ジェッダのコースは”不必要に”危険! ペレス「レースで大事故が起きないことを願う」

レッドブルのセルジオ・ペレスは、サウジアラビアGPの舞台であるジェッダの市街地サーキットは、不必要に危険であり、レースで大クラッシュが起きずに済むことを願っている。

ジェッダのコースは”不必要に”危険! ペレス「レースで大事故が起きないことを願う」
Listen to this article

 F1第21戦サウジアラビアGPの舞台であるジェッダ市街地コース。予選でポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン(メルセデス)が平均時速253.984kmを記録しており、カレンダーで最速のストリートコースだと言える。

 しかし全開率の高さやバリアとの近さ、ブラインドコーナーがいくつもあることから、コースの安全性に懸念を示すドライバーもいる。

 レッドブルのセルジオ・ペレスは、スペースがないこと、そして前方で何が起こるかをいち早く察知できるほど視界が開けていないということから、コースの安全性が低下していると主張した。

「ここはとても良いサーキットだけど、非常に危険なんだ……ストレート(全開区間)がたくさんあるのに曲がっていたり、ブラインドコーナーがあったりして、何も起きないことを願っている」

「言ってみれば、理由もなく危険すぎるんだ」

 予選では、トラフィックなどの影響もあって速度差が大きくなったことで、リスクは更に高まっていたと、ペレスは語る。

「オンボード映像をいくつかみたら分かるけど、とても怖いよ」

「大事故が起きないことを祈るばかりだ」

「このコースは、理由もなく危険すぎると感じている。あのスピードで走っていて、他のマシンとの差を考えると、ちょっと不必要だと思う。おそらく、週末が終わってから見直すことができるはずだ」

 すでに発表されている2022年のF1カレンダー案では、サウジアラビアGPが第2戦に予定されている。

 ペレスはジェッダのコースデザインに対して、来季の開催前にドライバーたちが懸念を表明する必要があると話した。ペレスはストレートに減速のいらないキンク(カーブ)があっても、意味がないと考えているからだ。

「安全性が優先されなければならないという事実を忘れてはならないと思う」

「他のドライバーたちとも話したけど、皆が同じように考えている……クルマに座っているのは僕たちなんだ。僕たちが目の当たりにする傾向がある速度差を考えると、何か問題が発生した時は大事故になる」

「(コースの大部分が)ストレートだ。ストレートを全開で走るんだ。そんな風にする理由が見当たらない」

「明らかにそれはコースの特性だけど、レース後に話し合わなければならない」

 
Read Also:

シェア
コメント
フェルスタッペンの速さに”驚いた”メルセデス「予想と違っていたので、理由を分析しなければ」
前の記事

フェルスタッペンの速さに”驚いた”メルセデス「予想と違っていたので、理由を分析しなければ」

次の記事

2021年 FIA F1世界選手権第21戦サウジアラビアGP 決勝ライブテキスト

2021年 FIA F1世界選手権第21戦サウジアラビアGP 決勝ライブテキスト
コメントを読み込む