ハミルトン、最後尾から5番手まで挽回「裁定にはショックを受けたけど、自分の仕事に集中した」

ルイス・ハミルトンは、F1サンパウロGPの予選で失格になったことについて「ショックだった」と語ったが、スプリントレースでは見事な挽回を果たした。

ハミルトン、最後尾から5番手まで挽回「裁定にはショックを受けたけど、自分の仕事に集中した」

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1第18戦サンパウロGPの金曜予選でトップタイムをマークしたが、DRSの技術規則違反が見つかり、最後尾からスプリント予選レースをスタートすることになってしまった。

 ハミルトンは最終周にも執念のオーバーテイクを見せるなど、5番手まで挽回。パワーユニット(PU)のICE(内燃エンジン)の交換により5グリッド降格ペナルティが科されているため、決勝は10番グリッドからスタートすることになる。

Read Also:

 ハミルトンは、最後尾からのスタートとなったことを受け入れるのは難しかったと認めた上で、気持ちをリセットし、決勝に向けてグリッドを改善することに集中できたという。

「間違いなくタフだった」と、ハミルトンはSky F1に語った。

「チームがスチュワードに対応している間、僕はエンジニアとの仕事に集中し、メカニックたちの士気を高め、目の前の仕事に集中して何も考えないようにしていた」

「もちろんそれは、審議の結果を聞く直前までだった。裁定にはショックを受けたけど、それに引きずられることなく、落ち着いて前に進まなくてはいけない」

「だからすぐにリセットして、自分ができることをやることに集中して、全力を尽くしたんだ」

 スプリントレースでどれだけ順位を上げられるか分からなかったと認めた上で、リカバリーするためにステアリングに用意されたいくつもの”オプション”を使ったと説明した。

「正直なところ、何が可能なのか全く分からなかった」

「限界や上限は決めていなかった。スタート直前、グリッド最後尾にいた時やフォーメーションラップの時には、10番手くらいまで上がることは可能かもしれないと考えていた」

「そして、『よし、それが僕の目標だ、できるだけ上に行くようにしよう』と思っていたんだ」

「でも、はるかに早くポジションを上げていくことが出来た。今日は本当にいろいろなものを燃料として使った。でも、あきらめずにプッシュし続けなければいけない」

 
Read Also:

シェア
コメント
サンパウロGP予選失格のハミルトン。規定との差異は”僅か0.2mm”だけだった?
前の記事

サンパウロGP予選失格のハミルトン。規定との差異は”僅か0.2mm”だけだった?

次の記事

【F1特集】日曜日の朝からシグナルライトオフまで、グランプリの決勝日には何が起きている?

【F1特集】日曜日の朝からシグナルライトオフまで、グランプリの決勝日には何が起きている?
コメントを読み込む