F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
7 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
14 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
35 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
49 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
63 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
91 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
98 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
112 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
119 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
133 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
147 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
154 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
168 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
182 days

「“紙とペン”の方が分かりやすい!」ルクレール、タブレットよりもアナログがお好き

シェア
コメント
「“紙とペン”の方が分かりやすい!」ルクレール、タブレットよりもアナログがお好き
執筆:
, Grand prix editor
協力: Valentin Khorounzhiy
2020/02/21 3:36

フェラーリのシャルル・ルクレールはF1プレシーズンテストの最中に、紙のメモを使っている姿を激写されたが、彼はタブレット端末よりも効率が良いとその理由を語った。

 2月19日からスペインのカタルニア・サーキットでF1のプレシーズンテストが開始された。フェラーリのシャルル・ルクレールは新車SF1000を駆り、初日132周を走破し、2日目午前中に49周の走行をこなした。

 そのルクレールは、ガレージ内でマシンの走行パフォーマンスについて記したノートを手にしている姿を撮影された。

 

 彼は各走行ごとにフィードバックをノートにメモしている様子。ノートにはコンディションは“そんなに悪くない”、初期の出走ではタイヤのウォームアップに“大きな問題はない”と記されていた。

 この“アナログ“なノートへのメモ書きというアプローチについてルクレールに訊くと、彼は以前はタブレット端末を使っていたが、全てを書き留めた後、1日の終わりに情報を探すには分かりづらかったと、その理由を話した。

「今は古いモノに戻しているんだ。なぜって、150周走って1日の終わりにブリーフィングをするけど、(タブレットだと)少し混乱するんだ」と、ルクレールは言う。

「だからノートとペンに戻ってきた。これはとっても良いものだ。慣れてるしね」

「僕らは数多くのラップをこなしていて、最終的に混乱してしまう可能性がある。それで、何でもノートに書いておくと、夕方のブリーフィングでより細かいところを思い出すのに役に立つんだ」

 テスト初日から走行を担当したルクレールだが、当初の予定ではこの日のドライブを担当するのはセバスチャン・ベッテルだった。しかし、ベッテルが体調不良に悩まされたことで、予定は変更され、急遽ルクレールが走行を担当することになったのだ。

「朝の6時45分に電話があったんだ。その時はまだ僕は寝ていて、だからちょっと遅れてしまったんだ」と、ルクレールはmotorsport.comに語った。

「だけど結局はあまり大きくは変わらないよ。もちろんメカニックのみんなはドライバーに合うようにマシンを変えるのに少し時間が掛かるし、簡単じゃなかっただろうけどね」

「でもテストプランの面では基本的に同じものだった。単にマシンに乗る人の名前が変わっただけだ」

 そしてルクレールはテスト2日目の午前中にテスト前半最後の走行を実施。49周を走り、午後はベッテルへとステアリングを託した。21日のテスト3日目は、ベッテルが走行を担当する予定となっている。

 

Read Also:

次の記事
メルセデスDASの効果をベッテル軽視「ゴム草履を履いて走るみたい」と違和感

前の記事

メルセデスDASの効果をベッテル軽視「ゴム草履を履いて走るみたい」と違和感

次の記事

シミュレーター担当はつらいよ……オコン、メルセデスでの”激動”の1年を語る

シミュレーター担当はつらいよ……オコン、メルセデスでの”激動”の1年を語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Luke Smith