Charles Bradley
執筆者

Charles Bradley

Latest articles by Charles Bradley

グリッド
リスト

インディカーでの脊髄損傷の大クラッシュから約4年。ウィケンス、レース復帰後初優勝に「記念すべき一勝だ!」

2018年にインディカーでの大クラッシュにより脊髄を損傷したロバート・ウィケンスは、ハンドドライブのヒョンデ『エラントラN TCR』を駆り、IMSAミシュラン・パイロット・チャレンジでレース復帰後初優勝を遂げた。

レッドブル「彼らのポテンシャルは危険」とまだまだメルセデスへの警戒解かず

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、現在はランキング3番手に留まっているメルセデスF1について、2022年シーズンの驚異となるポテンシャルを依然として秘めているはずだと語った。

アイスマンの目に涙。ディクソン、最多ラップリード記録もインディ500”2勝目”ならず「胸が張り裂けそうだ」 Indy 500
ビデオ・インサイド

アイスマンの目に涙。ディクソン、最多ラップリード記録もインディ500”2勝目”ならず「胸が張り裂けそうだ」

チップ・ガナッシのスコット・ディクソンは、第106回インディ500で歴代最多のラップリード記録を樹立したが、勝利を逃す原因となった痛恨のミスを悔やんだ。

バーニー・エクレストン逮捕! ブラジルで拳銃を不法所持

F1の元最高責任者であるバーニー・エクレストンは、拳銃を不法に所持していたとして、ブラジルの空港で警察に逮捕された。

アルファロメオ、アップデート導入予定のスペインGPは”普通の週末”を望む

アルファロメオは、F1スペインGPでアップデートを導入するが、ここ数戦トラブル続きだったことから、適切な走行時間を確保することを願っている。

F1分析|マイアミGPのシケインのレイアウト修正が困難なワケとは

初開催となったF1マイアミGP。サーキットレイアウトは概ね好評だったものの、シケインについては改善を求める声も上げっている。しかしシケインの変更は容易ではないのだ。

アルファロメオ代表、ミスで5位逃すもボッタスの結果に満足「チームにとって大いなる成果」

アルファロメオのフレデリック・バスール代表は、F1マイアミGPの決勝レースでバルテリ・ボッタスは終盤にスリップを喫したことで順位を落としたものの、7位という結果に満足している。

ガスリー、”アイドル”マイケル・ジョーダンとの会食は「人生最高の体験……彼がF1の大ファンだったなんて!」

アルファタウリのピエール・ガスリーは、F1マイアミGPを前に伝説的なバスケットボールプレイヤーであるマイケル・ジョーダンと会食。「人生最高の経験だった」と振り返った。

マイアミGP、F1マシン初走行を前にコースのダメージを修復

F1マイアミGPは、木曜日に発見されたコース路面の小さな損傷の修復を行なった。

F1マイアミGP、コースレイアウトで“限界”に挑む「針の穴を通すようなデザインを実現させた」

初開催マイアミGPの舞台マイアミ・インターナショナル・オートドローム。設計を担当したエイペックス・サーキット・デザインは、バックストレート手前のシケインで「設計の限界」に挑んだと明らかにした。

新サーキットで迎える初のF1マイアミGP、そのコース路面が“革新的”な理由とは?

F1マイアミGPの舞台となるマイアミ・インターナショナル・オートドロームの設計を担当したイギリスのApex Circuit Designは、“革新的な”コース路面を提供できると確信している。

F1マイアミGP、開催中止を求める地元住民の訴訟が棄却「騒音被害は回避可能で証拠不十分」

F1マイアミGP開催地周辺の地元住民は、グランプリの騒音問題によって聴覚に障害が生じるとして開催中止を求め訴訟を行なったが、地元裁判所により棄却された。

初開催迫るF1マイアミGP、会場準備は”ほぼ”完了。「初のレースウィークが待ちきれない」とCEO

5月8日の開催まで約3週間となったF1マイアミGP。初開催に向けた準備が進められているが、95%が完了しており、余裕をもってグランプリに臨めるようだ。

初開催F1マイアミGP、サーキットデザインは”好バトル”の実現を「何よりもまず考えた」

今季初開催のF1マイアミGPのコースとなるマイアミ・インターナショナル・オートドロームは、激しいレースが実現されることを「何よりも」念頭に置いて設計されているという。

