新生F3とF2の2019年カレンダー発表。F3はロシアで閉幕、マカオGPに対応?

シェア
コメント
新生F3とF2の2019年カレンダー発表。F3はロシアで閉幕、マカオGPに対応?
執筆: Matt Beer
2018/12/06 6:00

FIAは、F2および来年からGP3に代わって開催されるF3の2019年カレンダーを発表した。F3は、GP3よりも1戦早くシーズンが終了する。

 FIA F2選手権と、GP3に代わって来年から新たにスタートするFIA F3選手権の2019年カレンダーが発表された。FIA F3は、前身であるGP3とは違い、ロシアで閉幕を迎える。

 例年、GP3はF1最終戦アブダビGPのサポートレースとして、11月末までシーズンが続いていたが、FIA F3は来年9月27〜29日に開催されるF1ロシアGPのサポートレースが最終戦となる。

 このスケジュールによりマシンを輸送する時間が取れるため、11月中旬に行われるマカオGPでFIA F3のマシンが走る可能性が高まったと言える。

 しかしながら現在、マカオGPの主催者は全日本F3選手権やユーロフォーミュラ・オープン、DTMと共催されるフォーミュラ・ヨーロピアン・マスターズ(旧F3ヨーロッパ選手権)などで使用される前世代のF3マシンを走らせることに傾いていると考えられている。

 FIA F3のマシンの方がパワーも重量も増える。その分、走行中のマシンが持つエネルギーも増えることから、今年のマカオF3で起きたソフィア・フルーシュの事故のような大クラッシュが起きた場合に安全性に懸念が生じるとして、新規格のFIA F3車両への切り替えに二の足を踏んでいるようだ。

 新規格のF3マシンが走行するのには、サーキットがグレード2を得る必要がある。しかしマカオ側はすでに、グレード2を取得するために必要となる変更を拒否したようだ。

 マカオの行政府側としてはFIAと協力したいと考えているようで、2019年のマカオF3が”どちらのF3”ルールで行われるかは、まだ答えはでていない。

 F2のカレンダーは2018年とほぼ同じパターンで、バーレーンで開幕し、アブダビまでの全12ランドとなる。

2019 F2 & F3 カレンダー:

日付 グランプリ 開催地 シリーズ
3月 29-31日 バーレーン サヒール F2
4月 26-28日 アゼルバイジャン バクー F2
5月 10-12日 スペイン バルセロナ F2 & F3
5月 23-25日 モナコ モナコ F2

6月 21-23日

フランス ポール・リカール F2 & F3
6月 28-30日 オーストリア レッドブルリンク F2 & F3
7月 12-14日 イギリス シルバーストン F2 & F3
8月 2-4日 ハンガリー ハンガロリンク F2 & F3
8月 30日 - 9月 1日 ベルギー スパ・フランコルシャン F2 & F3
9月 6-8日 イタリア モンツァ F2 & F3
9月 27-29日 ロシア ソチ F2 & F3
11月 29日 - 12月 1日 アブダビ ヤス・マリーナ F2

 

次の記事
ユニ-ヴィルトゥオーシ、ロシアンタイムを引き継ぎ、来季F2に参戦

前の記事

ユニ-ヴィルトゥオーシ、ロシアンタイムを引き継ぎ、来季F2に参戦

次の記事

FIA F2とスーパーフォーミュラ、セッティングへの”考え方”の違い

FIA F2とスーパーフォーミュラ、セッティングへの”考え方”の違い
Load comments

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2 , GP3
執筆者 Matt Beer