執筆者

Christian Nimmervoll

Latest articles by Christian Nimmervoll

グリッド
リスト

Netflix、レース中継のため“F1買収”も検討? ドキュメンタリーでは既に成功収める

NetflixはF1中継のコントロールを得るために、可能であれば買収も検討することを示唆した。

PPハミルトン、Q3終盤の“駆け引き”を否定「僕が速く走っても結局ボッタスに詰まったでしょ?」

ルイス・ハミルトンは、F1ハンガリーGP予選の終盤にレッドブルのマシンをわざと抑えたのではないかという指摘は「とても愚か」であり、駆け引きのようなことはしていないと主張した。

今やアルファタウリのリーダーに。ガスリーは「もうレッドブル時代のような走りはしないはず」とマルコ博士

ヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーが「変わった」と考えており、レッドブル時代のようなパフォーマンスを見せることはないだろうと語った。

「角田裕毅は将来の勝者……今も100%信じている」レッドブルのマルコ博士語る

今季アルファタウリ・ホンダからF1デビューを果たした角田裕毅。なかなか成績が安定しない状況が続いているが、レッドブルのドライバー人事に大きな影響を持つヘルムート・マルコ博士は、今もその才能を信じて疑っていない。

レッドブル、メルセデスがジョージ・ラッセルを手放せば「獲得を検討する価値がある」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルがメルセデスに加入しなかった場合、獲得することを「検討する価値がある」と語る。

ベッテル、新たなレベルに……F1での”満足度”は「勝てるかどうか」だけではない?

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、常に勝ちを狙える位置にはないものの、F1を戦う上でのモチベーションを失ってはいないと語った。

ボッタスの“やる気スイッチ”はPCのデスクトップにあり?「ネガティブな写真を設定している」

バルテリ・ボッタスはメルセデスのトト・ウルフ代表の勧めによって、パソコンのデスクトップ画像に“ネガティブな写真”を設定し、それをモチベーションに変えようとしているようだ。

レッドブルF1、ペレスとの契約延長検討は”夏休み”以降「今は来年のドライバーを考えていない」

レッドブルは、今季からチームに加入したセルジオ・ペレスについて、契約延長に関する話し合いは夏以降になるという。

角田裕毅、拠点をイギリスからイタリアに変更へ。マルコ博士「正しい軌道に乗せなければ」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士は、角田裕毅をイギリス滞在からイタリア滞在に変更することを明かした。そして、まだまだ角田には「可能性がある」とも語った。

レッドブルF1、”リヤウイング”抗議の可能性をちらつかせるメルセデスを牽制「フロントウイングも見るべき」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、メルセデスがアゼルバイジャンGPで”フレキシブル・リヤウイング”への抗議も辞さないとしていることを受け、フロントウイングにも注意を向けるべきだと語った。

ニコ・ロズベルグ、F1復帰の可能性を完全に否定「ギャラは僕のモチベーションにならない」

ルイス・ハミルトンとのチームメイト同士の激戦を制し、2016年のF1ワールドチャンピオンに輝いたニコ・ロズベルグは、F1現役復帰の可能性を完全否定。巨額のギャラを提示されても、それが心を揺さぶるようなことにはならないと語った。

モナコ初勝利で、また一皮むけた? レッドブル重鎮、フェルスタッペンは「一段成熟度が上がった」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、F1モナコGPで圧倒的な強さを見せたマックス・フェルスタッペンについて、ドライバーとして更に成熟レベルが上がったと語った。

FIA、モナコGP予選でのルクレールのクラッシュを受け、”予選タイム抹消ルール”導入も視野

FIAは、F1第5戦モナコGPの予選Q3でトップタイムをマークしながらもクラッシュしたフェラーリのシャルル・ルクレールの件を踏まえ、予選で赤旗の原因となったドライバーのタイムを抹消するインディカー式のルール導入を検討しているようだ。