フェラーリ、次世代GT3マシン『296 GT3』をフィオラノでシェイクダウン

フェラーリの次世代GT3マシン『296 GT3』がフィオラノでサーキットデビューを果たし、2023年のレースデビューに向けた開発プログラムがスタートした。

初開催のF1マイアミGP、ビーチにヨットハーバーを備えた豪華ホスピタリティで「一味違う体験を!」

F1マイアミGPの責任者であるトム・ガーフィンケルは、5月6~8日の初開催に向けて、他のレースとは一味違う体験をもたらすことができると自信を持っている。

WEC開幕戦:トヨタ、アルピーヌに敗れ2年ぶり黒星。7号車大クラッシュ、8号車は首位狙うも雷雨で途中終了

2022年WEC開幕戦セブリング1000マイルレースが行なわれ、アルピーヌ36号車が優勝を飾った。

アンドレッティはF1にとって“招かれざる客”なのか? 一部の懐疑的な声に反論「我々はF1に利益をもたらせるのに!」

マイケル・アンドレッティは、自身のF1参戦計画に一部のF1チームが否定的な反応を示していることに驚いているようだ。

1年落ちF1マシンでのテスト解禁を受け、マクラーレン動く。オワードら若手にチャンス到来?

マクラーレンは、インディカードライバーのパトリシオ・オワードらにF1での経験を積ませるため、今年中に2021年型マシンでのテストプログラムを実施する予定だという。

2024年からのF1参戦を目指すアンドレッティ。実現のためには”1ヵ月以内”にFIAからの回答が必要?

F1参戦を目指すマイケル・アンドレッティは、2024年から参戦するためには、FIAから来月中に回答が寄せられる必要があると語った。

元F1ドライバーのサリバン、2022年初開催のマイアミGPのサーキットは「素晴らしいレイアウト」と高評価

かつてティレルからF1を走り、インディ500の優勝経験を持つダニー・サリバンは、2022年5月に予定されているマイアミGPの舞台マイアミ・インターナショナル・オートドロームは「素晴らしいコースレイアウト」だと高く評価している。

マッサとグロックがストックカーでタッグ。2008年F1最終戦の”因縁”などない??

2月13日にブラジルのインテルラゴス・サーキットで行なわれるストックカー・プロシリーズで、2008年F1最終戦での”出来事”が記憶に残るフェリペ・マッサとティモ・グロックがコンビを組むことになった。

2023年にハイパーカーでWEC参戦のフェラーリ、2022年6月にはフィオラノでテスト開始か?

2023年に自社製ハイパーカーでのWEC参戦を目指すフェラーリは、2022年6月にフィオラノでマシンを初公開したいと考えているようだ。

レース・オブ・チャンピオンズ2022、組み合わせ決定。1回戦からベッテルvsボッタスなど豪華対決

2月5〜6日にかけて行なわれる、2022年のレース・オブ・チャンピオンズ。その組み合わせ抽選会が行なわれ、その1回戦からセバスチャン・ベッテルvsバルテリ・ボッタスなど、豪華な対戦が見られることになった。

カストロネベスの挑戦は続く! 次の目標はル・マン24時間「年齢が問題だとは思っていない」

デイトナ24時間レースを2連覇したエリオ・カストロネベスは、いつかメイヤー・シャンク・レーシングからル・マン24時間レースに挑戦したいという思いを強くしている。

ビルヌーブ、2021年タイトルを逃したハミルトンの”逆襲”を期待「彼はアグレッシブにならなければいけない」

1997年のF1王者であるジャック・ビルヌーブが、ルイス・ハミルトンについてコメント。2021年のタイトルを逃したことを乗り越え、2022年にそれを取り戻すために「アグレッシブ」にならなければいけないと語った。

アップル、F1映画をブラッド・ピット主演で制作か。トップガン監督陣も参加の大プロジェクト

激しい入札競争を経て、ブラッド・ピット主演のF1をテーマとした映画の制作をアップルが落札したようだ。

アメリカでのF1開催は更に増加するのか? アロンソやアストンマーチン代表が”3レース実施”を支持

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1が将来的にアメリカで3レース目の開催を目指していることについて、歓迎の姿勢を示している。

アストンマーチン、自慢の“緑色”をより見やすくする変更を計画中……しかし最低重量が問題に?

