだと語った。

レッドブル、角田裕毅の”感情コントロール”のため心理学者を手配「怒りがパフォーマンスに影響している」

レッドブルのアドバイザーであるヘルムート・マルコは、角田裕毅の激しい怒りをコントロールするために、心理学者を雇ったことを明かした。

次世代PUのレギュレーション決定、延期の可能性? メルセデス代表「あまり長引かないことを願う」

次世代PU規則の最終決定が今夏以降まで遅れる可能性がある中で、メルセデスのトト・ウルフ代表は早期確定を望んでいると語った。

レッドブル「彼らのポテンシャルは危険」とまだまだメルセデスへの警戒解かず

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、現在はランキング3番手に留まっているメルセデスF1について、2022年シーズンの驚異となるポテンシャルを依然として秘めているはずだと語った。

レッドブル昇格の可能性消えたガスリー、それでも残留がベスト? 「それ以上の代替案は無い」と幹部

レッドブルがセルジオ・ペレスと契約延長したことにより、ピエール・ガスリーの2023年以降の去就に注目が集まっているが、レッドブル重鎮のヘルムート・マルコはアルファタウリ残留よりも良い選択肢は存在しないと考えている。

レッドブル、”コピー疑惑”のアストンマーチンに知的財産が流出?「データがダウンロードされた証拠がある」

FIAはアストンマーチンがF1スペインGPで投入したBスペックマシンは合法であると認めたものの、模倣されたレッドブルとしては知的財産の移転は「重大な懸念だ」とコメントしている。

レッドブルF1、開発予算の大半を既に使い果たした? チームは噂を完全否定

レッドブルは、今季最大のライバルであるフェラーリを打ち負かすべく、すでに年間予算の大半を使い果たしたのではないかという噂を完全否定する。

メルセデスF1、人材流出によるチームの低迷を否定「後任の若手はしっかり育っている」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、現在のチームの苦境は優秀な人材の“頭脳流出”によるものではないと考えている。

これがラストチャンス。VWグループCEO、ポルシェ&アウディが「F1参戦を決めるのは今」

ポルシェとアウディブランドでのF1参戦を計画しているフォルクスワーゲングループ。新パワーユニット規定に移行する2026年がグリッドに加わるラストチャンスだと考えている。

イモラで角田裕毅が好走も、アルファタウリ代表は”二歩遅れ”の現状に危機感

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、難しいシーズン序盤を過ごしたチームが、中団争いのライバルたちから”二歩遅れている”と考えているようだ。

メルセデスF1のウルフ代表、”勝ち逃げ”は考えず……大苦戦から立ち直るのを「楽しんでいる」

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、現在苦しんでいるチームの立て直しに集中しているため、現在のポジションを退くことは考えていないと語った。

ベッテル、F1引退説を否定せず……その判断はアストンマーチンの“進歩”次第と示唆「旅の終わりはいつか来るもの」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、今シーズンのチームの進歩次第で来年以降F1に留まるかを決めるとして、巷で噂されているF1引退説を否定しなかった。

F1参戦計画のアウディ&ポルシェ、取締役会で検討も最終”ゴーサイン”はまだ……2026年新PU規則決定待ち

フォルクスワーゲングループは、アウディとポルシェのF1参戦に関しては参入の可能性を認めつつ、2026年以降のレギュレーション発表を待ちたいと明かした。

レッドブル、ルクレールに負け続きのサインツJr.にエール!? 「ウチにとって不利要素」とヘルムート・マルコ

レッドブルのヘルムート・マルコは、フェラーリのカルロス・サインツJr.がシャルル・ルクレールに対して後れをとっていることが、レッドブルには不利に働いていると話した。

レッドブル、メルセデスへの警戒緩めず。「彼らの時代は終わっていない」と挽回を予想

レッドブルは、シーズン序盤苦戦しているメルセデスがすぐに挽回し、チャンピオン争いの一角を担うはずだと、警戒を解いていない。

レッドブルに必要なのは”ダイエット”!「軽量化をしなければ、上位をキープするのは難しい」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、レッドブルが今シーズン上位で戦い続けるためには、マシンを軽量化する必要があるという。

