F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
23 10月
次のセッションまで……
23 days
31 10月
次のセッションまで……
31 days

マクラーレン、メルセデス型ノーズを試験導入。2~3レース後の実用化を目指す

シェア
コメント
マクラーレン、メルセデス型ノーズを試験導入。2~3レース後の実用化を目指す
執筆:

マクラーレンは、F1第9戦トスカーナGPのFP1で新しいノーズを試験的に導入。シーズン終盤に実戦投入することを目指している。

 マクラーレンは、F1第9戦トスカーナGPのフリー走行1回目に、新たなノーズをカルロス・サインツJr.のマシンに搭載した。

 このノーズは、メルセデスが先鞭をつけたデザインと近い形状になっており、フロントウイングのピラーはノーズの下に移動している。これに伴って、ノーズ後方へと伸びるケープもより高く、より後ろに移動している。

Read Also:

 これは実験的なパーツだったようで、僅かな時間しか使用されなかったが、チームはフロービズペイントを使い、ノーズ周辺の気流を確認していた。

 フロントノーズの形状を変更した場合、チームは新たにクラッシュテストを受け、それに合格する必要が出てくる。主要なマシンパーツは9月30日の期限で開発凍結されるため、チームはそれまでに方向性を決めなくてはならない。

 マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、このパーツが風洞テストでは良好な結果を残しており、実戦投入するかを判断するために実走行データを確認する必要があったと示唆した。

「風洞で良い方向性を見つけたので、単純にデータを集めたいんだ」

「今シーズン後半にそれをトラックに持ち込むかどうかを決める前に、まず実際に走行して確認をしたかったんだ」

 ザイドルは、このノーズをレースで使用する準備はまだできていないと語ったが、上手くいけば数戦後に新ノーズを実戦投入することができるという。

「まだ、それを使ってレースできる状態ではない。今回は風洞で得られた結果と比較するデータを得るための、本当に試験的なテストだった。そのデータを見て、最終的な決定をする」

「テストの結果がポジティブなものなら、2~3レース後にそれをトラックに持ち込むことができるはずだ。新たなノーズを使用することで、十分な向上があることを願っている」

 来季はシャシーの主要コンポーネントの開発が凍結されるが、空力パーツのアップデートは行なうことができる。マクラーレンはすでに来季を見据えた開発を進めており、タイヤへの負荷軽減を目的とした新規定のフロアをすでにベルギーGPのFP1でテストしている。

Read Also:

McLaren MCL35 nose detail

McLaren MCL35 nose detail

Photo by: Giorgio Piola

ペレスはベッテルとの交渉の進捗を知っていたはず……レーシングポイントの主張

前の記事

ペレスはベッテルとの交渉の進捗を知っていたはず……レーシングポイントの主張

次の記事

F1トスカーナFP2速報:ボッタスがFP1に続き首位。フェルスタッペンは3番手

F1トスカーナFP2速報:ボッタスがFP1に続き首位。フェルスタッペンは3番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 Jonathan Noble