カート”バンパー投げつけ”事件のコルベリ、控訴が棄却され15年間の競技活動禁止が決定

カート世界選手権での物議を醸す行為により、15年間のレース活動禁止を命じられたルカ・コルベリ。国際控訴裁判所は、FIAの裁定を支持した。

カート”バンパー投げつけ”事件のコルベリ、控訴が棄却され15年間の競技活動禁止が決定

 イタリア人カートドライバーであるルカ・コルベリは、2020年10月にイタリアのロナートで行なわれたFIA世界カート選手権での危険行為により、FIAから15年の競技禁止処分を言い渡された。コルベリの弁護側は国際控訴裁判所に控訴していたが、国際控訴裁判所はその訴えを棄却した。

 コルベリはKZクラスのワールドファイナルの最中、パオロ・イッポリトと接触してリタイア。その後カートを降りたコルベリは、走行を続ける相手選手を待ち構え、カートのフロントバンパーを投げつけただけでなく、レース後には乱闘を起こした。

 FIAはこの件を正式に調査。FIAの国際法廷はパリで聴聞会を開いた後、4月19日(月)にコルベリに対して15年間の競技禁止処分を下すことを発表した。

 コルベリの弁護側は、イタリア当局がコルベリのふたつのインシデントに対して既に処分を下しているため、FIAはさらなる制裁を下すことはできないと主張した。さらに彼らは、コルベリの行為が「他者の不当な行為を受けての怒りに駆られて行なわれた」ことや、クロスカントリースキーでは相手選手に暴行を加えても1大会の出場停止で済んだという事例があることを主張した。

 FIAの国際法廷での前回の審理では、この件に関してはFIAが独立した管轄権を持っているとして、コルベリの主張に反論していた。

 国際控訴裁判所は、当事者の意見を聴取し、提出した証拠を検討した結果、控訴を却下しFIA国際法廷の決定を支持すると声明を発表した。

 これでコルベリが15年間、FIAが主催するモータースポーツイベントに直接的または間接的に参加することができなくなった。またFIAで何らかの役割を担うこともできない。

Read Also:

シェア
コメント

関連動画

”バンパー投げつけ”事件で15年競技禁止のコルベリ、裁定に異議。控訴審の公聴会が6月22日に開催
前の記事

”バンパー投げつけ”事件で15年競技禁止のコルベリ、裁定に異議。控訴審の公聴会が6月22日に開催

次の記事

【特集:オリンピックとモータースポーツ】元F1ドライバー、マッサの野望。2024年パリ五輪で電動カートの競技入りを目指す

【特集:オリンピックとモータースポーツ】元F1ドライバー、マッサの野望。2024年パリ五輪で電動カートの競技入りを目指す
コメントを読み込む