F1
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
MotoGP
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
3 days
スーパーフォーミュラ

トヨタTS050、ル・マン24時間は昨年比7kg増。プライベーターとの差も縮まる方向へ

シェア
コメント
トヨタTS050、ル・マン24時間は昨年比7kg増。プライベーターとの差も縮まる方向へ
執筆:

トヨタのTS050 HYBRIDは、昨年よりも7kg重いマシンで9月19~20日に開催されるル・マン24時間レースに参戦することになる。

 9月19~20日に決勝レースが行なわれる第88回ル・マン24時間の、EoT(技術均衡値)が発表された。トヨタTS050 HYBRIDは、車両最低重量が昨年よりも7kg引き上げられた。

 今季のWEC(世界耐久選手権)は、獲得ポイントに応じてハンディキャップが変動する”サクセス・ハンディキャップ”が適用され、EoTと合わせてマシンの性能が調整されていたが、伝統のル・マン24時間レースではこのハンディキャップが適用されない。そのため、昨シーズンまでのようにEoTのみでLMP1マシンの性能が規定されている。

 トヨタTS050 HYBRIDの車両最低重量は895kg。2019-20年シーズンを通して、EoTでTS050の最低重量は932kgとされており、ル・マンでは37kg減らされることになる。しかし、ル・マンではサルト・サーキットが1周13.629kmと長く、相対的に使えるハイブリッドエネルギーが少なくなることから、例年車両最低重量が軽くされている。昨年のル・マンと比べると、888kgから7kg引き上げられている。

 一方、1周に使えるハイブリッドエネルギー放出量(8MJ)や最大ハイブリッド出力(300kW)といった数値は、昨年と同じになっている。

 LMP1クラスのプライベーター勢は、車両重量は変更なし。ターボエンジン車と自然吸気エンジン車でEoTの数値は異なるが、1スティントあたりに使用できるガソリン量が増加し、トヨタと同じく1スティントで最大11周の走行が可能となった。

 またプライベーター勢は給油リグのリストリクター径が増加しており、理論的には給油時間がトヨタの2台よりも1秒速くなるように調整がされている。

 こうした調整により、昨年よりもトヨタとプライベーター勢のパフォーマンス差は縮まることになるはずだ。

Read Also:

CAR GUY RACING、新型コロナの渡航制限の関係で関口雄飛のル・マン24時間起用を断念

前の記事

CAR GUY RACING、新型コロナの渡航制限の関係で関口雄飛のル・マン24時間起用を断念

次の記事

感動のフィニッシュを劇場で! ル・マン24時間で史上初のライブビューイング実施

感動のフィニッシュを劇場で! ル・マン24時間で史上初のライブビューイング実施
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans
執筆者 Gary Watkins