アロンソ、首位猛追の快走「仕事の一部を完遂。ゾーンに入っていた」

シェア
コメント
アロンソ、首位猛追の快走「仕事の一部を完遂。ゾーンに入っていた」
Charles Bradley
執筆: Charles Bradley
2018/06/17 7:16

ル・マン24時間レース中盤、夜間にトヨタ8号車に乗り込み、首位を走るトヨタ7号車を猛追したアロンソは、”仕事の一部”が終わったと語った。

#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Sébastien Buemi, Kazuki Nakajima, Fernando Alonso, #7 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Mike Conway, Kamui Kobayashi, Jose Maria Lopez lead at the start
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Sébastien Buemi, Kazuki Nakajima, Fernando Alonso
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Sébastien Buemi, Kazuki Nakajima, Fernando Alonso
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Sébastien Buemi, Kazuki Nakajima, Fernando Alonso, #7 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Mike Conway, Kamui Kobayashi, Jose Maria Lopez
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Sébastien Buemi, Kazuki Nakajima, Fernando Alonso
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Fernando Alonso
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Sébastien Buemi, Kazuki Nakajima, Fernando Alonso
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Sébastien Buemi, Kazuki Nakajima, Fernando Alonso
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050: Sébastien Buemi, Kazuki Nakajima, Fernando Alonso

 8号車トヨタTS050 HYBRIDのドライバーとして初めてのル・マン24時間レースを戦っているフェルナンド・アロンソは、2度目のマシン搭乗となった夜間に素晴らしい走りを見せ、姉妹車である7号車トヨタからの首位奪還に貢献した。

 スタートからランデブー走行が続いていたトヨタの7号車、8号車。しかしセバスチャン・ブエミがドライブしていたタイミングでスローゾーンでの速度違反があり、8号車は痛恨の60秒のストップ&ゴーペナルティを科せられてしまった。

 サーキットが完全に闇に包まれた、レース開始から10時間半が経過した時点で、アロンソが8号車に乗り込んだ。この時点で、トヨタ7号車との差は2分10秒ほどだった。

 アロンソは7号車を相手にそのギャップをみるみる削り取っていく快走を見せ、中嶋一貴にステアリングを渡した時点で44秒差まで迫った。

「言うまでもなく、僕たちはプッシュしなければならなかった」とアロンソは語った。

「ストップ&ゴーペナルティでタイムを失った。セーフティカーなどで不運な状況が続いていたので、リカバリーするタイミングだった」

「夜は素晴らしい気分だった。僕はゾーンに入っていて、プッシュしてリカバリーしようとしていた。1分30秒ほど縮められたと思う。仕事の一部はやり遂げた。まだ僕たちの前には長いレースが待っている。もう少し差を詰めていく必要がある」

 ル・マン初挑戦のアロンソは、レースでの夜間走行も当然初めてだったが、それについて尋ねると「問題なかった。トラフィックにフラストレーションを感じる時もあれば、ラッキーに感じることもある。ラッキーだった時には、素晴らしいフィーリングだったよ!」と答えた。

 アロンソからドライブを引き継いだ中嶋一貴は、小林可夢偉の乗るトヨタ7号車と接近戦。一瞬の隙を突き首位に浮上すると、レース残り6時間を切った段階で逆に40秒ほどのリードを築いた。

【ル・マン24hをとことん楽しむならJ SPORTSオンデマンド!】
スタートからゴールまでは勿論のこと、公式練習、予選、ウォームアップ走行まで全てLIVE配信!
次の Le Mans ニュース
ル・マン20時間経過:トヨタ8号車が2度目のペナルティも首位堅持

前の記事

ル・マン20時間経過:トヨタ8号車が2度目のペナルティも首位堅持

次の記事

ル・マン16時間経過:8号車トヨタが首位復帰。7号車は35秒の遅れ

ル・マン16時間経過:8号車トヨタが首位復帰。7号車は35秒の遅れ

この記事について

シリーズ Le Mans
イベント ル・マン24時間レース
ロケーション Circuit de la Sarthe
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
執筆者 Charles Bradley
記事タイプ 速報ニュース