F1
25 9月
FP3 まで
13 時間
:
01
:
15
MotoGP
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
26 9月
次のセッションまで……
04 時間
:
01
:
15

関口雄飛、CARGUYからル・マン24時間参戦へ。最新エントリーリスト発表

シェア
コメント
関口雄飛、CARGUYからル・マン24時間参戦へ。最新エントリーリスト発表

9月19~20日に決勝レースが行なわれるル・マン24時間レースの暫定エントリーリストが更新され、CARGUY RACINGの第2ドライバーとして、関口雄飛が登録された。

 ACO(フランス西部自動車クラブ)は、9月19~20日に決勝レースが行なわれるル・マン24時間レースの暫定エントリーリストを更新した。

 参戦台数は60台から、59台に減少。LMP2クラスに出場予定だったサンダーヘッド・カーリン・レーシング45号車がエントリーを取り消したためだ。

 更新されたリストでは、未定となっていたドライバーの多くが埋まっている。LM-GTE Amクラス、CARGUY RACINGの第2ドライバーとして関口雄飛がエントリーすることも明らかになった。

Read Also:

 MRレーシングを率いるジェントルマンドライバーの石川資章は、医療従事者であり、昨今の事情を考慮しエントリーを取りやめたと見られる。CARGUYは、MRレーシングのエントリー枠を引き継いでの参戦となるため、エントリー名もMRレーシング70号車のままとなっている。

 ラインアップは、木村武史とケイ・コッツォリーノに加え、3人目にも日本人ドライバーを起用する予定だとしていたが、それが関口だったわけだ。

 関口はこれまで、2016-2017シーズンにアジアン・ル・マンシリーズに参戦した経験があるものの、ル・マン24時間レースは初挑戦となる。

 LMP2クラスのユーラシア・モータースポーツ35号車には山中信哉もエントリーしている。日本のファンにとっては、LMP1クラスに参戦するトヨタ7号車の小林可夢偉、8号車の中嶋一貴、LMP2クラスのハイクラス・レーシング33号車の山下健太と、WECレギュラーシーズン以上に注目ポイントの多いル・マンとなりそうだ。

Read Also:

FIA会長、インディ500控えるインディアナポリスを訪問「F1にとって必要なものが揃っている」

前の記事

FIA会長、インディ500控えるインディアナポリスを訪問「F1にとって必要なものが揃っている」

次の記事

CAR GUY RACING、新型コロナの渡航制限の関係で関口雄飛のル・マン24時間起用を断念

CAR GUY RACING、新型コロナの渡航制限の関係で関口雄飛のル・マン24時間起用を断念
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans , WEC