ガスリーにレッドブル復帰の光差す。重鎮マルコ「来年昇格させなければ、彼を失うことになる」

レッドブルのヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーにレッドブル復帰のチャンスを与えられなかった場合、アルファタウリとの契約終了時点でガスリーが他チームへ移籍する可能性が高いと語った。

犯人探しはやめやめ! 苦戦するメルセデス「特定のエリアを責めないことが、今は重要」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、苦しいレースの続いている現状の中でもマシンのある特定のエリアが”悪い”と指摘することはなく、どうやって改善できるかに集中することが大事だと考えている。

レッドブルF1とポルシェのパートナーシップ、交渉が最終段階に。早ければ3月にも契約発表か?

motorsport.comの取材によれば、レッドブルとポルシェは、2026年以降のパートナーシップ締結に向けた交渉の最終段階にあることが分かった。早ければ3月にも、交渉がまとまる可能性がある。

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表、チームとの契約を2026年まで延長へ。重鎮マルコが明かす

クリスチャン・ホーナーは、少なくとも2026年までレッドブルF1チームの代表を務める契約に合意したようだ。

レッドブル、F1新王者フェルスタッペンと早期契約延長を目指す。次期契約は10年??

レッドブルは2021年に新F1王者となったマックス・フェルスタッペンとの契約を、早期に延長することを目指すようだ。

マクラーレン、アウディによるF1参入目指した”買収”報道を否定

マクラーレンは、アウディによるF1参戦を目指した買収が決まったという報道を強く否定した。

Netflix、レース中継のため“F1買収”も検討? ドキュメンタリーでは既に成功収める

NetflixはF1中継のコントロールを得るために、可能であれば買収も検討することを示唆した。

PPハミルトン、Q3終盤の“駆け引き”を否定「僕が速く走っても結局ボッタスに詰まったでしょ?」

ルイス・ハミルトンは、F1ハンガリーGP予選の終盤にレッドブルのマシンをわざと抑えたのではないかという指摘は「とても愚か」であり、駆け引きのようなことはしていないと主張した。

今やアルファタウリのリーダーに。ガスリーは「もうレッドブル時代のような走りはしないはず」とマルコ博士

ヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーが「変わった」と考えており、レッドブル時代のようなパフォーマンスを見せることはないだろうと語った。

「角田裕毅は将来の勝者……今も100%信じている」レッドブルのマルコ博士語る

今季アルファタウリ・ホンダからF1デビューを果たした角田裕毅。なかなか成績が安定しない状況が続いているが、レッドブルのドライバー人事に大きな影響を持つヘルムート・マルコ博士は、今もその才能を信じて疑っていない。

レッドブル、メルセデスがジョージ・ラッセルを手放せば「獲得を検討する価値がある」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルがメルセデスに加入しなかった場合、獲得することを「検討する価値がある」と語る。

ベッテル、新たなレベルに……F1での”満足度”は「勝てるかどうか」だけではない?

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、常に勝ちを狙える位置にはないものの、F1を戦う上でのモチベーションを失ってはいないと語った。

ボッタスの“やる気スイッチ”はPCのデスクトップにあり?「ネガティブな写真を設定している」

バルテリ・ボッタスはメルセデスのトト・ウルフ代表の勧めによって、パソコンのデスクトップ画像に“ネガティブな写真”を設定し、それをモチベーションに変えようとしているようだ。

レッドブルF1、ペレスとの契約延長検討は”夏休み”以降「今は来年のドライバーを考えていない」

レッドブルは、今季からチームに加入したセルジオ・ペレスについて、契約延長に関する話し合いは夏以降になるという。

角田裕毅、拠点をイギリスからイタリアに変更へ。マルコ博士「正しい軌道に乗せなければ」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士は、角田裕毅をイギリス滞在からイタリア滞在に変更することを明かした。そして、まだまだ角田には「可能性がある」とも語った。