リヤウイングの耐荷重テスト厳格化も、渦中のレッドブルは強気「F1タイトル争いに影響ない」

レッドブルは、FIAがリヤウイングへの規制を強化することがチームに悪影響を与えないと確信している。

メルセデスF1代表、レッドブルへのPUスタッフ流出に恐れなし「阻止に”マネーゲーム”は必要ない」

レッドブルが新設するF1パワーユニット(PU)部門に人材を集めているが、メルセデス代表のトト・ウルフはPUスタッフを囲い込む為に大金を支払う心配はしていないという。

2022年、F1新規則導入で勢力差は拡大する? メルセデス代表「我々がトップにいるとは限らないが……」

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、2022年に新しいテクニカルレギュレーションが導入され、マシンが一新されると、チーム間の差が広がることになるのは間違いないと語る。

レッドブルF1、メルセデスとの接戦が続けば、2022年マシン開発に移行する時期が遅れる?

レッドブルのヘルムート・マルコは、タイトル争いが大接戦となった場合、レッドブルとメルセデスは、なかなか来季用マシンにリソースを振り分けることができないような状態に陥ることを恐れている。

ボッタス、2018年ロシアGPの屈辱的なチームオーダーで「F1引退も考えた」と明かす

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、2018年のロシアGPでチームから優勝を譲るよう命じられたチームオーダーで、F1を引退することを考えたという。

トラックリミットの“ブレブレ”裁定はもううんざり? レッドブル重鎮「壁を設置して終わりにしよう」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、開幕戦バーレーンGPで起きたトラックリミットをめぐる論争について、「壁を設置すべきだ」と曖昧な裁定への皮肉を口にしている。

レッドブル重鎮、フェルスタッペンの走りを称賛も「ハミルトンに譲らなければ良かった」発言には賛同せず

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンがF1開幕戦で「自分たちだけのクラスにいた」と称賛した。その一方で、フェルスタッペンが「ペナルティを受けてでもトップに留まった方が良かった」と発言したことに関しては同意していないようだ。

F1ドライバーには”優れた洞察力”も必要! ハミルトンは名スパイ?「ケーブルの細かい違いに気づいた」

ライバルチームの動向に目を光らせるのも、F1を形作るひとつの要素であり、ドライバーによるフィードバックも重要になってくる。

ベッテルは今年1年、F1を離れ休養するべきだった? レッドブルの重鎮マルコが語る

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルはアストンマーチンに加入するのではなく、2021年の1年間F1を休むべきだったと考えている。

F1開幕戦2位のフェルスタッペン、デフのトラブルで1周0.3秒をロスしていた?

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザー、ヘルムート・マルコによると、マックス・フェルスタッペンはF1バーレーンGPでデファレンシャルに問題が起きており、1周あたり0.3秒という「明らかなハンディキャップ」を背負っていたという。

レッドブルF1のマルコ博士、ホンダPUの信頼性に「不安なし」。一方で来季向けマシン開発には懸念?

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士は、今季のホンダ製パワーユニットの信頼性について不安はないと語った。

レッドブル、角田裕毅の昇格は急がず「ダイヤの原石であるユウキを”燃え尽き”させるつもりはない」

レッドブルは、アルファタウリからF1デビューした角田裕毅を早急にレッドブルに昇格させ、”火傷”させるようなことはしないと主張している。

ハースF1代表、ミック・シューマッハーのファンに警告?「今年、良い成績は期待できない」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、今季F1にデビューするミック・シューマッハーが良い成績を残すことを期待しないよう、ファンに警告した。

NetflixのF1番組、第3シーズン配信開始。ハース代表「ドラマチックにするのは彼らの仕事」

ハースF1代表のギュンター・シュタイナーは、Netflixの配信するF1ドキュメンタリー番組における表現が誇張されていても問題はないと語った。

レッドブル・ホンダ「チーム史上最高のテスト」と自賛。しかし最有力はメルセデスと警戒を怠らず

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、今季のプレシーズンテストはチーム発足以来最高だと考えているが、同時にメルセデスは「何かを隠し持っているはず」と警戒を怠らない。

”スーパーサブ”ヒュルケンベルグ、今季はメルセデスとアストンマーチンの代役候補に?

