F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
7 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
16 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
9 days
Jake Boxall-Legge
執筆者

Jake Boxall-Legge

Jake Boxall-Leggeの最新ニュース

グリッド
リスト

ウイリアムズ、新型フロントウイングのテスト実施。効果が出るのは来シーズン?

ウイリアムズは日本GPで新型のフロントウイングをテストを実施。2020年シーズンに向けたマシン開発を進めている。

メルセデス、日本GPに空力アップデートを投入。”打倒フェラーリ”を狙う?

メルセデスは、フェラーリに追いつくべく、日本GPにアップデートパーツを投入。サイドポンツーンに取り付けたターニングベインを微調整してきた。

ウイリアムズF1、日本GPで”実験用”新型フロントウイングをテスト

ウイリアムズF1は、来季マシンの開発に繋げるべく、実験用のフロントウイングを鈴鹿サーキットで開催される日本GPに持ち込む予定だ。

ヒュルケンベルグは今頃後悔しているかもしれない……サインツ、1周目の事故を説明

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、シンガポールGPの1周目に起きた接触は、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグの楽観的な動きが原因だったと考えている。

F1、2021年の”グランドエフェクト”マシンで風洞実験。動画も公開

F1は、2021年に導入されるレギュレーションに沿ったコンセプトカーの風洞実験を実施。その様子を撮影した動画を公開した。

レーシングポイント&リカルド撃破のラッセル「ポールラップのようだった」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1ハンガリーGPの予選で16番手となったが、この走りは”ポールラップ”のようだったと、ラッセルは自身で振り返る。

タイヤ戦略が正しければ“上位入賞”もあり得た? ラッセル、チームの戦略に不満げ

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、ドイツGPでのチームのタイヤ戦略が間違っていたと考えているようだ。

ボディワーク変更のレーシングポイント、後半戦は状況を好転させられるか?

レーシングポイントはマシンバランスの問題を解決するため、ドイツGPにアップグレードされたパッケージを持ち込んだ。

ウイリアムズ、ドイツGPでマシンアップデート。副代表、スタッフの努力に感謝

ウイリアムズの副チーム代表であるクレア・ウイリアムズは、ドイツGPに持ち込んだアップデートはスタッフの努力の賜物だと話した。

F1メカ解説|チームの本拠地から近いシルバーストンに、アップデート多数

多くのF1チームがその本拠地を置くイギリス。同じ国内で開催されるイギリスGPは、新パーツを持ち込みやすいグランプリとしても知られている。

F1メカ解説|フェラーリはいかにしてダウンフォースを得ようとしているか?

フェラーリは、連勝を続けるメルセデスの勢いを止めるべく、オーストリアGPにアップデートを投入。ノーズ下のターニングベインを変更してきた。

カナダで躍進したルノーF1、母国フランスにアップデートを持ち込む

ルノーF1チームは、競争の激しい中団グループから抜け出すため、フランスGPにアップデートパーツを持ち込んでいる。

フェラーリの新型フロントウイング。今後の”方向性”の見極めに重要?

フェラーリはフランスGPに、新型のフロントウイングを持ち込んだが、すぐさま効果を発揮することが期待されたモノではないようだ。

予選クラッシュのマグヌッセン、決勝はピットレーンスタートに

ケビン・マグヌッセンは、カナダGPの予選でクラッシュを喫した結果、決勝はピットレーンスタートを選択した。

F1メカ解説|最高速重視、しかし低速も存在……難解カナダへの解決策

パワーが重要視されるF1カナダGPの舞台となるサーキット・ジル・ビルヌーブ。各チームはこのサーキットに、ストレートスピード重視ながら、低速コーナーでダウンフォースを確保するためのリヤウイングを持ち込んできた。

ペレス、モナコでは“かなり苦しい”と予想。唯一の希望は雨?

セルジオ・ペレスは、レーシングポイントがモナコGPで苦戦すると予想しており、雨が降らなければ“かなり苦しい”と考えている。

F1メカ解説|レッドブル、モナコGPに開口部を排除したノーズを投入

レッドブルは、モナコGP仕様のマシンにアップデートを投入。ノーズ先端の開口部を排除してきた。

F1メカ解説|マクラーレンのスペインGP投入新ウイングはフェラーリ式?

マクラーレンはスペインGPにフロントウイングのアップデートを投入。フラップの外側部分が非常に低い、フェラーリ式のコンセプトを採用してきた。

MotoGPメカ解説|出揃った各メーカーの“スプーン”。その形状と役割

先週行われたヘレステストでは、全メーカーがドゥカティが最初に使用した“スプーン”同様の”スイングアームアタッチメント”を導入。各チームの異なるデザインをチェックする。

予選までは順調……スペインGPはタイヤに苦しむハースにとっての試金石

ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、今週末のスペインGPが、チームにとって大きな試金石の場になると信じている。

王座防衛へ開発の手は緩めない……最強メルセデス、スペインに空力アップデート投入

メルセデスは、スペインGPにアップデートを投入。改良版のディフレクターとリヤビューミラーを持ち込んだ。

2020年のF1はスタートがさらに難しく? クラッチパドルの制限が強化

FIAは、2020年に向けてF1マシンのクラッチに関して多くのレギュレーション変更を導入した。

フェラーリ、バクーにアップデート投入。”ストップ・ザ・メルセデス”の狼煙となるか?

フェラーリは、今季用マシンSF90のアップグレードを、アゼルバイジャンGPに投入することを明らかにした。

メルセデスF1の新型翼端板、FIAが違反と判断。チームはFP1前に修正を完了

メルセデスは中国GPにアップデート版のフロントウイングを持ち込んだ。しかしその翼端板エリアがFIAに違法と判断されたため、チームはFP1までに修正を加えなければならなくなった。