F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
R
スペインGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
39 days
R
フランスGP
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
53 days
スーパーGT
10 4月
-
12 4月
次のセッションまで……
19 days
03 5月
-
04 5月
次のセッションまで……
42 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
27 days
執筆者

Gary Watkins

Gary Watkinsの最新ニュース

グリッド
リスト

ル・マン24時間、開催可否は4月15日までに発表。WECは中止と延期続く

新型コロナウイルスの影響により各種モータースポーツでは中止や延期が相次いでいるが、6月に予定されているル・マン24時間レースの開催可否は4月中旬までに発表されるようだ。

スーパーセブリング開催中止で、LMDhレギュレーション発表も”少し”遅れる?

新しいプロトタイプカテゴリーであるLMDhクラスのレギュレーション発表は、予定よりも少し遅れることになりそうだ。

LMDhクラスとLMハイパーカー、同レベルのパフォーマンスに調整へ

FIAは、WECにおいてLMDhプロトタイプ車両とLMハイパーカーが同レベルのパフォーマンスレベルにすることを目指しているという。

ル・マン新予選“ハイパーポール”はグッドアイデア? トヨタの小林と中嶋が称賛

WECにトヨタから参戦する小林可夢偉と中嶋一貴は、ルマン24時間レースの新しい予選システム“ハイパーポール”を歓迎する姿勢を示した。

トヨタ、LMDhクラス車両の開発は検討せず「我々のニーズに合っていない」

WECのLMHクラスに参戦する予定のトヨタは、LMDh規定の車両に切り替える可能性を否定した。

アストンマーチン、WECハイパーカークラスへの参戦を延期へ

アストンマーチンは、ヴァルキリーをベースとしたマシンでWECのLMHクラスに参戦するという計画を延期するようだ。

バトンのGTチーム、使用マシンをNSXからマクラーレン720S GT3に変更

ジェンソン・バトンがパートナーとなっているチーム・ロケットRJNは、2020年のGTワールドチャレンジ・ヨーロッパに、マクラーレン720S GT3で参戦することになった。

フェラーリ、LMDhは”理想的”?「シャシーとエンジンの独自化が可能なら……」

フェラーリは、1月に発表された新しいプロトタイプカテゴリー”LMDh”クラスについて、エントリーを検討しているようだ。

レベリオン、WECスパとル・マンは2台体制。デュマとデレトラを起用

WECに参戦しているレベリオンは、スパとル・マン24時間レースに2台体制で臨むと発表した。

マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか

マツダは、IMSAとWECが発表したLMDhクラスの導入が、ル・マン24時間レース復帰の”素晴らしい機会”になりうると考えている。

LMDhクラスの導入は、WECとIMSA”ルール共通化”への第一歩に

IMSAとWECが導入を発表したLMDhクラスは、両シリーズのルール共通化に向けた最初のステップとなる。

ル・マン24時間、予選フォーマットを一新。クラス上位6台が”ハイパーポール”を争う

2020年のル・マン24時間レースは従来の予選方式を変更し、クラス上位6台がグリッドを争う”ハイパーポール”セッションが導入される。

トヨタ、WECテスト参加の山下健太とデ・フリーズ高評価「彼らの成長に注目」

トヨタのロブ・ルーペンは、バーレーンで行なわれたWECルーキーテストに参加した山下健太とニック・デ・フリーズに高い評価を下した。

マクラーレン、WECに興味も”ハイパーカー”は手が出ず。IMSAとの連携を期待

マクラーレンは、IMSAを戦うDPiクラスの車両で参戦できるようにならない限り、2020年からWECで始まるLMHクラスに参戦するつもりはないようだ。

WECバーレーン予選:レベリオン1号車が2連続ポール。トヨタ勢2列目に並ぶ

WEC(世界耐久選手権)の第4戦バーレーンの予選が行なわれ、レベリオン・レーシング1号車が2戦連続でポールポジションを獲得。トヨタ勢が2列目に並ぶ結果となった。

WECバーレーン:初日はレベリオン最速。トヨタ勢は苦戦も、決勝見据える

WEC第4戦バーレーン8時間レースの初日フリー走行が行なわれ、レベリオン1号車がトップタイムとなった。

LMH初年度のWECカレンダー発表。モンツァと南ア・キャラミでレース開催

2020-2021年シーズンのWECのカレンダーが発表され、南アフリカのキャラミ・サーキットがカレンダーに加わった。

プジョーの参戦決定で、新生LMHクラスは安定する? トヨタTDの期待

トヨタ・モータースポーツGmbH(TMG)のテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは、プジョーが参戦を表明したことで、WECに新設されるハイパーカークラス(LMH)の安定性が増すと感じている。

LMP1に代わるWEC最高峰クラス、正式名称が『LMH』に決定

2020-2021年からスタートするWECの新しい最高峰クラスの名称が、LMHクラスとなることが分かった。

ゴードン・マレー、WECハイパーカーに興味。マクラーレンF1の”後継車”で参戦か?

伝説的なF1デザイナーであるゴードン・マレーは、自社開発した『T.50』をベースとしたハイパーカーでWECに参戦する計画について、評価を進めている。

WEC上海:フェラーリ51号車、最低車高違反で失格。LM-GTE Pro優勝が幻に

WEC上海4時間レースで、LM-GTE Proクラス首位でレースを終えたフェラーリ51号車は、レース後車検で車高違反が見つかり、失格となった。

ブエミ、WEC上海のレースを悲観「トヨタはプライベーター勢と戦えない」

トヨタのセバスチャン・ブエミは、サクセス・ハンディキャップの影響で、WEC第3戦上海ではプライベーター勢と戦えないと考えている。

WEC上海FP2:ジネッタ6号車がセッション初トップ。トヨタ8号車が僅差で続く

WEC第3戦上海のフリー走行2回目は、チームLNTのジネッタ6号車がトップタイムをマークした。

WEC上海:レベリオンがFP1首位。重いハンデ背負うトヨタ勢は1.3秒以上の遅れ

WEC第3戦上海4時間レースのフリー走行1回目が行われ、レベリオン・レーシングの1号車がトップとなった。