F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
2 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
9 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
30 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
44 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
58 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
86 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
93 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
107 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
114 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
128 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
142 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
149 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
163 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
177 days

トップ3を”現実的”に追撃へ。マクラーレン、2021年は予算上限を最大限に活用

シェア
コメント
トップ3を”現実的”に追撃へ。マクラーレン、2021年は予算上限を最大限に活用
執筆:
協力: Edd Straw
2020/01/06 23:40

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、トップ3チームに追いつくために、2021年からスタートする予算制限を最大限に利用するつもりのようだ。

 2021年に大きなレギュレーション変更を予定しているF1。新たに財政に関するレギュレーションが作られ、1億7500万ドル(約189億円)の予算制限が導入されることになる。

 規模の小さいチームはこれまで、この予算上限に達しない額でチームを運用してきたと見られる。しかし、近年莫大な予算を投じてきたメルセデスやフェラーリ、レッドブルといったチームは、予算制限の導入により一定の歯止めがかかることになる。

 マクラーレンのチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、次のようにmotorsport.comに語った。

「我々の目標は、間違いなく予算の上限でチームを動かすことだ」

「再びビッグチームと戦えるようになる唯一のチャンスなので、予算の上限まで使うための取り組みをする。予算の面で対等な立場に立つ必要があるんだ」

 マクラーレンは2019年シーズンをコンストラクターズランキング4位で終えた。これは2012年に3位となって以来の成績だが、レッドブル(ランキング3位)とは272ポイント、チャンピオンとなったメルセデスとは594ポイントもの差をつけられた。

 2021年から予算に上限が設けられることから、上位3チームは2020年に莫大な予算を投じ、新しいレギュレーションに対する準備を整えるのではないかという懸念が高まっている。

 一方、マクラーレンは予算制限の恩恵をもっとも受けそうなチームのひとつであるにも関わらず、ザイドルは2020年の予算を増やしてレギュレーション変更に備える予定はないと述べた。

「達成可能なことに現実的になる必要がある」と、ザイドルは語った。

「たとえ誰かが1億ドルをくれたとしても、短時間でより多くの成果を生み出すことができるようにそれを分配し、消化する必要がある」

「それが、私が2020年についてあまり心配していない理由だ。現時点で、トップ3チームが最も多くの予算を使う年になると読んでいるが、あまり心配していない」

「結局のところ、CFDや風洞には制限があるため、できることは限られているんだ」

「彼らトップチームは、有利なスタートを切るだろう。それは彼らが今いる位置や彼らが持っている方法論やプロセスが優れており、彼らの方がより良い仕事をしているからなんだ」

Read Also:

次の記事
美しきF1マシン:「日本人が”夢”を見た、白い流星」ティレル022

前の記事

美しきF1マシン:「日本人が”夢”を見た、白い流星」ティレル022

次の記事

小規模チームと未来のF1のため。フェラーリは”犠牲”になると主張

小規模チームと未来のF1のため。フェラーリは”犠牲”になると主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Lewis Duncan