アストンマーチンは2022年シーズンにブランドカラーの緑の色合いを変更する場合、マシンの重量面で問題が出ないようにしなければいけないと語っている。

アルピーヌもLMDh車両を開発! 2024年から2台をWECに投入「F1とのシナジーを最大限活用する」

アルピーヌは、2024年からWECのハイパーカークラスに2台のLMDhマシンを投入して参戦すると発表。F1プロジェクトのあらゆるノウハウを活用するとしている。

【インディカー】グロージャン、名門アンドレッティへの移籍が決定。ハンター-レイの後釜としてDHL号をドライブ

アンドレッティ・オートスポートはインディカー・シリーズの2022年、2023年シーズンにおいて、28号車のドライバーにロマン・グロージャンを起用することを発表した。

マクラーレン、早ければ2022年中にインディカー3台体制に? バンドーンも「ドライバー候補」と認める

マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、早ければ2022年中にインディカーの参戦体制を3台に拡充する可能性があり、かつてマクラーレンでF1を戦ったストフェル・バンドーンもドライバー候補のひとりだと認めた。

【インディカー】“伝説”の再現? コークスクリューで豪快なオーバーテイク見せたグロージャン「ザナルディになった気分」

ロマン・グロージャンは、インディカーで最も有名な連続コーナーのひとつである“コークスクリュー”でワイルドなオーバーテイクを見せたことに関して「少しだけアレッサンドロ・ザナルディになった気分だ」と語った。

【訃報】14歳のスペイン人ライダー、ウーゴ・ミリャン・ガルシアが事故死

7月25日にスペインのモーターランド・アラゴンで行なわれたヨーロピアン・タレントカップにおいて、スペイン人ライダーのウーゴ・ミリャン・ガルシアが事故死した。享年14歳だった。

カート”バンパー投げつけ”事件のコルベリ、控訴が棄却され15年間の競技活動禁止が決定

カート世界選手権での物議を醸す行為により、15年間のレース活動禁止を命じられたルカ・コルベリ。国際控訴裁判所は、FIAの裁定を支持した。

【F1長者番付】億万長者があちこちに! 世界有数の”大富豪”が集う世界一のモータースポーツ

F1は、他に類を見ないほどお金を消費するスポーツだと言っても過言ではない。チームオーナーにせよドライバーにせよ、F1という世界で名を馳せるには莫大な資金を用意しなければならない。

インディ500優勝3度のレジェンド、ボビー・アンサー亡くなる。享年87

インディ500で優勝3度を数えるボビー・アンサーが5月2日に亡くなったことが彼の家族によって明かされた。87歳だった。

アメリカ人F1ドライバー、久々の誕生なるか? マリオ・アンドレッティが新鋭ハータを猛プッシュ

マリオ・アンドレッティは、現在インディカーで活躍しているコルトン・ハータに“F1の資質”があると感じており、ハータがF1のトップチームで戦うチャンスを“必死に”探しているという。

ルイス・ハミルトン、ジョージ・フロイドを殺害した警官への”有罪判決”にコメント「記念碑的な出来事」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、白人警官がジョージ・フロイド殺害で有罪判決を受けたことについてSNSにコメントを投稿。「記念碑的な出来事だ」と語った。

2022年カレンダー入り目指すF1マイアミGP、地元市長の支持が開催実現の追い風となるか

2022年のF1カレンダー入りを目指すマイアミGPは、マイアミ・ガーデンズの市長が開催を支持する側に回ったことで、実現への期待が高まっている。

エマーソン・フィッティパルディの息子エモJr.、デンマークF4で14歳にして4輪デビュー

14歳のエマーソン・フィッティパルディJr.は今季、デンマークF4で4輪レースデビューを果たすこととなった。

アストンマーチン、F1用セーフティカーとメディカルカーを公開。メルセデスと運用を分担

アストンマーチンが、今季からF1でセーフティカーとメディカルカーとして使われる車両を公開。今週末にバーレーンで行なわれるプレシーズンテストでデビューし、開幕戦でも使われる予定だ。

アストンマーチンF1代表、ベッテルの復活を確信「彼に必要だったのは“平等な待遇”」

アストンマーチンF1チームのオットマー・サフナウアー代表は、昨季フェラーリで苦戦したセバスチャン・ベッテルが持つ力を全て引き出すことができると考えている。

ハースF1、ピエトロ・フィッティパルディをテスト兼リザーブドライバーに継続起用

ハースF1チームは、2021年もテスト兼リザーブドライバーとしてピエトロ・フィッティパルディを起用することを発表した。

サインツJr.の”忘れられない1日”。フェラーリでの初走行は「とても幸せだった」

カルロス・サインツJr.は、フィオラノで行なわれたフェラーリでの初テストは決して忘れられない1日になったと振り返った。

ジュリアーノ・アレジ、今季はSFライツとGT300参戦へ。父ジャンが明かす

ジャン・アレジと後藤久美子の息子であるジュリアーノ・アレジが、2021年に来日し、スーパーフォーミュラ・ライツとスーパーGTのGT300クラスに参戦することになったようだ。