ニコ・ニュルケンベルグは、今季F1のレギュラーシートこそ手にしていないものの、メルセデスとアストンマーチンの両方でリザーブドライバーを務める可能性があるようだ。

今季もF1で“ピンクカラー”が見られる? BWTがハース、ウイリアムズと交渉か

オーストリアの水処理会社であるBWTはハースやウイリアムズと協議していると噂されており、2021年シーズンのF1でも印象的なピンクのカラーリングが見られる可能性があるようだ。

レッドブル重鎮、F1デビューの角田に高い評価「学習のスピードが速い」

レッドブルのドライバー選定を取り仕切るヘルムート・マルコは、2021年にF1デビューを果たす角田裕毅について、「学習スピードが速い」と高い評価を下した。

ベッテル”転落”の原因は18年ドイツ? レッドブル重鎮「フェラーリとの関係悪化のきっかけ」

レッドブルのヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがフェラーリで望んでいたことを実現できなかったのは、2018年ドイツGPでのクラッシュが原因だったと語った。

ラッセルは“レーダー”に掛かっていなかった…レッドブル重鎮、アルボン後任巡る人事に言及

レッドブルのヘルムート・マルコは、アレクサンダー・アルボンの後任ドライバー選定に向け、現ウイリアムズのジョージ・ラッセルは「レーダーに掛かっていなかった」と語った。

”ペレス起用決定”発表時の写真は時系列が合わない? レッドブルが撮影の経緯を説明

レッドブルは、セルジオ・ペレスとの2021年の契約が発表された際に使われた写真が、その遥か前に撮影されていた経緯を説明した。

レッドブル、メルセデスPUをよく知るペレスに期待「”役割”を果たしてくれることを願う」

レッドブルは、セルジオ・ペレスのメルセデスPUに関する豊富な経験も、2021年のドライバー起用を決めた重要な要因のひとつだったと明かした。

レッドブル、次期レギュレーション下でも自社製エンジン開発を視野に?

レッドブルは、次期のパワーユニット規則が安価に開発できるモノになれば、自社でF1エンジンを作り上げることができると考えている。

レッドブル、コロナ禍でアルボンを”貸し出す”可能性認める「彼はまだ終わったわけじゃない」

レッドブルは、2021年シーズンに他のチームのドライバーが欠場を余儀なくされた場合、アレクサンダー・アルボンを貸し出す可能性があるとしている。

ハミルトンはアブダビGPに出られる? メルセデス代表「正しい方向に進んでいる」

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウルフは、新型コロナウイルスの感染したことでサクヒールGPを欠場したルイス・ハミルトンがアブダビGPで復帰することを目指しているというが、かなり悪い状況にあることも明かした。

グロージャン、アブダビGP欠場なら”F1さよなら”テストを希望。メルセデスが実施に名乗り

ロマン・グロージャンが最終戦アブダビGPに出られなかった場合、メルセデスは彼のためにプライベートテストを行なうことに前向きな姿勢を示した。

レッドブル加入のチャンスは「今はすごく落ち着いている」……ヒュルケンベルグの将来は?

F1レギュラー参戦復帰を狙うニコ・ヒュルケンベルグは、レッドブルに加入する可能性について、現在は議論が「非常に、非常に静かになっている」と語った。

ガスリー、アルファタウリ残留には前向きも、レッドブルの候補に挙がらず「驚いた」

アルファタウリのピエール・ガスリーは、来季のレッドブルのドライバーとして検討されていなかったことに“驚いた”と語ったが、その一方で“がっかりはしていない”と主張した。

レッドブル、ヒュルケンベルグが2021年の選択肢に? アイフェルGPでは代役も検討

レッドブルのヘルムート・マルコは2021年のドライバー候補として、ニコ・ヒュルケンベルグが選択肢となりえると語った。

ラルフ・シューマッハーも”ホンダF1参戦終了”にがっかり「驚くべきことだった」

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハーが、ホンダのF1活動終了発表に際してコメント。「レッドブルという素晴らしいパートナーがいるのに」と落胆した。

PU出力モード制限は、ホンダとメルセデスの差を縮めることになる?

