F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

”チームオーダー問題”は尾を引く? ルクレール「ベッテルへの信頼はまだある」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルをまだ完全に信頼しており、ロシアGP決勝レース中の論争の後も「お互いに信頼する必要がある」と語った。

”チームオーダー問題”は尾を引く? ルクレール「ベッテルへの信頼はまだある」

 F1ロシアGPの決勝レースをポールポジションからスタートしたのは、フェラーリのシャルル・ルクレールだった。しかし、好スタートを切ったのはチームメイトのセバスチャン・ベッテル。ベッテルは3番グリッドからのスタートだったにも関わらず、絶好の蹴り出しを見せ、ルクレールのスリップストリームも存分に使って、ターン2までに先頭を奪った。

Read Also:

 チームはその後無線交信をし、「セバスチャンは君を前に行かせる」とルクレールに対して語った。しかしベッテルは、ルクレールにポジションを譲るよう指示されたがこれを無視し、ルクレールが近くないと主張した後、さらに差を開き始めた。

 フェラーリはルクレールを先にピットインさせ、ベッテルをアンダーカットさせた。これでルクレールは首位に戻ったものの、ベッテルはピットストップ直後にトラブルに見舞われ、マシンをコース脇に止めた。この時発動されたバーチャル・セーフティカー中にライバルであるメルセデス勢がピットインし、この結果ルクレールは3位でフィニッシュすることになってしまった。

 最初のスティントでのチームオーダー拒否、そしてレース前の約束を守らなかったベッテルを、まだ信頼できるのかと尋ねられたルクレールは、motorsport.comに対して次のように語った。

「うん、信頼は変わらないと思う。セブと僕自身、お互いのことを信頼する必要があると思う」

「状況によっては、チームの利益にとって非常に重要なことだと思う。他のマシンに頼ることができること、そしてその逆もできるということを知るのはね」

「だから、それはとても重要なことだと思う。でも、信頼関係はまだここにあるよ」

 ピットストップで順位を入れ替える前に、ルクレールは無線でチームに対して、約束を”尊重する”ことを繰り返し強調した。そして、状況をマネジメントするよう、チームに依頼した。

「全てのことが尊重されたと思う」

 ルクレールはレース後にそう語った。

「レースのスタート時、僕はコースの左に寄り、セブにスリップストリームを与えた。彼が僕を抜くことは分かっていた。とにかく、僕らはそれを知っていたんだ。その後順位を入れ替えなければいけなかった。結局、ピットストップでそれをやったんだ」

 レース前になされていた合意がどんなモノだったのか? それについてルクレールは、次のように語った。

「もしルイスとセブがサイド・バイ・サイドだったならば、明らかにはルイスではなく、セブにアドバンテージを持たせなければいけないのは明らかだ。これは普通のことだ。だからそういう合意がされたんだ」

 ルクレールはベッテルがチームオーダーを無視した理由について説明。「非常にトリッキーな状況」だったと語った。

「すぐにセーフティカーが出てしまったから、かなり難しいことになった。2〜3周、できるだけ近づこうとしたんだけど、彼の後を追うのはかなり難しかった。特に第1セクターと第2セクターではタイヤがオーバーヒートしてしまい、その後ペースが落ちてしまった」

「でも無線で言ったように、レース前に合意されたことをやってくれると、チームを100%信頼していた。それが、チームがピットストップで行なったことなんだ」

Read Also:

シェア
コメント
鈴鹿に向けて……4位獲得のフェルスタッペン「改善すべきことはまだある」

前の記事

鈴鹿に向けて……4位獲得のフェルスタッペン「改善すべきことはまだある」

次の記事

上位に追いつくパフォーマンスはなかった……ホンダ田辺TD「鈴鹿には万全の形で臨む」

上位に追いつくパフォーマンスはなかった……ホンダ田辺TD「鈴鹿には万全の形で臨む」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第16戦ロシアGP
ドライバー シャルル ルクレール , セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
執筆者 Valentin Khorounzhiy