レッドブルF1、”リヤウイング”抗議の可能性をちらつかせるメルセデスを牽制「フロントウイングも見るべき」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、メルセデスがアゼルバイジャンGPで”フレキシブル・リヤウイング”への抗議も辞さないとしていることを受け、フロントウイングにも注意を向けるべきだと語った。

ニコ・ロズベルグ、F1復帰の可能性を完全に否定「ギャラは僕のモチベーションにならない」

ルイス・ハミルトンとのチームメイト同士の激戦を制し、2016年のF1ワールドチャンピオンに輝いたニコ・ロズベルグは、F1現役復帰の可能性を完全否定。巨額のギャラを提示されても、それが心を揺さぶるようなことにはならないと語った。

モナコ初勝利で、また一皮むけた? レッドブル重鎮、フェルスタッペンは「一段成熟度が上がった」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、F1モナコGPで圧倒的な強さを見せたマックス・フェルスタッペンについて、ドライバーとして更に成熟レベルが上がったと語った。

FIA、モナコGP予選でのルクレールのクラッシュを受け、”予選タイム抹消ルール”導入も視野

FIAは、F1第5戦モナコGPの予選Q3でトップタイムをマークしながらもクラッシュしたフェラーリのシャルル・ルクレールの件を踏まえ、予選で赤旗の原因となったドライバーのタイムを抹消するインディカー式のルール導入を検討しているようだ。

リヤウイングの耐荷重テスト厳格化も、渦中のレッドブルは強気「F1タイトル争いに影響ない」

レッドブルは、FIAがリヤウイングへの規制を強化することがチームに悪影響を与えないと確信している。

メルセデスF1代表、レッドブルへのPUスタッフ流出に恐れなし「阻止に”マネーゲーム”は必要ない」

レッドブルが新設するF1パワーユニット(PU)部門に人材を集めているが、メルセデス代表のトト・ウルフはPUスタッフを囲い込む為に大金を支払う心配はしていないという。

2022年、F1新規則導入で勢力差は拡大する? メルセデス代表「我々がトップにいるとは限らないが……」

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、2022年に新しいテクニカルレギュレーションが導入され、マシンが一新されると、チーム間の差が広がることになるのは間違いないと語る。

レッドブルF1、メルセデスとの接戦が続けば、2022年マシン開発に移行する時期が遅れる?

レッドブルのヘルムート・マルコは、タイトル争いが大接戦となった場合、レッドブルとメルセデスは、なかなか来季用マシンにリソースを振り分けることができないような状態に陥ることを恐れている。

ボッタス、2018年ロシアGPの屈辱的なチームオーダーで「F1引退も考えた」と明かす

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、2018年のロシアGPでチームから優勝を譲るよう命じられたチームオーダーで、F1を引退することを考えたという。

トラックリミットの“ブレブレ”裁定はもううんざり? レッドブル重鎮「壁を設置して終わりにしよう」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、開幕戦バーレーンGPで起きたトラックリミットをめぐる論争について、「壁を設置すべきだ」と曖昧な裁定への皮肉を口にしている。

レッドブル重鎮、フェルスタッペンの走りを称賛も「ハミルトンに譲らなければ良かった」発言には賛同せず

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンがF1開幕戦で「自分たちだけのクラスにいた」と称賛した。その一方で、フェルスタッペンが「ペナルティを受けてでもトップに留まった方が良かった」と発言したことに関しては同意していないようだ。

F1ドライバーには”優れた洞察力”も必要! ハミルトンは名スパイ?「ケーブルの細かい違いに気づいた」

ライバルチームの動向に目を光らせるのも、F1を形作るひとつの要素であり、ドライバーによるフィードバックも重要になってくる。

ベッテルは今年1年、F1を離れ休養するべきだった? レッドブルの重鎮マルコが語る

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルはアストンマーチンに加入するのではなく、2021年の1年間F1を休むべきだったと考えている。

F1開幕戦2位のフェルスタッペン、デフのトラブルで1周0.3秒をロスしていた?

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザー、ヘルムート・マルコによると、マックス・フェルスタッペンはF1バーレーンGPでデファレンシャルに問題が起きており、1周あたり0.3秒という「明らかなハンディキャップ」を背負っていたという。