F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベントは終了しました
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
9 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
37 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
44 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
58 days
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
72 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
79 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
93 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
100 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
114 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
128 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
156 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
163 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
177 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
184 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
198 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
212 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
219 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
233 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
247 days

彼らは間違っていた……ベルガー、フェラーリの序盤戦でのチームオーダーを批判

シェア
コメント
彼らは間違っていた……ベルガー、フェラーリの序盤戦でのチームオーダーを批判
執筆:
2019/04/19 3:35

元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、フェラーリがシーズン序盤にセバスチャン・ベッテルを優先するという方針は“間違っていた”と考えている。

 フェラーリのチーム代表、マッティア・ビノットはシーズン開幕前に、“50/50”の状況が生まれた場合には、新加入のシャルル・ルクレールよりもセバスチャン・ベッテルを優先するという方針を明らかにしていた。それはチームが、4度のワールドチャンピオンに輝いたベッテルの方が現実的なタイトル候補であると感じていたからだ。

 そして迎えた第3戦中国GPでは、3番手のルクレールに対して、後ろを走るベッテルを先行させるよう指示が飛んだ。順位を譲ったルクレールは最終的にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)にもピット戦略で逆転を許し、5位でフィニッシュした。

 フェラーリのチームオーダーについて、元F1ドライバーであり、かつてフェラーリでも活躍したゲルハルト・ベルガーは次のように語った。

「私はセバスチャンのことを気に入っていて、高く評価しているが、そのチームメイトもワールドチャンピオンを勝ち獲る力のある青年だ」

「2枚のカードがあって、片方が経験豊富で、もう片方は経験がないからといって経験豊富なカードを選ぶというのは、理由として十分ではない。彼らは間違っていたと思う」

「この点は様々な見方で議論をしなければならない。シーズンのどの段階かにもよるからだ。昨年のイタリアで(マウリツィオ)アリバベーネが全てをオープンにさせると言ったとき、シーズンは既に最終局面に入っていて、チャンスがあるのはキミ(ライコネン=現アルファロメオ)ではなくセバスチャンであることは明らかだった」

「それがいつなのか、それは本当にその人にチャンピオンの可能性がないのか、それによって私の反応は違ってくる。少なくとも最初の数レースでファースト、セカンドと分けることには同意しかねる」

 さらにベルガーは、ベッテルが難しい局面にあることを認めた。

「現時点でセバスチャンは、間違いなく難しい役割を担っているだろう。すぐ後ろに迫っている若者がいながら、フェラーリにチャンピオンをもたらす必要がある。それは同時にルイス・ハミルトンを倒すということでもあり、おそらくそれが一番の悩みの種だ」

 続けてベルガーは、たとえチームにとって困難な状況になったとしても、フェラーリはルクレールを2019年に起用するべきだったと語った。

「ウイリアムズにしろフェラーリにしろ、常にふたりのベストなドライバーを起用している。かつてはロン(デニス=マクラーレン)もそうだった」

「ルクレールにはフェラーリ昇格のチャンスがあって、その才能は明らかだった。チームは正しいタイミングで正しい決断をした」

 ベルガーはルクレールを次のように評した。

「彼はスタイルこそ違えど、マックスと同じくらい突出した青年だ」

「あと、これほどまでに強いと予想していなかったのはランド・ノリス(マクラーレン)だ。若く才能ある人たちが現れるのをたくさん見られるのは素晴らしいことだ」

次の記事
もっと良い結果狙えるはず! ライコネン、”トラブルフリー”の週末望む

前の記事

もっと良い結果狙えるはず! ライコネン、”トラブルフリー”の週末望む

次の記事

中国大クラッシュの後では、チーム代表は楽しめないかも……トロロッソのアルボン、アゼルバイジャンに意気込み

中国大クラッシュの後では、チーム代表は楽しめないかも……トロロッソのアルボン、アゼルバイジャンに意気込み
コメントを読み込む