ニュルブルクリンク北コース一般開放で多重事故。10人が負傷

ニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)の一般開放で多重事故が発生し、10人が負傷した。

 8月13日(日)、ニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)の”観光ツアー”と呼ばれる一般開放で重大な玉突き事故が発生し、10人が病院に搬送された。

Unfall Nordschleife
 

 ラインラント・プファルツ州警察によると、事故は午後2時に発生。ルクセンブルクのスポーツカーが、高速フックスルーレで水漏れを起こした。この影響で複数のクラッシュが起き、10人が負傷。うち4人は重傷を負ったという。負傷者は近隣の病院に搬送された。

 警察によれば、事故の被害額は数十万ユーロに上ると見積もられている。日曜日の夕方までかけ、現場検証が徹底的に行われたが、事故の正確な原因はまだ特定されていないという。

 ノルドシュライフェの一般開放では、度々重大事故が発生しており、今年の5月には死亡事故も起きている。

【関連ニュース】

ニュル24h:29号車アウディが劇的勝利。日本勢はクラス制覇ならず

ネクストEVが電気自動車でニュル最速を記録。GT-Rのタイムを上回る

16年ニュル24時間は序盤から大混乱。大雨&雹でレース中断

コロネル、消防車にクラッシュ。25Gもの衝撃を受ける

F1モナコGPで"マシン横転"のウェーレイン「あのクラッシュは恐ろしかった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
記事タイプ 速報ニュース