F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days

F3ベルギーレース1:ピケが初優勝。角田裕毅6位、名取鉄平11位

シェア
コメント
F3ベルギーレース1:ピケが初優勝。角田裕毅6位、名取鉄平11位
執筆:
2019/08/31 9:47

FIA F3ベルギーラウンドのレース1が行われ、トライデントのペドロ・ピケがF3初優勝を飾った。

 FIA F3選手権のベルギーラウンドのレース1が行われ、トライデントのペドロ・ピケが勝利を飾った。

 ポールポジションのユアン・ダルバラ(プレマ・レーシング)がホールショットを奪うが、ケメルストレートでピケがトップに躍り出て1周目を終えた。角田裕毅(イェンツァー)は自己最高の3番グリッドから好スタート。しかしスタートでポジションを上げるまでには至らず、3番手を維持した。

 すると、ストレートエンドのレ・コームで複数台が絡むクラッシュが発生。これにより、バーチャルセーフティカー(VSC) が出された。この混乱をうまく切り抜けた名取鉄平(カーリン)は、20番グリッドからスタートから13番手までポジションを上げた。

 2周目途中にレースが再開されると、角田は4番手にポジションを落としてしまう。しかし、3周目のケメルストレートでDRSを使うと、ダルバラとレオナルド・プルチーニ(ハイテック)を2台抜き。一気に2番手へ浮上した。ただ、次の周にはプルチーニが角田を抜き返すなど、激しい競り合いが続いた。

 2番手争いを尻目に、先頭のピケはリードを拡大。5周を終えて4秒以上のリードを築いた。

 角田は少しペースが苦しくなったか、徐々にポジションダウン。5番手走行中の7周目には、同じレッドブルカラーのマシンを駆るユーリ・ヴィップス(ハイテック)にも迫られるが、ここは巧みに抑え込んでオーバーテイクを阻止した。

 ダルバラはプルチーニを交わして2番手を取り戻したが、トップのピケとの差を詰めていくことはできず。すると10周目、ロバート・シュバルツマン(プレマ)がダルバラを交わして2番手に浮上した。

 シュバルツマンは少しずつピケの持つリードを削っていったが、残り2周となった時点でその差は3秒以上もあり、ピケの影を踏むことはできず。そのままピケが独走で嬉しいF3初優勝を飾った。

 4番手を走っていたプルチーニは終盤に失速。角田以下が一気にこれに追いついた。プルチーニ、角田、ヴィップス、クリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)の4台が4位を巡って激しく争い、ファイナルラップに突入していった。

 ターン5のレ・コームではプルチーニ以外の3台が横並びに。しかし、真ん中のラインを走っていた角田とそのアウト側にいたルンガーはコースオフ。ヴィップスが集団のトップに立った。

 しかし、ヴィップスは最終シケインへのブレーキングでタイヤをロックさせてしまい、ルンガーが逆転で4位フィニッシュ。ヴィップスが5位、角田が6位となった。名取は、接戦の中でポジションを上げ、11位でフィニッシュしている。

Read Also:

【リザルト】FIA F3選手権ベルギー:レース1

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Brazil Pedro Piquet Italy トライデント 17 -       25
2 Russian Federation Robert Shwartzman Italy プレマ・レーシング 17 2.2 2.20 2.20   18
3 India Jehan Daruvala Italy プレマ・レーシング 17 7.6 7.60 5.40   15
4 Denmark Christian Lundgaard France ARTグランプリ 17 14.8 14.80 7.20   12
5 Estonia Jüri Vips United Kingdom ハイテック・レーシング 17 15.4 15.40 0.60   10
6 Japan 角田 裕毅 Switzerland Jenzer Motorsport 17 16.1 16.10 0.70   8
7 Italy Leonardo Pulcini United Kingdom ハイテック・レーシング 17 17.7 17.70 1.60   6
8 New Zealand Marcus Armstrong Italy プレマ・レーシング 17 18.6 18.60 0.90   4
次の記事
F3ベルギー予選:角田裕毅、自己最高位の3番手。ダルバラPP獲得

前の記事

F3ベルギー予選:角田裕毅、自己最高位の3番手。ダルバラPP獲得

次の記事

【動画】F3ベルギー・レース1 ハイライト

【動画】F3ベルギー・レース1 ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F3
イベント Spa-Francorchamps
執筆者 松本 和己