サインツJr.、フェラーリF1初ドライブへ。フィオラノで旧型マシンテストが決定

カルロス・サインツJr.は、1月27日(水)にフィオラノ・サーキットで、初めてフェラーリのF1マシンを走らせる予定だ。

サインツJr.、フェラーリF1初ドライブへ。フィオラノで旧型マシンテストが決定

 2021年シーズンからフェラーリのドライバーとしてF1を戦うカロルス・サインツJr.が、1月27日にイタリアのフィオラノ・サーキットで行なわれるプライベートテストで、初めてフェラーリのF1マシンをドライブすることになった。

 サインツJr.はこの数週間、マラネロのフェラーリのファクトリーに詰め、シミュレータでの作業などを進めている。しかしmotorsport.comの取材によれば、そのサインツJr.は、1月27日にフィオラノを実際のマシンで走行するようだ。この走行は2018年シーズンに使われたSF71Hを用いて行なわれると見られる。

 フェラーリは1月27日(水)と28日(木)の2日間にわたってテストを行なう予定であり、これにはサインツJr.だけでなく、シャルル・ルクレールも参加する予定。ルクレールは今月初めに新型コロナウイルスに感染したが、すでに陰性の判定が下った様子だ。

 このテストは、サインツJr.にとってはフェラーリを初めて走らせる機会ということになる。マシンは約3年前のモノながら、レースクルーやエンジニアリングチームと初めてコース上で共同作業をするという、貴重なテストになるだろう。

 なお3月12〜14日にかけて、バーレーンで公式テストが実施される予定になっている。サインツJr.はこのバーレーンテストで、初めて2021年用のニューマシンSF21をドライブすることになるとみられる。

 フェラーリはフィオラノで計5日間のテストを行なう予定としており、そのうち2日間をサインツJr.とルクレールに割り当てる予定。それ以外の日程は、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの若手ドライバーたちが走行するようだ。

 ロバート・シュバルツマンは、昨年フィオラノとアブダビでF1マシンを走らせたが、マーカス・アームストロングにとっては今回がフェラーリで初のF1テスト。ジュリアーノ・アレジもこのテストに参加する予定になっているが、チームのテスト兼リザーブドライバーであるカラム・アイロットが走ることになった場合、アレジの走行機会が確保されるかどうかは分からない。

Read Also:

シェア
コメント
新型コロナウイルスの感染拡大が、支出に関するチームの”認識”を変えた?

前の記事

新型コロナウイルスの感染拡大が、支出に関するチームの”認識”を変えた?

次の記事

角田に経験を積ませるため……アルファタウリ、イモラ”追加テスト”実施へ

角田に経験を積ませるため……アルファタウリ、イモラ”追加テスト”実施へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr.
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Luke Smith