F2モンテカルロ予選:新人プルシェールが他を寄せ付けず初PP。佐藤万璃音は18番手

FIA F2第2ラウンドの予選が行なわれ、ARTグランプリのテオ・プルシェールが初のポールポジションを獲得した。

F2モンテカルロ予選:新人プルシェールが他を寄せ付けず初PP。佐藤万璃音は18番手

 2021年FIA F2第2ラウンドの予選がモナコのモンテカルロ市街地サーキットで行なわれた。ポールポジションを獲得したのはテオ・プルシェール(ARTグランプリ)で、タイムは1分20秒985だった。

 F1同様、2019年以来2年ぶりの開催となったF2モナコラウンド。このカテゴリーはルーキーないし2年目のドライバーがほとんどを占めるため、多くのドライバーがモナコでのレースは初めてだ。

 予選方式は通常とは異なり、22台のマシンを11台2グループに分け、それぞれ16分間の予選セッションを行なってフィーチャーレース(レース3)のグリッドを決めるというもの。全体トップタイムを記録したドライバーがポールポジションにつき、それと同グループのドライバーがタイム順に3番手以下奇数グリッドに並ぶ。そして反対のグループのドライバーはタイム順に2番手以下偶数グリッドに並ぶ形だ。

 まずグループAの予選がスタート。セッション序盤はコースとマシンの確認のみに留めるドライバーが多く、セッション残り5分ごろからアタック合戦が本格化した。

 グループAトップタイムを記録したのはプルシェールだった。彼はチェッカーフラッグが振られた直後に1分20秒985というタイムをマークし、他を寄せ付けないパフォーマンスでフロントロウスタートを確定させた。2番手は1分21秒443のオスカー・ピアストリ(プレマ)。3番手以下にはユーリ・ヴィップス(ハイテック)、ロイ・ニッサニー(DAMS)、フェリペ・ドルゴビッチ(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が続いた。

 続いてBグループの予選がスタート。路面温度が50℃近くまで上昇するコンディションの中、こちらもセッション残り5分ごろからアタックが本格化し、まず各車が最初のアタックを終えた段階でポイントリーダーの周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が1分22秒306でトップにつけたが、そのタイムは次々に更新されていった。

 最終的にBグループトップタイムとなったのは、ロバート・シュバルツマン(プレマ)。しかしタイムは1分21秒403であり、レース3のポールポジションはプルシェールに譲る形となった。2番手以下はダニエル・ティクトゥム(カーリン)、ラルフ・ボシュング(カンポス)、クリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)、周と続いた。フリー走行では開始直後にトラブルに見舞われて走行できていなかった佐藤万璃音(トライデント)は、Bグループ9番手という結果に終わり、レース1とレース3を18番グリッドからスタートすることになった。

 これでレース3のフロントロウにはプルシェール、シュバルツマンという並びとなり、3番グリッドにはAグループ2番手のピアストリ、4番グリッドにはBグループ2番手のティクトゥム……という形で並ぶことになる。なお、翌日に行なわれるレース1は予選トップ10のリバースグリッドとなるため、Bグループ5番手の周がポールポジション、Aグループ5番手のドルゴビッチが2番グリッドとなり、ユニ-ヴィルトゥオーシがフロントロウを占めることとなった。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 France テオ プルシェール France ARTグランプリ 11 1'20.985     148.338
2 Australia オスカー ピアストリ Italy プレマ 11 1'21.443 0.458 0.458 147.504
3 Estonia Jüri Vips United Kingdom ハイテック 9 1'21.523 0.538 0.080 147.359
4 Israel ロイ ニッサニー France DAMS 11 1'22.102 1.117 0.579 146.320
5 Brazil フェリペ ドルゴビッチ United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 10 1'22.131 1.146 0.029 146.268
6 India ユアン ダルバラ United Kingdom カーリン 11 1'22.244 1.259 0.113 146.067
7 Germany デビッド ベックマン Czech Republic チャロウズ 11 1'22.585 1.600 0.341 145.464
8 Netherlands ベント ビスカール Italy トライデント 11 1'22.827 1.842 0.242 145.039
9 Germany リリム ツェンデリ Netherlands MPモータースポーツ 10 1'22.933 1.948 0.106 144.854
10 Brazil Gianluca Petecof Spain カンポス 10 1'23.344 2.359 0.411 144.139
11 United Kingdom ジャック エイトケン HWA Racelab 10 1'23.353 2.368 0.009 144.124
順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Russian Federation ロバート シュバルツマン Italy プレマ 11 1'21.403     147.576
2 United Kingdom ダニエル ティクトゥム United Kingdom カーリン 11 1'21.589 0.186 0.186 147.240
3 Switzerland ラルフ ボシュング Spain カンポス 11 1'21.854 0.451 0.265 146.763
4 Denmark クリスチャン ルンガー France ARTグランプリ 11 1'21.877 0.474 0.023 146.722
5 China チョウ グアンユー United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 11 1'21.912 0.509 0.035 146.659
6 New Zealand リアム ローソン United Kingdom ハイテック 10 1'21.941 0.538 0.029 146.607
7 New Zealand マーカス アームストロング France DAMS 11 1'22.168 0.765 0.227 146.202
8 Netherlands リチャード フェルシュホー Netherlands MPモータースポーツ 11 1'22.758 1.355 0.590 145.160
9 Japan 佐藤 万璃音 Italy トライデント 11 1'24.091 2.688 1.333 142.859
10 Brazil ギリェルメ サマイア Czech Republic チャロウズ 11 1'24.302 2.899 0.211 142.501
11 Italy アレッシオ デレッダ HWA Racelab 10 1'27.744 6.341 3.442 136.911
シェア
コメント
今回もハミルトンvsフェルスタッペンの争いに? 2年ぶりF1モナコGPのDAZN配信スケジュール
前の記事

今回もハミルトンvsフェルスタッペンの争いに? 2年ぶりF1モナコGPのDAZN配信スケジュール

次の記事

F2モナコ:レース1は周冠宇が逃げ切り完勝。佐藤万璃音は終盤にクラッシュ

F2モナコ:レース1は周冠宇が逃げ切り完勝。佐藤万璃音は終盤にクラッシュ
コメントを読み込む