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、チームのパートナーであるホンダは、”パーティモード”が禁止されることからメリットを享受できると考えている。

アルボンは”結果”より頑張っている? レッドブル重鎮マルコ示唆

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、今季苦戦が続くアレクサンダー・アルボンについて、結果が示すよりも優れた仕事をしていると語る。

角田は来季F1参戦の準備が整うはず……レッドブル重鎮マルコ、太鼓判

今季FIA F2で活躍する角田裕毅について、レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、このままの活躍を続けていけば、来季にはF1昇格の準備が整うはずだと語った。

“ハイレーキコンセプト”は時代遅れなのか? レッドブルはニューウェイ設計を信頼

レッドブルF1はいくつかのライバルチームがハイレーキコンセプトは限界に達したという見解を示しているにも関わらず、依然として正しい道であると考えている。

ヒュルケンベルグ、代役として輝き見せるも、来季はレギュラーシート以外興味なし?

レーシングポイントで印象的なF1カムバックを果たしたニコ・ヒュルケンベルグだが、来季以降F1でリザーブドライバーを務めることには関心がないようだ。

ハミルトン、マルコの反人種差別運動を軽視する発言に激怒も、後に偽情報と発覚し和解

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンが偽の情報によって自身を批判したことについて理解を示しており、この問題が解決したことを明かした。

DTM、”存続の危機”に直面。グロック「生き残るチャンスは日に日に減っている」

ティモ・グロックは、アストンマーチンとアウディが撤退した後、2020年以降にDTMが生き残る可能性は減りつつあると話した。

カルロス・サインツJr.、2021年からフェラーリへ? 早ければ今週中にも発表

セバスチャン・ベッテルがフェラーリを離れることになったことで、その後任としてカルロス・サインツJr.が加入することになったようだ。早ければ今週後半にも、正式に発表されるものとみられている。

セバスチャン・ベッテル、今季限りでフェラーリ離脱へ? ドイツで報道

セバスチャン・ベッテルとフェラーリが、今季限りで契約を延長しないことを決めたようだ。ドイツ国内の複数のメディアが報じている。

ホッケンハイム、無観客レース開催に名乗り? F1側との協議をスタート

ホッケンハイムは、2020年にグランプリを開催する可能性を巡り、F1側と交渉の初期段階にあることを認めた。

「1戦逃すと“2億円”の損失」アルファタウリ代表、F1再開遅れは危機的状況招くと警鐘

アルファタウリF1代表のフランツ・トストは、グランプリが1戦開催されないごとに、チームは200万ユーロ(約2億3000万円)の損失を負うことになると計算している。

F1オーストリアGPがシーズン開幕戦に? レッドブルが開催に向け準備進める

F1オーストリアGPの準備を進めるレッドブルのヘルムート・マルコは、十分な対策をした上でグランプリを実施できると考えている。

選手をコロナに感染させれば免疫がつく? レッドブル重鎮マルコが描いていた大胆構想

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコには、レッドブル系ドライバーによる“コロナキャンプ”を作り、彼らを意図的に新型コロナウイルスに感染させて免疫をつけさせる、という構想があったようだ。

“コロナ騒動”収まらぬF1、未曾有の事態にも“プラス要素”は存在する?

新型コロナウイルスのパンデミックによりF1は未知の領域へと突入し、これまでにない困難に直面している。しかしこの事態の中でも、歓迎される事もあると、アルファタウリ代表は考えている。

レッドブル重鎮、ドライバー育成に絶対の自信。唯一逃した才能はルクレール?

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、レッドブルと契約している者以外では、シャルル・ルクレールの才能を最も高く評価している。

レッドブル、ガスリーへの期待は変わらず「彼にとって新たなチャンスの始まり」

レッドブルのアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーはF1で成功するために必要なものを持っていると話した。

レッドブル、もう人材は十分?「これ以上、”元育成”をF1に呼び戻さない」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、かつての育成ドライバーをF1に呼び戻すことは今後考えないだろうと語った。