ジャン・アレジ、息子の“日本行き”を認める「ヨーロッパに実力主義は存在しない」

元フェラーリF1ドライバーのジャン・アレジは、息子であるジュリアーノの初F1テストを見た時の感動を語り、同時に彼のフェラーリ・ドライバー・アカデミーからの離脱と日本でのレース参戦も認めた。

ルクレール、2021年の走り初め。旧マシンで100周以上走破「フェラーリのエンジン音は”魔法”」

シャルル・ルクレールは、フィオラノで行なわれたフェラーリのプライベートテストで2018年マシン『SF71H』に乗り、100周以上を走破した。

ジュリアーノ・アレジ、父と同じ”28番”背負ってF1テスト「これでフェラーリとはサヨナラ」

フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーであるジュリアーノ・アレジとマーカス・アームストロングは、1月25日にフィオラノで2018年マシンを使ったF1テストに参加した。

”狂った”跳ね馬に振り回されたキャリア。でも「後悔なし」:アレジ特別インタビュー

1989年、ティレルからF1にデビューしたジャン・アレジは、その初戦フランスGPでいきなり4位に入賞。翌年には表彰台を獲得するなど、将来のチャンピオン候補として注目された。しかし1991年にフェラーリに加入したのが運の尽きだった……。

”鉄人”ザナルディ、4度目の手術乗り越え「声かけに手を動かし反応」との報道

ハンドバイクのイベント中に事故に遭い、治療を続けているアレッサンドロ・ザナルディは、外部からの刺激に反応するなど、回復に向けて前向きなステップを踏んでいるようだ。

F1の2021年開催カレンダーが承認。ベトナムGPが予定されていた4月25日は未だ空白

FIA世界モータースポーツ評議会は、史上最多の23戦によって構成される2021年シーズンのF1カレンダーを承認したが、ベトナムGPが予定されていた週末は未だ空白のままだ。

アイロット、フェラーリのテストドライバーに就任。今季F2でランキング2位

フェラーリ育成ドライバーのカラム・アイロットは、フェラーリF1チームのテストドライバーに就任することが決まった。

名門F1チーム創設者、ウイリアムズ卿が入院と判明。詳しい病状は明らかにされず

ウイリアムズF1の創設者であるサー・フランク・ウイリアムズ。家族は最近になり彼が入院していることを明かした。

九死に一生のグロージャン、救護スタッフにお礼「僕の命を救ってくれて、ありがとう」

F1バーレーンGPで大クラッシュし、九死に一生を得たハースのロマン・グロージャン。彼は事故からわずか4日後に再びサーキットに現れると、火事の対応にあたったスタッフに感謝の言葉を贈った。

F1ゲーム制作のコードマスターズ、テイクツー社が買収へ

F1公式ゲームの制作を手がけるコードマスターズは、アメリカのビデオゲーム販売会社であるテイクツー・インタラクティブから、総額9億7300万ドル(約1020億円)での買収の提案を受けている。

松下信治、F2ソチ戦を前にMPモータースポーツを離脱。後任にはアレジが加入

FIA F2第10戦ソチから、MPモータースポーツは松下信治に代わってジュリアーノ・アレジを起用することが明らかとなった。

来季F1復帰のアロンソ、ルノーのファクトリーを訪問「特別な1日だった」

2021年にF1復帰を果たす予定のフェルナンド・アロンソがルノーF1のファクトリーを訪れ、復帰への準備を進めるため、エンジニアたちと顔を合わせた。

レース後に順位ボード跳ね飛ばしたマゼピン、“執行猶予付き”の5グリッド降格ペナルティ

FIA F2第7戦レース1のフィニッシュ後にリザルトボードを跳ね飛ばしたニキータ・マゼピンは、執行猶予付きの5グリッド降格ペナルティという裁定を受けた。

佐藤琢磨と接触でペナルティのロッシ、裁定の一貫性に不満「タクマもリスタート時に……」

アンドレッティ・オートスポーツのアレクサンダー・ロッシは、第104回インディ500で佐藤琢磨との接触によるペナルティで順位を下げた後、クラッシュして戦列を離れたが、「勝てるマシンを持っていた」と悔しさをにじませた。