F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
19 days
Valentin Khorounzhiy
執筆者

Valentin Khorounzhiy

Valentin Khorounzhiyの最新ニュース

グリッド
リスト

ハミルトン、成功の秘訣は”時間の使い方”? オコン「彼ならどこでも成功できる」

エステバン・オコンは、ルイス・ハミルトンの優れた時間管理スキルがあれば、F1以外でも成功を収めることができただろうと話した。

MotoGP第3戦アメリカズGP、開催延期が決定。カレンダー再度改定で11月開催へ

MotoGPは新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、再度開催カレンダーを改定。4月に予定されていた第3戦アメリカズGPが11月15日(決勝)へ開催を延期することが分かった。

レッドブル&アルファタウリのリザーブドライバーにセッテ・カマラが就任

セルジオ・セッテ・カマラは2020年シーズンのF1で、レッドブル・ホンダとアルファタウリ・ホンダのテストドライバー及びリザーブドライバーとして活動することとなった。

日本に別れを告げ、新たなステップへ。ロシターがヨーロッパに戻った理由を明かす

昨年までスーパーGTやスーパーフォーミュラで活躍したジェームス・ロシターは今季、日本を離れ、フォーミュラEのプログラムに専念する。その決断に至った理由とは……。

FE新人テスト首位のキャシディを親友ロシターが絶賛「どのチームも大歓迎するはず」

ジェームス・ロシターは、フォーミュラEのルーキーテストでトップタイムをマークしたニック・キャシディについて「どのチームも大歓迎」するようなドライバーであると評価した。

3日間にわたるF2テストが終了。松下信治が9番手、角田裕毅は18番手

FIA F2プレシーズンテストが終了。3日間総合のトップタイムはハイテックのルカ・ギオットで、日本勢は松下信治が9番手、角田裕毅が18番手、佐藤万璃音が23番手だった。

F1オーストラリアGPのタイヤ選択発表。メルセデスが最大数のソフト持ち込み

F1タイヤサプライヤーのピレリは、2020年の開幕戦オーストラリアGPのドライバーごとのタイヤ選択リストを発表した。

これがSF王者の適応力。キャシディ、初参加のFEテストでレコード更新最速タイム

マラケシュで行なわれたフォーミュラEのルーキーテストで、ヴァージンのマシンを走らせたニック・キャシディが、FEマシン初挑戦にもかかわらず、同サーキットのラップレコードを更新する速さを見せた。

“不公平”なF1は「フェデラーが卓球ラケットで世界を目指す」ようなものとグロージャン

ハースのロマン・グロージャンは、F1がスポーツであるかどうかは“よく分からない”と言い、マシンの競争力の違いはまるで「ロジャー・フェデラーが卓球のラケットで全仏オープンを戦うようなものだ」と例えた。

ダルバラ、カーリンからF2参戦&レッドブル育成入り。角田裕毅の最大のライバルに?

ユアン・ダルバラが2020年のFIA F2にカーリンから参戦することとなった。また、彼がレッドブル育成ドライバーとなることも併せて発表された。

「僕より若いんだから」現役最年長のロッシ、ロレンソ&ペドロサは“復帰”可能と語る

ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、MotoGPのライバルとしてしのぎを削ってきたダニ・ペドロサとホルヘ・ロレンソが2021年に現役復帰することも可能なだけの力を持っていると語った。

シミュレーター担当はつらいよ……オコン、メルセデスでの”激動”の1年を語る

2019年をメルセデスのリザーブドライバーとして過ごしたエステバン・オコンは、激務により身体が”破壊”されてしまったと語った。

「“紙とペン”の方が分かりやすい!」ルクレール、タブレットよりもアナログがお好き

フェラーリのシャルル・ルクレールはF1プレシーズンテストの最中に、紙のメモを使っている姿を激写されたが、彼はタブレット端末よりも効率が良いとその理由を語った。

ヤマハとの契約延長は「簡単じゃなかった」。ビニャーレス、移籍も選択肢だったと明かす

2020年以降もヤマハに所属することが決まっているマーベリック・ビニャーレスだが、その契約延長は簡単な決断ではなかったと語った。

フェラーリ、テスト初日の出遅れは”意図的”。マシンの理解を優先

F1プレシーズンテスト初日、総合11番手となったシャルル・ルクレールは、フェラーリがテストに対するアプローチを変えたと明かした。

両チーム合意の下……オコン、ルノーに”メルセデスの情報”を提供

エステバン・オコンは、元所属先であるメルセデスからルノーへと秘密を持ち込むことについて、両チームが合意したと明かした。

ヤマハ復帰を邪魔しなかった……ロレンソ、ホンダの心の広さに感謝

2019年限りで引退したホルヘ・ロレンソだが、2020年にヤマハでテストライダーを務めることになった。彼は契約を早期に打ち切ることになったホンダが、他メーカーに“移籍”することを邪魔しなかったことについて非常に感謝していると話した。

想像していたのと違う!? 弟エスパルガロ、KTM新型の改善に驚く

KTMのポル・エスパルガロは、2020年型のマシンが前年型に比べてこれほど大きな進歩を遂げられるとは想像もできなかったと語った。

ストフェル・バンドーン、メルセデスF1のリザーブドライバーに就任

ストフェル・バンドーンが、2020年のメルセデスF1チームのリザーブドライバーに就任することとなった。

「クアルタラロ起用は論理的」ロッシ、ファクトリー離脱決定もヤマハに憤りなし

2020年限りでのヤマハファクトリーチーム離脱が既に決定しているバレンティーノ・ロッシ。ヤマハによるファビオ・クアルタラロの獲得決定によって席を追われることになったロッシだが、彼はこの決定に憤ってはいないと語った。

フェラーリ、ベッテルとの契約延長が優先と公言。ハミルトン獲得は検討せず?

2月11日にニューマシンSF1000を公開したフェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、2021年のシャルル・ルクレールのチームメイト”第一候補”がセバスチャン・ベッテルであると公言した。

ドゥカティ、セパンテストでレースペースに苦戦。アプリリアとKTMの突き上げくらう?

ドゥカティはセパンテストにおいて他メーカーのライバルと比して苦戦していた。ライダーのダニーロ・ペトルッチはペースを維持するのに苦労していると、現状を語った。

ロレンソ、現役復帰の可能性が“ちょこっと”上がる。手始めはワイルドカード参戦?

2019年限りで現役を引退し、2020年からは古巣のヤマハでテストライダーとなったホルヘ・ロレンソ。彼はヤマハに戻って以来、わずかながら現役復帰の可能性が高まっていると話した。

「もっと速く走れるかと……」ドゥカティ乗るヨハン・ザルコ、初日は1.5秒差に

アビンティア・ドゥカティに移籍したヨハン・ザルコは、ドゥカティ初乗りとなるMotoGPのセパンテストにおいてもっと速さを示せると考えていたと認めた。