F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
16 時間
:
22
:
22
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
14 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
20 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
34 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
48 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
55 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
76 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
90 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
104 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
132 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
139 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
146 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
160 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
167 days
07 10月
次のセッションまで……
174 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
188 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
195 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
203 days
03 12月
次のセッションまで……
231 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
240 days

ボッタスから勝利を奪った”巨大な”デブリ。メルセデス「見えていたら外せたのに……」

メルセデスF1チームは、バルテリ・ボッタスがセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のマシンから脱落したフロントウイング翼端板にぶつかったあと、大きな影響があるというセンサーの表示を信じていなかったと明かした。

ボッタスから勝利を奪った”巨大な”デブリ。メルセデス「見えていたら外せたのに……」

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1エミリア・ロマーニャGPで無難なスタートを決め、1周目を首位で終えた。しかし2周目のトサ・コーナーで、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のマシンから脱落してコース上に落ちていたフロントウイング翼端板を踏んでしまった。

Read Also:

 ベッテルは1周目にハースのケビン・マグヌッセンと接触。その際にフロントウイングの翼端板にダメージを負い、その約半分がコース上に落ちていたのだ。

 ボッタスはこの翼端板を視認したものの、避けることは難しく、跨ぐようにして駆け抜けようとした。タイヤで直接デブリを踏むことはなく、パンクすることは避けられたが、そのデブリはボッタスのマシンのフロアにひっかかり、そのパフォーマンスに大きな影響を与えることになった。

 メルセデスのテレメトリーシステムは、ボッタスがパフォーマンスの低下に苦しんでいることを即座にピットウォールに知らせた。しかしボッタスはレースをリードし続けていたため、問題の影響がどれほど大きいのか、チームは信じることができなかったという。

 メルセデスのトラックエンジニア・ディレクターであるアンドリュー・ショブリンは、次のように語った。

「パフォーマンスの大幅な低下が見られたが、問題はラップタイムがどのくらい落ちるかということだった。ラップタイムに換算すれば、その影響は0.7〜0.8秒程度だった」

「当時我々は、そのセンサーの情報を本当には信じていなかった。なぜならバルテリは、特にプッシュして走ることはなく、必要な時に必要なラップタイムを出すことができていたからだ。我々は、少し差を広げることもできた」

「そのダメージが、ラップタイムに絶対的な影響を与えるということも解りづらい。それはサーキット1周でずっと同じような影響を与えるわけではないからだ。そして、コーナによっても、マシンが向いている方向によっても、その影響は異なる。しかしレース序盤には、その影響がどれほど大きいかを信じることができなかった」

 メルセデスは、ボッタスがトサ・コーナーでデブリを拾ったことを理解していたという。しかしベッテルの翼端板は、その黒い方だけが見える状態で引っかかっていたため、引っかかった場所を含め、問題の原因を正確には理解できなかったという。

「それが何なのかが分からなかった。でもその大きさと、赤いパーツだったという事実を見ると、カメラでそれを見ることができなかったことは信じられない」

「でもそのパーツはフロアに引っかかっていて、見えていたのは黒い部分だけだった。マシンは全体的に黒いから、外からは見えなかったんだ。どこに引っかかっているのかが分かったなら、最初のピットストップの際に、それを取り除くというような効果的な仕事ができたかもしれない」

「彼にとっては運が悪かったし、もしタイヤで踏んでいたら、パンクしていた可能性が高かった。その上を跨ぐように直進したというのは、明らかに正しい判断だった。良い決断だった。ただそれは、彼のレースに影響を及ぼし続けたんだ」

Read Also:

シェア
コメント
ピレリ開発の2021年用F1タイヤ、フリー走行での追加テスト実施へ

前の記事

ピレリ開発の2021年用F1タイヤ、フリー走行での追加テスト実施へ

次の記事

頭痛でリタイアのマグヌッセン、当時の状況を説明「シフトアップの度に爆発するような感じ」

頭痛でリタイアのマグヌッセン、当時の状況を説明「シフトアップの度に爆発するような感じ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント エミリアロマーニャGP
サブイベント 決勝レース
ドライバー バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
執筆者 Jonathan Noble